バンコク市内を一望!ワット・サケット黄金の丘へのぼろう!

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコク市内を一望!ワット・サケット黄金の丘へのぼろう!

バンコク市内を一望!ワット・サケット黄金の丘へのぼろう!

更新日:2018/07/26 08:50

もり みさのプロフィール写真 もり みさ

バンコクが首都の仏教国タイ。
ワット・アルン、王宮、ワット・ポーなどの有名な観光地の他にも、素晴らしい寺院がたくさんあります。
その中の一つ、ワット・サケットは、14世紀のアユタヤ時代から存在し、仏舎利を納める80mもの黄金の丘が印象的な寺院です。
古くから、市内を一望できるスポットとしても有名です。
由緒ある寺院から、いつもとはちょっと違う視点でバンコク市街を眺めに行きませんか?

青空に映える黄金の丘を目指して

青空に映える黄金の丘を目指して

写真:もり みさ

地図を見る

平坦な土地のバンコクにおいて、ワット・サケットは小高い丘の上にある、ひときわ目を引く寺院です。
その外観から、「黄金の丘」という意味のプーカオトーンとも呼ばれています。
これだけでも見ごたえあるのですが、1年に一度、11月になると、大きな赤い布で仏塔を覆うお祭りがあり、こちらもかなり盛り上がります。
赤い布には、誰でも願いを込めて名前を書くことができ、ご利益を求めて多くの人が訪れます。
巨大な赤い布で覆われた黄金の塔も、とても美しいですよ。

回廊の鐘の音に癒されて

回廊の鐘の音に癒されて

写真:もり みさ

地図を見る

黄金の丘・仏舎利塔へは、外周をめぐらせた階段を上って行くことができます。
緩やかな階段は300段あります。のんびりと上って行きましょう。
道の両脇には、大小さまざまな鐘があります。大きなものだと銅鑼まで!
静かな参道に響く鐘の音は、天にまで届くと言われているそうです。
地元民にまざって、鳴らしながら歩いたら、少し足取りも軽くなるかも?

黄金の丘からバンコクを見下ろす

黄金の丘からバンコクを見下ろす

写真:もり みさ

地図を見る

日差しの強い階段を上がると、そこはバンコク市内の景観を360°楽しむことができます。
眼下にはワット・サケットの本堂や地元民の住居、遠くにはビル群やエメラルド寺院として知られるワットプラケオ、天気が良ければ遠くに暁の塔と呼ばれるワットアルンも見えますよ。

さわやかな青空の下でもステキですが、夕暮れ時もロマンチックでステキですよ。
敬虔な仏教徒だけでなく、カップルにも人気のある場所です。

仏塔内部の見学も忘れずに!

仏塔内部の見学も忘れずに!

写真:もり みさ

地図を見る

景観ばかりではなく、仏塔の内部にも見どころはたくさんあります。
中央に仏舎利があり、周囲をぐるりと豪華な仏像が囲みます。

ある一面は豪華な仏像群、ある一面は干支にちなんだ仏像群、ある一面は曜日にちなんだ仏像群。
仏像自体、仏像の衣服や装飾、控えている動物などの違いも面白いです。

入場料はたったの10バーツ(約30円)。お布施は自由です。

ワット・サケットへのアクセスは?

フアランポーン駅からタクシーやトゥクトゥクで5分ほどの場所にあります。
行く際は「ワッ(ト)サケッ(ト)」という風に「ト」を小さく発音すると通じやすいですよ。それでもダメなときは「プーカオトーン(黄金の塔)」と伝えてみましょう。

有名な寺院ですが、観光客は多くありません。
今回ご紹介できなかった本堂も、敷地内の様々な像や施設も、見どころたくさんの寺院です。

定番の観光スポットは行きつくしてしまった方はぜひ!
バンコクの喧騒に疲れてしまった方もぜひ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/30−2014/11/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -