京都とっておきの紅葉 永観堂

京都とっておきの紅葉 永観堂

更新日:2012/08/27 16:31

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー
京都でも、一番の紅葉スポットではないかと思います。
もみじの永観堂の名に恥じない美しさです。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

もみじの永観堂

もみじの永観堂

写真:結月 ここあ

平安時代の文人藤原関雄の山荘あとに、永観堂(禅林寺)は建立されました。
山腹の本堂まで、回廊でつながれています。

燃え立つ美しさ

燃え立つ美しさ

写真:結月 ここあ

大玄関から、多宝塔まで、ぐるりと拝観させていただきましょう。

永観堂は、紅葉だけではなく、国宝、重要文化財の寺宝も多く、狩野派や長谷川等伯の障壁画を見ることができます。

その中でも、みかえり阿弥陀さまは、必見です。
高さが、77センチの小さな阿弥陀仏さまですが、その凛としたお姿に心を奪われます。

真正面からおびただしい人々の心を濃く受けとめても、なお正面にまわれない人びとのことを案じて、横をみかえらずにはいられない優しい阿弥陀仏さまなのです。

赤の絨毯

赤の絨毯

写真:結月 ここあ

もみじの色が、とにかく鮮やかで、散り紅葉も風情があります。

落ち葉もこのように、見せてくれることは嬉しいですね。

黄色の絨毯

黄色の絨毯

写真:結月 ここあ

ため息が出るほどの美しさ。
こんな綺麗な、もみじの絨毯は、初めて見ました。

にしんそばに舌鼓

にしんそばに舌鼓

写真:結月 ここあ

永観堂の拝観のあとは、門前にある、山源で、にしんそばをいただきました。
京都に行ったら、一度は食べたいにしんそば。
身欠きにしんの甘露煮もほど良いお味でした。

京都の紅葉スポットは数あれど、もみじの永観堂は優美な世界です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -