北欧好き必見!信楽高原鉄道を『マイキー・トレイン』が走る!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北欧好き必見!信楽高原鉄道を『マイキー・トレイン』が走る!

北欧好き必見!信楽高原鉄道を『マイキー・トレイン』が走る!

更新日:2015/03/11 17:53

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

2013年、台風18号により近畿地方は豪雨により各地で被害が続出。滋賀県を走る信楽高原鉄道も橋梁が流されるなど甚大な被害を受け、一時は廃線の危機にも直面。しかし、2014年11月には無事運行再開!そして2015年3月から始まった滋賀県立陶芸の森の特別展とコラボした『マイキー・トレイン』が元気よく走っています!

豪雨災害から復活した信楽高原鉄道

豪雨災害から復活した信楽高原鉄道

写真:bow

地図を見る

2013年9月に日本を襲った台風18号により、初の特別警報が発令されるなど近畿地方は特に各地で豪雨による被害が出ました。

滋賀県を走る信楽高原鉄道も杣川橋梁が増水した濁流に流されるなど路線に甚大な被害を受け運休に。莫大な復旧費用から、一時は廃線も検討されたほど。しかし、国の災害復旧事業の補助対象となったことで存続が決定!なんとか復旧への道がつながり、2014年11月に運行が再開されました。

そして新たに設置された杣川橋梁を走っているのは、話題となっているラッピング電車『マイキー・トレイン』です!

リサ・ラーソン展とコラボした『マイキー・トレイン』

リサ・ラーソン展とコラボした『マイキー・トレイン』

写真:bow

地図を見る

2015年3月7日〜6月7日まで、甲賀市信楽町の「滋賀県立陶芸の森」で行われる『北欧スウェーデンの動物のやきもの リサ・ラーソン展』。この特別展と信楽高原鉄道がコラボして運行しているラッピング電車が『マイキー・トレイン』です。

スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンさんの人気キャラクターでもある『マイキー』が大きく車体に描かれ、更に内装も『マイキー』が随所に!車内は北欧テイストに溢れ、思わずカワイイ!と声が出そうな装飾に溢れています。

『マイキー』を探せ!

『マイキー』を探せ!

写真:bow

地図を見る

車内に施された『マイキー』のラッピングですが、とにかく『マイキー』の使い方のセンスが良すぎ!吊り革の革の部分、座席のシートカバー、カーテンのタッセル、網棚の網の部分など、”作った感”がないラッピングが見事!

元々がローカル電車だということを忘れてしまいそうな程、北欧のデザインセンスが遺憾なく発揮されている車内にはぜひ注目してください!

共通チケット『レール&ミュージアム』がお得

共通チケット『レール&ミュージアム』がお得

写真:bow

地図を見る

『マイキー・トレイン』運行を記念して、信楽高原鉄道の1日乗車券と『リサ・ラーソン展』の鑑賞券が1つになったお得な共通チケット『レール&ミュージアム』が信楽駅で発売されています。

チケットも『マイキー』をモチーフとしたデザインとされていて、利用する際は裏面にスタンプが押されるため、記念品としても取っておくことができます。

発売額は1560円、利用できる期間は2015年6月7日の『リサ・ラーソン展』終了まで。なお、「滋賀県立陶芸の森」では青色バージョンの『マイキー』が描かれたチケットを発売しています!

信楽の車窓を楽しみながらゆったり乗ろう

信楽の車窓を楽しみながらゆったり乗ろう

写真:bow

地図を見る

信楽高原鉄道は全線で14.7kmの短いローカル線。車にも追い抜かれそうなスピードでのんびりと走る姿はなんとも癒しに満ちています。日々の喧騒を忘れて流れる車窓に、もっと乗っていたいという気持ちになりますが沿線の旅は30分弱で終わります。

そんな旅を『マイキー・トレイン』は素敵に演出してくれます。ぜひ『マイキー』に会いに信楽へと足を運んでください。

『マイキー・トレイン』は1日6往復!

『マイキー・トレイン』ですが、1日に6往復で毎日運行されています。時間は下記の通り。

信楽駅発、貴生川駅行の出発時間は
9:46、10:54、11:54、12:54、13:54、14:54
貴生川駅発、信楽駅行の出発時間は
10:24、11:24、12:24、13:24、14:24、15:24
となっています。

6月7日までの期間中は毎日運行の予定ですが、車両点検により入庫してしまう日がありますのでお問い合わせの上お出かけ下さい!

■信楽高原鉄道
TEL (0748)82-3391

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ