ベトナム人の新婚旅行先人気No1!花と恋人の都「ダラット」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ベトナム人の新婚旅行先人気No1!花と恋人の都「ダラット」

ベトナム人の新婚旅行先人気No1!花と恋人の都「ダラット」

更新日:2015/02/24 11:33

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナム中南部の高原地帯「ダラット(Da Lat)」は、ベトナム人カップルの旅行先、新婚旅行先としては毎年不動の人気ナンバー1に選ばれている人気エリアです。

標高の高い高原地帯に位置するので、日中も過ごしやすい気候なのが特徴。近年はロシア人とフランス人が牽引して欧米人旅行客の姿も見られるようになりました。

まだまだ日本人には認知度が低い穴場のエリア。今回はそんなダラットの魅力を紹介します。

ホーチミンと併せた観光プランがおすすめ

ホーチミンと併せた観光プランがおすすめ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ダラットはホーチミンから寝台バスで約6時間の道のり。ベトナム人にとってはメジャーな観光エリアなので、最寄のツアーデスクのどこでもチケットの手配はできるはずです。

せっかくの海外旅行なので、ダラット観光だけでは少々物足りないかもしれませんね。「ベトナムといえばホーチミン」とイメージする人も少なくないので、ホーチミンと双方楽しむ観光プランを練るのがおすすめです。

ダラットの滞在日数は、目安として二泊程度と考えておいてください。

ダラットの魅力!乙女心をくすぐる花と湖とお洒落カフェ

ダラットの魅力!乙女心をくすぐる花と湖とお洒落カフェ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ダラットがこんなにもベトナム人カップルから愛されるにはわけがあります。

まず、ベトナムは基本常夏の気候。そこに咲く花の種類は少ないのが残念な点。高原地帯に位置するダラットは気候が異なるので、多種類の花を愛でることができます。ダラットに咲く花々がベトナム人女性の心をくすぐったんですね。

そして湖。ダラットには市内中心部に広がる「スアンフーン湖」と、「愛の盆地」としてガイドブックにも紹介されている「ダティエン湖」の二つの湖があります。早朝の朝霧が残る時間や、日暮れのサンセット時は、恋人と手を繋いで湖畔を歩きたくなる幻想的な光景が広がります。

そしてお洒落カフェ。もともとフランス人が避暑地として開拓したのがはじまりなので、西洋風のカフェが市内中心には多く点在しています。

少数民族コホー族の民芸品がお土産にベスト!

少数民族コホー族の民芸品がお土産にベスト!

写真:古川 悠紀

地図を見る

ダラット郊外には、「ランビアン山」があります。トレッキングとしても人気があり、観光客はジープで山の麓まで行くことができます。

ランビアン山はランとビアンの悲恋の伝説の舞台となった山として、ベトナム人に広く知られています。ロミオとジュリエットのようなお話です。

麓から望む景色も絶景なのですが、さらにおすすめしたいのが、ランとビアン像が建つ周辺でお店を広げているコホー族のみなさんとの交流です。

コホー族はベトナムの少数民族の一つで、ベトナム語を話せるコホー族の一部の方々は、こうして民芸品を観光客に売りに顔を出します。アクセサリーやポーチ、バッグなど、どれも一つ一つ手作りです。手先が器用なコホー族の方々が作る刺繍バッグは非常に高品質。恋人とおそろいのものをお土産に買っていってはいかがでしょうか。

夜はダラット市場周辺ナイトマーケットを散策

夜はダラット市場周辺ナイトマーケットを散策

写真:古川 悠紀

地図を見る

日が暮れた頃から、ぽつぽつとダラット市場周辺に夜店がではじめます。市場外周からグエンティミンカイ(Nguyen Thi Minh Khai)通りまで並びますので、かなりの規模です。

名物の花やいちごを売る露店や、ベトナム屋台グルメの「バンチャンヌン※関連メモ1」のお店が多く出没します。バンチャンヌンは現在ではベトナム全土で食べられる屋台グルメですが、もとはダラットが発祥といわれています。

ダラットの名物料理を食べ尽くす

ダラットの名物料理を食べ尽くす

写真:古川 悠紀

地図を見る

ダラットの代表的な名物はいちごとアーティチョーク。
いちごはジャムやワインにも使われ、ダラット産が一番と言われています。

アーティチョークはお茶やスープ、鍋料理として食べることができます。お土産に買うならお茶のティーパックがおすすめです。

また、うさぎやイノシシといった肉料理も有名です。その他、バンチャンヌンや、豆乳、バンドック(Banh Duc)なども知名度が高く、またどれも日本人の舌に合うものばかりなので、食べ物に困ることはないでしょう。

おわりに

ダラットは観光スポットが多くありますが、その内の3〜5つ程度をピックアップして、あまった時間はカフェで落ち着いたり、スアンフーン湖やその周辺を散策して余暇を過ごすのがおすすめです。

慌ただしい観光はダラットには似合いません。「なにをすることもなく」といった、持て余すようなの余暇を過ごしてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ