「久米島/奥武島」観光で沖縄の自然に触れて自然を学ぼう!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「久米島/奥武島」観光で沖縄の自然に触れて自然を学ぼう!

「久米島/奥武島」観光で沖縄の自然に触れて自然を学ぼう!

更新日:2015/06/08 17:14

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

沖縄県久米島の東800mに位置する「奥武島(おうしま)」は「奥武島の畳石」や「久米島ウミガメ館」など見所いっぱいの、久米島と海中道路で結ばれる美しい島。観光スポットがほぼ1ヶ所に固まっているため、島内を周ると長閑な時間が流れているのも魅力の1つ。また、視界に広がる青い海は島内でも有数の美しさ!そんな「奥武島」の魅力をご紹介します。
※奥武島は久米島町に属する島です。

久米島と奥武島を繋ぐ海中道路から見えるのはエメラルドグリーンの海!

久米島と奥武島を繋ぐ海中道路から見えるのはエメラルドグリーンの海!

写真:月宮 うさ

地図を見る

美しい海に囲まれた、沖縄県久米島の東800mに位置する周囲2kmの小さな「奥武島(おうしま)」は、長閑な時間の流れる美しい島。1983年に久米島と海中道路で結ばれ、現在はレンタカーなどで自由に行き来することができます。しかし、この道路ができる前までは、島民は干潮時は歩いて、満潮時には竹馬や漁船で移動していたそうです。

海中道路からの展望はとても美しく、潮の干満によって姿を変える白い砂と綺麗なエメラルドグリーンの海が視界いっぱいに広がります!写真の砂地はどことなく(横向きの)ハート型に見えませんか?そんな発見もお楽しみです♪

海中道路を渡ると「奥武島」の入口

海中道路を渡ると「奥武島」の入口

写真:月宮 うさ

地図を見る

久米島から海中道路を渡り、いよいよ「奥武島」に上陸!
入口に見える「民宿あみもと」は島にたった一軒の宿泊施設。そして観光スポットもこの周囲に集中しています。それ以外の場所は、ウミガメも産卵に訪れる美しい白い砂浜にサトウキビ畑やバナナ畑。どこを切り取っても沖縄らしさを感じる風景が広がっています。是非ゆっくりと島内を1周巡ってみてくださいね!

奥武島を代表する観光地、神秘的な「久米島町奥武島の畳石」

奥武島を代表する観光地、神秘的な「久米島町奥武島の畳石」

写真:月宮 うさ

地図を見る

約1000個と亀甲型の岩とエメラルドグリーンの海が広がる「畳石」は、まるで海に黒い畳を敷き詰めたような神秘的な世界が広がる奥武島を代表する観光地。
世界的にも貴重な平らな柱状節理(※)と言われており「久米島町奥武島の畳石」として国の天然記念物に指定されています。

畳石は、満潮時には海の中に隠れてしまいますので、干潮時の観光がオススメ!この辺りの砂は久米島内でも屈指の白さを誇り、景観と共に美しいビーチが訪れる人を魅了することでしょう。キャンプ場もあり、海水浴を楽しむこと可能です。

※柱状節理=マグマが冷えて固まる際、溶岩の体積が収縮し規則的に割れ目ができる現象。奥武島の畳石が平らなのは長い年月波の浸食を受け続けたため。

かわいいウミガメと共に自然を学ぼう「久米島ウミガメ館」

かわいいウミガメと共に自然を学ぼう「久米島ウミガメ館」

写真:月宮 うさ

地図を見る

ウミガメの形をした建物「久米島ウミガメ館」は、絶滅の危機にさらされているウミガメを保護・研究することを目的とした施設。ここでは、生きたウミガメを間近で見ることができ、生態・現状などを映像やパネルを使って学ぶことができます。
大水槽では大きなカメ達が優雅に泳ぎ、小さな水槽では子ガメのかわいい姿が♪
写真はアオウミガメの子供。他にもアカウミガメ・タイマイが居ますので、パネル展示の"ウミガメの見分け方"を参考にじっくり観察しましょう。
また、ゴールデンウィークや夏休みなどには「ウミガメふれあい教室」などイベントも開催され、餌をあげたりなど貴重な体験ができます。(詳しくは記事一番下のMEMOから「久米島ウミガメ館スタッフ日記」をご参照ください)

他には、久米島で集められた100種を超える美しい貝殻達も展示されており、自由に触ることができます。ビーチで拾った綺麗な貝殻の名前を探してみませんか?

お腹が空いたら海の見えるレストハウス畳石で名物「久米島そば」を!

お腹が空いたら海の見えるレストハウス畳石で名物「久米島そば」を!

写真:月宮 うさ

地図を見る

いっぱい観光してお腹が空いたら、窓越しにエメラルドグリーンの海が見える「レストハウス畳石」で美味しい「久米島そば」はいかがですか?

久米島産の麺で作られたそばは、あっさりとしたスープが特徴の優しいお味。写真はソーキそばですが、名産のもずくがたっぷり乗った「もずくそば」も絶品!お出汁が美味しいのでそのままでもスルスルとお腹に入ってゆきますが、島唐辛子を泡盛につけ込んだ沖縄の調味料コーレーグースや紅しょうがを乗せて味を変えながらいただくのもオススメです。

海洋深層水を使用した温浴施設「バーデハウス久米島」もオススメ!

「バーデハウス久米島」は、久米島沖612mの深海から取水した海洋深層水(※)を100%使用した温浴施設。夜21時(最終入館20時)まで営業していますので「久米島/奥武島」観光後の癒しにもオススメ!ボディトリートメントも行う施設もあり、至福のひとときを過ごせます。

皆様も久米島に訪れた際には、美しい風景とゆったりとした時間が流れている「奥武島」もぐるっと一周観光してみてくださいね!ここでは、美しい自然に触れながら自然を感じ学ぶことができます!

※海洋深層水とは、太陽の光がほとんど届かない深さ200m以上の深さの海水。プランクトン等も育たないため、水質を悪化させる有機物・細菌類をほぼ含まず、人間の体液組成にきわめて近いミネラルが大変豊富な水と言われています。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -