ウィーン旧市街のワイン居酒屋「シュタットホイリゲ」で食べる・飲む♪

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ウィーン旧市街のワイン居酒屋「シュタットホイリゲ」で食べる・飲む♪

ウィーン旧市街のワイン居酒屋「シュタットホイリゲ」で食べる・飲む♪

更新日:2016/07/17 12:31

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

買い物に観光に、ウィーン旧市街は路地裏まで魅力満載です。歩き疲れた際の休憩ポイントに、軽食に、夕食に、もちろんワインを飲むために、文字通り「使える」シュタットホイリゲをおすすめします。

シュタットホイリゲ[Stadtheurige]とホイリゲの違いとは

シュタットホイリゲ[Stadtheurige]とホイリゲの違いとは

写真:小谷 雅緒

地図を見る

「シュタット」とは独語で「町」のこと。つまり、シュタットホイリゲはシティ・ホイリゲです。ロケーションの違いだけで、根本的な内容は変わりません。強いて言えば、座席数の違いでしょうか。当然、郊外にあるホイリゲは、中庭も含め広々しています。
※ホイリゲについては、下記リンクの別記事をお読みください。

ホイリゲはウィーンの郊外に点在するので、アクセスに多少難ありです。しかし、シュタットホイリゲは便利な中心部、旧市街にあります。遠出しなくても気軽にホイリゲが楽しめる!これは時間もお金もお手頃です。

シュタットホイリゲはどこも有名店ですが、今回は2店舗ご紹介します。ガイドブックにも載るような有名店ですが、観光客よりは地元客の方が多いので、ローカル気分も味わえます。

*写真はエスターハーズィケラー入り口

元ワイン蔵のエスターハーズィケラー

元ワイン蔵のエスターハーズィケラー

写真:小谷 雅緒

地図を見る

「エスターハーズィ」と聞いてピンときた方は、相当のハンガリー通です。「エスターハーズィケラー」はかつて、ハンガリー名門貴族Eszterházy家のワイン蔵で、今はエスターハーズィ宮殿ブランドのワインを飲ませるホイリゲです。
※「エスターハーズィ家」については、下記リンクの別記事をお読みください。

入り口が2か所ありますが、正面向かって右はフルサービスの店Esterhazy-Stüberlです。ホイリゲの場合は左から、地下に降りていきます。入り口から第一店員or客発見まで、少々時間がかかるので(つまり遠い)、ちょっぴりどきどきしてしまうかもしれません。

ちなみに、フルサービスでもメニュー内容や価格はほとんど変わりません。ホイリゲ部門でも一部のメインメニューは注文後に調理します。Stüberlの場合、ショーケースにあるつまみが食べられないことと、チップの有無くらいが大きな違いです。

食べたいものを食べる!ワインを飲まなくてもOK!

食べたいものを食べる!ワインを飲まなくてもOK!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

ホイリゲはワイン居酒屋ですが、生ビールもジュースもコーヒーもあります。ホイリゲスタイルでは、飲みモノはテーブルで注文&会計(要チップ)、食べ物はセルフです(このあたりのことは別記事を読んでくださいね)。

ワイン1杯で長時間座っている人、ビールとてんこ盛りの料理にがっつく男子など、みんな思い思いに過ごしています。

わたしがホイリゲを重宝するのは、単にワインが飲みたいからよりも、食べたいものを食べられるからです。何せこちらの料理は量がある!旅を続けていくと、どこかで胃の調整日が必要になります。
ホイリゲはどこもサラダがおいしいし、サラダだけを食べてもマナー違反ではありません。

例えば、写真にあるブタのローストは、自動的に付け合せも付いてきますが、いらないといえばキャンセルできます。もちろん、お会計も変わってきます(ただし、カウンター内のスタッフには英語は通じにくいです)。

夏は屋外にも席が設けられるギーゲル

夏は屋外にも席が設けられるギーゲル

写真:小谷 雅緒

地図を見る

もう一軒のおすすめ、ギーゲル[Gigerl]は女子向きかもしれません。民族衣装のユニフォームがよく似合うスタッフと、何よりも外から見えるお店なので、明るい雰囲気です。英語も通じます。

こちらはメニューカードにある料理はテーブルで注文しますが、カウンターで注文するセルフの料理も種類豊富、サラダの種類が多いことともポイントです。

ギーゲルのワインは特定のワイナリーのものではありません。国産のさまざまなワインを取り揃えています。お酒の飲めない人には、ブドウジュースはいかがでしょうか?

エスターハーズィケラーよりも小さいホイリゲですが、春から秋の天気の良い日は、屋外にもたくさんの席が設置されます。周辺は歩行者天国なので、原則車は通りません。元々静かな裏通りなので、旧市街の雰囲気がすてきです。

*写真はギーゲルのカウンター

店舗情報

両店舗とも予約可能ですが、本来は気軽な居酒屋なので、ふらりと寄りたいところ。18時台なら大丈夫なはず。

両方ともカウンターショーケース内のサラダやつまみ以外に、黒板に書かれた料理(メインやスープなど)もあります。独語で書かれているので、わからなければ、周りの他の客が食べているものなどを参考にしましょう。

*エスターハーズィケラー Esterhazykeller
Haarhof 1, 1010 Wien
Tel:1 533 34 82

月〜金曜:16:00 - 23:00
土日祭日:11:00 - 23:00

*ギーゲル Gigerl
Rauhensteingasse 3, 1010 Wien
Tel:1 513 44 31
日〜木曜:15.00 - 01.00
金・土:15.00 - 02.00

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ