パリジェンヌの主食!美味しくてヘルシーなサラダのお店3選

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

パリジェンヌの主食!美味しくてヘルシーなサラダのお店3選

パリジェンヌの主食!美味しくてヘルシーなサラダのお店3選

更新日:2018/06/20 17:51

今日本ではジャーサラダがブームとなっていますが、フランスではずっと前からサラダは主食としても食べられています。野菜に加え肉やポテトがたっぷりと盛られた大きなサラダは、それだけでお腹いっぱいになるパリジェンヌの定番料理。フランスではパンが無料でついてくるので、合わせて食べるとかなり満足感が得られます。では、パリで食べられるボリュームたっぷりの美味しいサラダをご紹介します。

大人気セレクトショップの食堂「メルシー(Merci)」

大人気セレクトショップの食堂「メルシー(Merci)」
地図を見る

高級子供服ブランド「ボンポワン」のオーナーが北マレにオープンした「メルシー(Merci)」は、ファッションをはじめフレグランス、雑貨、カフェ、レストランと3フロア構成の倉庫に数多いジャンルのお店がつまった総合セレクトショップです。こちらの地下はキャンティーヌ(食堂)と呼ばれ、ヘルシーなランチが楽しめます。

サラダは常時5種類が揃い、5種類全てでも、この中から3種類チョイスすることもできます。多彩な野菜や意外な組み合わせの食材、そしてオリジナルの味付けと他のどこにもないスペシャルなサラダを味わうことができます。地下でありながらも吹き抜け構造になっていて、優しい光が差し込むインテリアもリラックスできてとても居心地が良いですよ。

ボリュームたっぷりの南西サラダ「ル・ルレ・ガスコン(Le Relais Gascon)」

ボリュームたっぷりの南西サラダ「ル・ルレ・ガスコン(Le Relais Gascon)」
地図を見る

映画「アメリ」で有名になったモンマルトルの商店街「アベス通り」。ここに2店鋪を構える人気の南西地方料理ビストロ「ル・ルレ・ガスコン(Le Relais Gascon)」では、大きなサラダがスペシャリテ。9種類のサラダが揃う中、鴨の砂肝やベーコン、ニンニクとパセリで味付けされたポテトがふんだんに入った「南西サラダ(Salade du Sud Ouest)」が大人気で、ほとんどの人がオーダーしています。

とにかくポテトがたっぷりなので、パンを食べる余裕がないほどお腹いっぱいになります。天気が良いときは、テラス席でビールを飲みながら食べるのがおすすめです。

バスク地方の名物サラダ「グラディーヌ(Gladines)」

バスク地方の名物サラダ「グラディーヌ(Gladines)」
地図を見る

13区のイタリー広場周辺は中華系のレストランが数多く集まりますが、ここから徒歩で10分ほど行った所に小さなカフェやレストランが集まる可愛らしい地区ビュット・オ・カイユ(Butte aux Cailles)があります。この一角に構えるバスク料理のレストラン「グラディーヌ(Gladines)」はリーズナブルな値段でボリュームたっぷりのバスク料理が食べられるとあって、お昼時はたちまち満席になるほどの人気です。

サラダも名物で、6種類のメニューが揃います。ベーコンや砂肝、レバー、生ハムなどバスク地方名物食材をふんだんに使ったサラダが揃いますが、おすすめなのはトマトやポテトの他カンタルチーズ、卵、シェーブルチーズ、レバー、砂肝、ベーコンと8種類の食材を使ったサラダ・サンク・ディアモン(Salade 5 diamants)や、生ハムが入ったサラダ・コンプレット(Salade Complete)。バスク地方名物が一皿で味わえます。

おわりに

いかがでしたか?大きなサラダはメインディッシュとして十分お腹いっぱいになるメニューなんです。サラダでエネルギー補充したら、またパリの街を思いっきり歩いて楽しんでくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -