移動レストランで世界遺産キト旧市街&エクアドル料理を堪能

| エクアドル

| 旅の専門家がお届けする観光情報

移動レストランで世界遺産キト旧市街&エクアドル料理を堪能

移動レストランで世界遺産キト旧市街&エクアドル料理を堪能

更新日:2015/06/13 18:43

市川 芽久美のプロフィール写真 市川 芽久美 南米現地旅行会社 代表

エクアドルの首都キト。世界遺産でもある キト旧市街をバス巡りながら、しかもエクアドルの郷土料理を味わえるユニークなレストラン・バスがあります。
『カサ1028(Casa 1028)』という名の移動レストラン。
2時間30分で、旧市街の名所に立ち寄り、エクアドルのアンデス料理が各種盛り込まれたコース料理が頂けるという、とっても充実した内容でおすすめです。

揺られながらの食事に様々な工夫が!

揺られながらの食事に様々な工夫が!

写真:市川 芽久美

地図を見る

このレストラン・バスは、ランチコースとディナーコースの2種類があります。バスの中には2人掛けテーブルが1つと、4人掛けテーブルが5つあり、事前予約が必要です。
「バスで揺られながら、お皿やグラスは床に落ちないの?」と疑問に思うかもしれませんが、ご安心ください。テーブルには、お皿やグラスがはまる窪みが出来ていて、滑り落ちない様に工夫されています。
また、バスも揺れないようにかなりゆっくり走行するので、周りの景色もじっくりと堪能できるんです。

ノスタルジックな雰囲気の中で優雅な食事

ノスタルジックな雰囲気の中で優雅な食事

写真:市川 芽久美

地図を見る

食事は、エクアドルのアンデス料理を中心に、いろいろな味が楽しめるデグスタシオン・コースになっており、世界遺産の旧市街をゆっくり巡る、2時間半のコースです。

観光名所を楽しみながら巡ります

観光名所を楽しみながら巡ります

写真:市川 芽久美

地図を見る

名所や旧跡に通りかかると、インカの時代からの歴史や、建物にまつわる言い伝えなどを、物語風に解説しながら案内してくれるガイドも乗車しており、賑やかに食事を楽しみながらのひと時です。
有名な教会や広場などでの下車ポイントもあり、暖かいカネラッソ(温めたフルーツジュースにシナモンを加えたドリンクで、お好みでお酒も加えます)を振舞ってくれます。

エクアドルのアンデス料理が網羅されています

エクアドルのアンデス料理が網羅されています

写真:市川 芽久美

地図を見る

バスの中で頂くデグスタシオン・コースの内容をご紹介しましょう。

1.前菜1
セビチョチョス(挙げたトウモロコシ、パルミット、トマト、チョチョス豆に辛味の効いたアヒソースをかけたもの)

2.前菜2
タマル(調理用バナナに鶏肉や野菜を混ぜて蒸したもの)
マッシュポテト・チーズ入り
タマール(トウモロコシの粉を蒸したもの)

3.スープ
クレマ・デ・パパ(ポテト・スープ)

4.箸休め
カモテ(さつまいも)のクリーム和え

5.メイン
豚肉のスパイスソース、キヌアと野菜添え

6.デザート
イゴ・コン・ケソ(イチジクのシロップ漬けフレッシュチーズ添え)

お誕生日の方にはプチ・ケーキがサービス!
記念日のお食事にもおすすめです。

写真スポットも多数

写真スポットも多数

写真:市川 芽久美

地図を見る

キト市の旧市街は、インカ帝国第2の都市で、世界遺産第一号。
旧市街の保存状態としては中南米一良いと言われており、タイムトリップしたかの様な別世界です。
特に、下車ポイントでもあるサンフランシスコ広場は、17世紀に建てられた南米一古い建物、サンフランシスコ教会・修道院があり、圧巻です。

効率的なのに優雅な観光方法です

コンパクトに観光ポイントがおさえられていて、食事も優雅に楽しめる『カサ1028』のレストラン・バス。
ちょっと変わった方法での市内観光はいかがでしょうか。
キトに1泊しない方や、ガラパゴス諸島へ行く際にキトへ立ち寄られる方にもオススメの観光方法です。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ