ベトナム・ダラットの中心に位置する「アン ダオ ホテル」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ベトナム・ダラットの中心に位置する「アン ダオ ホテル」

ベトナム・ダラットの中心に位置する「アン ダオ ホテル」

更新日:2015/03/10 11:30

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナムの中南部高原地帯「ダラット」。ダラットは山の麓にあるため、町中は急勾配の坂が多いのが特徴。徒歩はもちろん、自転車でも移動はなかなか困難ですので、宿泊先のホテルはなるべく中心市街地を選びたいところです。そこで、おすすめのホテルが「アン ダオ ホテル(Anh Dao Hotel)」です。

ダラット観光の中心は「ダラット市場」

ダラット観光の中心は「ダラット市場」

写真:古川 悠紀

地図を見る

ダラットの中心部には、屋内型の大きな市場があります。目の前はロータリーがあり、帰りのバスもここでピックアップしてくれます。また、歩いて3分ほどで目前に広がる湖が「スアンフーン湖」。ダラットのシンボル的存在です。

ナイトマーケットも、このダラット市場界隈で毎夜開催されるので、できればこの界隈に宿をとりたいところです。

しかし、観光の中心部とあって、周辺のホテルは目を見張る高級ホテルばかり。「もう少しレベルを抑えたホテルはないの?」、「予算的に高級ホテルはちょっと厳しい」とお考えの旅行客も多いことでしょう。

今回紹介するアンダオホテルは、立地が申し分ありません。

立地環境は申し分なし!毎夜ナイトマーケットに足を運べる

立地環境は申し分なし!毎夜ナイトマーケットに足を運べる

写真:古川 悠紀

地図を見る

アンダオホテルの大きな魅力が「立地環境」。ダラット市場は勾配が急な石段を下りて行くのですが、アンダオホテルは、通りを挟んだその階段の背後に建っています。周辺にはレストランやお洒落カフェ、ツアーデスクなども徒歩圏内に並んでいますので、「ちょっと小腹が空いたから」と気軽に外出することができます。

また、ホテル前の通りを渡ると、そこにはナイトマーケットが広がっています。徒歩10秒で毎夜ナイトマーケットが楽しめるのは、非常に大きな魅力ではないでしょうか。

低料金かつ高品質のサービス

低料金かつ高品質のサービス

写真:古川 悠紀

地図を見る

アンダオホテルは2つ星。高級ホテルと比べると、部屋の内装や施設は目劣りしてしまいますが、その代わり料金は格安。一泊30万ドン〜40万ドン程度(日本円で約1500円〜2000円程度)で宿泊することができます。

また、サービスも納得いく高品質。スマホ所有者には欠かせないWiFiは全室無料になっている他、自転車やバイクのレンタルもすることができます。バイクは1日約600円と安いので、滞在日数分借りるのが得策です。

アメニティ完備の客室は快適

アメニティ完備の客室は快適

写真:古川 悠紀

地図を見る

ホテル自体はそれほど新しくないため、古めかしい印象を受けますが、チリやほこりが目立つような汚さはなく、客室は清潔感が漂っています。

カーテンを開けると日の光が部屋を照らし、日当たりも良好。夜は屋台で食事をしている現地人の素朴な光景を窓から見下ろすことができます。

シャンプーやソープ、歯ブラシ、バスタオルといった基本的なアメニティは揃っているほか、ランドリーサービスもあるので、溜まった衣類は洗濯をお願いすることができます。1日で届けてくれます。

満足いくスタッフ対応

満足いくスタッフ対応

提供元:ANH DAO HOTEL

http://www.agoda.com/ja-jp/anh-dao-hotel/hotel/dal…

アンダオホテルには世界中の旅行客が訪れるため、スタッフは英語が流暢なほか、宿泊客を気遣う高いホスピタリティも持ち合わせています。

客室におけるトラブルも真摯に対応してくれるほか、「ダラットの名物を食べられるレストランはどこ?」、「人気のあるお店は?」といった現地情報も細かく教えてくれます。気さくで誠実なホテルスタッフが、宿泊客を漏れなく歓迎してくれるのが、このホテルの最大の魅力かもしれませんね。

おわりに

ホテルを探す際、「ダラット市場まで○m」といった表記がよくされていますが、上述したように、ダラットは坂道が多いです。距離は近くとも、立地によっては歩くのがしんどいところもあるでしょう。坂の有無、どれくらいの傾斜かは、地図を見ても確認できませんので、現地の口コミなどを頼りにするのがおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -