『星の伝説』を持つフランスヴェルドン峡谷に佇む美しい村

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

『星の伝説』を持つフランスヴェルドン峡谷に佇む美しい村

『星の伝説』を持つフランスヴェルドン峡谷に佇む美しい村

更新日:2015/03/10 14:14

木蓮のプロフィール写真 木蓮 フランスの小さな村専門コーディネーター

日本でも大変人気がある旅行地、南仏プロヴァンス。プロヴァンスといえば、ピーター・メイルの著書『南仏プロヴァンスの12か月』のイメージが強く、どこか牧歌的な雰囲気が漂います。ところが、そんなプロヴァンスのイメージをガラッと変えてしまう村があります。それが、ここヴェルドン峡谷の中に佇む、『ムスティエ・サント・マリー(Moustiers Sainte Marie)』です。

『ムスティエ・サント・マリー』ってどこにあるの?

『ムスティエ・サント・マリー』ってどこにあるの?

写真:木蓮

地図を見る

ヨーロッパで、一番深い峡谷(約700〜800m)とされる「ヴェルドン峡谷」。ヴァール県から、オート・プロヴァンス県まで広がる「ヴェルドン渓谷自然公園」の中に、ムスティエ・サント・マリーがあります。村の背景には2つの断崖が聳え立ち、真ん中には、滝が流れ落ちる素晴らしいシチュエーション。多くの旅行者たちは、思わず車を停め、その圧倒的な景観に声をあげるのです。

ここ、ムスティエ・サント・マリーは、フランスの最も美しい村の一つ。さらに、2013年には、フランスで人気のあるTV番組、「Les Plus Beaux Villages de Nos Régions」にて、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏から選出されたほど、人気の高い村なのです。

ムスティエで、『星の伝説』に想いを馳せる。

ムスティエで、『星の伝説』に想いを馳せる。

写真:木蓮

地図を見る

この村のシンボルとなる『星』。不思議なことに、2つの崖の間には、『星』がぶらさっています。この星がかけられた理由として言い伝えられる伝説をご紹介しましょう。

一番有名な伝説は、サラセン(イスラム)の捕虜となっていたブラカス騎士が、 「もし、無事に、ムスティエに戻れたら、聖母マリアに星を捧げる」と祈り誓い、無事に帰還した際、約束通りに、星を掲げたという話。

もう一つは、悲しい恋の物語。ある敵対する貴族の子供同士が恋に落ちるのですが、当然のことながら家族に反対され、別れを迫られます。二人は絶望の淵に陥り、命を絶ってしまうのです。まさしくロミオとジュリエットの世界。子供たちを失ったことにより、残された家族は、自分たちの愚かさに気づき、その後、敵対することをやめると誓い、その証として、岩と岩の間に星を掲げたというロマンティックな話。

星を掲げた当初は、16角形だったようですが、オリジナルの星は、やがて谷底に沈み、現在の物は、1882年に掲げられたものになります。現在は、5角形、いわゆる星形になっていると記述されていますが、写真を拡大してみると、突起があるので、純粋な星形でもなさそうです。(その後、オリジナルの星も発見されています)

もう一つのムスティエの魅力「ファイアンス焼」

もう一つのムスティエの魅力「ファイアンス焼」

写真:木蓮

地図を見る

ムスティエ・サント・マリーを語る上で、もう一つ欠かせないのは、村の特産品である「ファイアンス焼」。エルメスのトゥーカン(Toucans)シリーズでも有名です。柔らかい白地に鳥や植物の絵柄が描かれているのが特徴で、ムスティエ・サント・マリーの村では、オリーブオイルと共に、人気のあるお土産の一つ。

ムスティエのファイアンス焼は、中世に開窯され、その後200年に亘り、王族にも寵愛されるのですが、19世紀初頭に入ると、イギリスの陶磁器の流行の波に押され、1873年に一度、全ての窯が閉鎖されます。その後、20世紀初頭に、マルセル・プロヴァンスが窯を再興を果たし、現在は、『Bondil』をはじめ、約20窯が存在しています。
また、村の中の道の名前を表示しているプレートもファイアンス焼で作られており、とても可愛いので必見です。

夏に行くなら、ラベンダーが美しい秘密のルート必見!

夏に行くなら、ラベンダーが美しい秘密のルート必見!

写真:木蓮

地図を見る

もしも、あなたが、プロヴァンス リュベロン地方から、ムスティエまで足をのばすのであれば、ゆっくりとルートD6をドライブしてみてください。夏のラベンダー時期であれば、美しい紫のラベンダー畑が一面に広がります。山の裾野まで広がるように咲くラベンダーに、心から感動することでしょう。

ぜひ、ヴェルドン峡谷の美しさも味わってください。

いかがでしたか?この夏、プロヴァンスを旅される方。ラベンダーを見がてら、是非、ロマンティックな星の伝説を持つ、『ムスティエ・サント・マリー』まで、足を延ばしてみてください。

この村があるヴェルドン峡谷は、真っ白な石灰岩の岩肌、コバルトブルーのヴェルドン川の美しいコントラスが特徴です。そのため、ヴェルドン川が注ぐ「サン=クロワ湖」の傍には、数多くのキャンプ場があり、夏の避暑地として、ヨーロッパの方に大人気!多くの観光客でにぎわいます。まだまだ、日本人の方は少ない地域ですので、人と違ったフランス旅行をされたい方には、おすすめです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -