「月の引力」を感じる無料露天風呂!式根島の温泉ベスト5

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「月の引力」を感じる無料露天風呂!式根島の温泉ベスト5

「月の引力」を感じる無料露天風呂!式根島の温泉ベスト5

更新日:2015/09/26 16:00

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

式根島(東京都新島村)には温泉が沢山あり、「憩いの家」以外は無料の混浴露天風呂で、水着で入ります。「松が下雅湯」以外は満潮時に海に沈む、日本でも珍しい「海中温泉」です。

自然に湧く温泉なので、湯量や天候や「潮の満ち引き」で湯加減が変動します。滞在中「潮の満ち引き」を常に意識するので、月の引力に思いを馳せ、壮大な気分で入浴出来ます。

式根島の温泉ベスト5を、ランキング形式で紹介します!

式根島の温泉・第5位「奥ふなりっと温泉」

式根島の温泉・第5位「奥ふなりっと温泉」

写真:藤田 聡

地図を見る

奥ふなりっと温泉は、後で紹介する「ふなりっと温泉(山海の湯)」の奥にある温泉です。
ふなりっと温泉の復活前に、ふなりっと温泉を探した温泉マニアが発見した温泉で、湯達入郎さんの著書「きらめき温泉・旅紀行」の表紙を飾っています。

まるで海に浸かっているような、日本でも屈指の絶景温泉ですが、大潮の干潮時しか入れません。しかも、通常の大潮では駄目で、極端に潮が引く大潮の時だけ適温になります。

つまり年に数回しか入れない「幻の温泉」で、通常は単なる海です。
入浴が難しいので第5位にしましたが、日本屈指の絶景温泉なので、冒頭で紹介しました。

なお「幻の温泉」なので正式名称は無く、「ふなりっと奥奥温泉」と呼ばれる事もありますが、「ふなりっと温泉(山海の湯)」のすぐ奥なので、ここでは「奥ふなりっと温泉」としました。

式根島の温泉・第4位「松が下雅湯」

式根島の温泉・第4位「松が下雅湯」

写真:藤田 聡

地図を見る

「松が下雅湯」は式根島では唯一、露天風呂として整備された温泉で、潮の満ち引きに無関係で入れます。しかし、無料の施設で管理人が居ないので、湯加減が安定しないのは、他の温泉と同じです。

今回紹介する中では、石白川海岸の民宿街から最も近い便利な温泉で、美しく整備され、昼も夜も安心して入れるので、第4位としました。

式根島の温泉・第3位「足付温泉」

式根島の温泉・第3位「足付温泉」

写真:藤田 聡

地図を見る

足付温泉は地鉈温泉と共に、昔から特に有名な温泉です。
鉄分含有の褐色の強食塩泉が多い式根島で、無色透明の重曹泉は貴重なので、第3位にしました。

満潮時に海水が流入する海中温泉は、干潮の前後4時間に入るのが基本ですが、式根島の温泉は湯量が変動するので、干潮でも温かったり、熱過ぎたりします。
足付温泉も基本は干潮時に入る温泉ですが、満潮時(写真)でも入れる場合があります。

満潮の方が海水が流入して湯量豊富に見え、海沿いの露天風呂らしい絶景。満潮時も、湯の温度を確かめてみて下さい。

式根島の温泉・第2位「ふなりっと温泉(山海の湯)」

式根島の温泉・第2位「ふなりっと温泉(山海の湯)」

写真:藤田 聡

地図を見る

ふなりっと(舟入湯)温泉は昔あった幻の温泉で、足付温泉先の海中に沈んでいるので、温泉マニアに足付海中温泉と呼ばれていました。

その後、ミニスーパー「CVSおくやま」や「てらぴ〜十治郎」のオーナーを中心に復活させた温泉なので、「十治郎の湯」と呼ばれました。
近年、正式名称が「山海の湯」に決まりましたが、知らない人も多いので、ここでは「ふなりっと温泉」を併記しました。

ふなりっと温泉は、式根島でも屈指の絶景海中温泉で、湯船が多数あり潮の満ち引きに合わせて、適温の湯船を探せます。温泉好きが復活させただけあって、温泉堪能に向いた素晴らしい温泉で、正式名称も決まったので第2位としました。

なお、あまり広くないので、混雑時は譲り合って入りましょう。

式根島の温泉・第1位「地鉈温泉」

式根島の温泉・第1位「地鉈温泉」

写真:藤田 聡

地図を見る

地鉈温泉は、式根島を代表する温泉です。名前の通り、地面を鉈で割ったような岩壁の間を降りて、海岸に行くとあります。
人の何倍もある巨大な岩がゴロゴロした、極めてダイナミックな景観で、泉質も素晴らしいので不動の1位です。

干潮時に入るのが基本の海中温泉ですが、地鉈温泉は唯一例外。湯量豊富で熱過ぎるので、満潮時に海水と混ぜて入るのが基本です。
写真は満潮時の様子で、源泉付近の濃厚な湯を楽しんでいる様子。この場所は満潮時にぎりぎり入れる温度なので、干潮時にはとても入れません。

しかし、足付温泉が満潮時に入れる場合があるのと同様に、地鉈温泉も干潮時に入れる場所を海沿いで探したり、温泉が漂ってくる海で入ったりする事も出来ます。

地鉈温泉の入口には、足付温泉方面へ下る抜け道があり、近年美しく整備され温泉巡りが楽になりました。
湯加減が安定しないので、適温の温泉を求めて湯巡りする必要があり、この抜け道は必要不可欠です。

式根島の温泉は、他にもあります!

式根島には、他にも温泉があります。
地鉈温泉の入口にある「憩いの家」は、有料の日帰り入浴施設で男女別の内湯です。
また、石白川海岸の右手にも、干潮時のみ出現する海中温泉があります。

他はマニア向けですが、大潮の干潮時に出現する釜の下海中温泉や、舟でしか行けない御釜湾海中温泉などがあります。

無料露天風呂天国の式根島には、温泉宿はありませんが、これらの温泉を随時利用出来ます。よって、これらの温泉に徒歩圏内の民宿がおすすめです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ