旅育にもってこい!!子どもとお出かけ 春の科学技術週間は科学の街・つくばへ

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

旅育にもってこい!!子どもとお出かけ 春の科学技術週間は科学の街・つくばへ

旅育にもってこい!!子どもとお出かけ 春の科学技術週間は科学の街・つくばへ

更新日:2013/03/11 18:04

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

ちょっと聞きなれない「旅育」とは、テレビ番組でもお馴染みの教育学者の尾木ママも提唱する、旅で子供の心を豊かに育てること。わが子には、色んな事に興味をもって、「なぜ??」をたくさん感じてもらいたいもの。理科離れなんて言わせない!!子供の好奇心を刺激するとっておきの街・茨城県つくば市の春の科学技術イベントをご紹介します。

科学を身近に感じよう!!

科学を身近に感じよう!!

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

4月18日は「発明の日」。その日を含む1週間は、毎年科学技術週間として全国の研究機関や大学などで科学イベントや講演会が開催されます。普段は公開しない研究施設や子供向けの体験イベントが盛りだくさんなのです。

多数の研究機関が集中する茨城県つくば市では、毎年約40の機関がこの科学技術週間に一般公開されます。つくば市は、博士の数が日本一になるそうで、なんでも35人に1人が博士とか。う〜ん、道行く人がみんな頭良く見えてくる(笑)。

まずは、体験イベントが多く用意されている物質・材料研究機構(NIMS)をご紹介します。防護メガネに軍手と完全防備で挑戦するのがピュータークラフト。柔らかいレンガに好きな絵を書いてから、その絵を掘って型をつくり、ドロドロに溶かしたピュータ(すず)を流し込んで世界にひとつだけのオリジナルメダルを作ります。

どんな素敵なものができるかワクワク。出来上がったものは、お土産としてお持ち帰りできます。我が家ではペーパーウェイトとして利用させていただいています。


【2013年科学技術週間】
期間:平成25年4月15日(月)から4月21日(日)

【平成25年物質・材料研究機構一般公開日】
4月17日(水)9:30-16:00 企業・大学生など大人向け
4月21日(日)10:00-16:00 主に子供向け
問合せ:029-859-2000(代表)
アクセス:つくばエキスプレス「つくば駅」より徒歩15分
※当日は無料巡回バス運行予定あり

ママ向け体験のミネラルファンデーション作り

ママ向け体験のミネラルファンデーション作り

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

NIMSの一般公開でママに人気の体験が、自然素材で作るファンデーション作り。原料となる天然ミネラルをすり鉢に入れて調合します。科学者になった気分でひたすらすりすり。粒子を細かくすればするほど化粧ののりがいいそうですよ。子供でも簡単にできるので、お子さんと協力して作ってみて下さい。子供のこの真剣な眼差しっていいものですよね〜。

そうそう、こちらの研究所は、私たちの身の回りの物質や材料を分子レベルで研究し、よりよい材料の研究開発をしています。近年では、レアアースの代わりになる物質や放射能を安全に取り除く除去剤などを開発しているそうです。

ちょっと刺激的な日本自動車研究所の公開衝突実験

ちょっと刺激的な日本自動車研究所の公開衝突実験

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

私たちにとって身近な車の安全性や性能を研究をする日本自動車研究所(JARI)。こちらの一般公開の一大イベントと言えば、衝突試験場で行われる車の事故を再現した衝突実験です。

時速50kmの乗用車が目の前で衝突する実験は迫力があります。このような実験を繰り返して、私たちが利用する自家用車や大型バスなどの安全性の評価などを行っているそうです。ちょっと迫力がありすぎて、実験終了後大泣きする子供もちらほらいます。小さなお子さんや感受性の強い方にはあまりお勧めできませんが、交通ルールを守る大切さを肌で感じるでしょう。衝突後は、レスキュー隊による救助訓練を間近で見ることができます。私たちの命を守るために、車の安全性だけでなく、事故後の対応なども研究しているんですね。

こちらの研究所は、通常は個人での見学はできない施設となりますので、科学技術週間の一般公開がチャンス!!

【(財)日本自動車研究所一般公開日】
4月20日(土)10:00-16:00のみ
問合せ:03-5733-7921(広報室)
アクセス:つくばエキスプレス「研究学園駅」すぐ

日帰りで宇宙旅行

日帰りで宇宙旅行

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

宇宙を身近に感じられる施設として人気の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター。つくば市内の研究施設の中で一番人気の見学場所となります。

宇宙旅行に宇宙ホテル建設、宇宙エレベータなんてSFアニメのような話題が報道されていますが、一般人が気軽に宇宙を旅する日は、今世紀中に訪れるのでしょうか。生きているうちに宇宙から青い地球見れるかな〜。

展示館「スペースドーム」にある宇宙服から顔を出して記念撮影。一般公開中は、この他に、宇宙飛行士が訓練の時に来ている青色の作業着を着て記念撮影もできます。小さい子から大柄の大人のサイズまで揃ってますので、思い出にぜひパチリと一枚いかがでしょうか。

施設の見学を楽しんでいると、何とあの星出宇宙飛行士がふらっと現れて、子供たちと握手して名刺代わりのステッカーをプレゼント。宇宙へ行った方と間近でお話しできるなんて、イベント時ならではの出会いです。

【宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター一般公開日】
4月20日(土)10:00-16:00のみ
アクセス:つくばエキスプレス「つくば駅」より徒歩20分
※当日は「つくば駅」及び「ひたちのうしく駅」より無料巡回バス運行予定あり
※一般公開日以外も下記の通り展示館や見学ツアー(予約制)をお楽しみいただけます。
10:00-17:00 年末年始、点検日のみ休館
入場料:無料 
問い合わせ:029-868-2023

発射!!水ロケット打ち上げ体験

発射!!水ロケット打ち上げ体験

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

JAXA一般公開へ来たら、ぜひ体験してもらいたいのが人気イベント「水ロケット打ち上げ体験」です。2Lペットボトルで製作したロケットに水と空気を注入して空高く飛ばします。実際のロケットを飛ばす原理と同じになるそうです。

打ち上げ体験だけでなく、水ロケット工作教室も用意されています。かっこいいマイロケットを持参して毎年訪れているという強者の少年なんかもいます。大変人気があるので2013年は、事前申込制となります。ご希望の方は公式HPより応募下さい。

専用発射台に水ロケットを乗せて、空気を入れて発射準備完了。「10,9,8...Go!!」お馴染みの掛け声と共に青空へ飛んでいきます。飛行距離は50から100mほど。気分爽快です。もう一度並んで体験したくなる楽しい体験です。もちろん、子どもだけでなく大人も参加できます。

今回紹介した研究機関以外でも、趣向を凝らした科学イベントで最新の科学技術を紹介しています。好奇心旺盛のお子さんが楽しく、身近に科学技術について学べるイベント盛り沢山となってます。

しかもいずれの施設も参加料は無料!!ぜひお子さんづれでお出かけしてみてはいかがでしょうか。

※一般公開日やイベント内容は施設によって異なりますので、詳細は各施設のお知らせをご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/04/21−2012/04/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ