京都の桜は平安神宮周辺がおすすめ!蹴上インクライン・十石舟を楽しむのんびりお花見

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

京都の桜は平安神宮周辺がおすすめ!蹴上インクライン・十石舟を楽しむのんびりお花見

京都の桜は平安神宮周辺がおすすめ!蹴上インクライン・十石舟を楽しむのんびりお花見

更新日:2015/03/10 17:10

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

しだれ桜の美しさが有名な平安神宮。一度は見てみたい景色ですが、その前後のご予定は?平安神宮周辺には素敵なお花見スポットが沢山あります。今回はその中でも平安神宮からすぐ近くの徒歩で行ける3つのスポットをご紹介します。特に蹴上インクラインの線路と桜の景色は必見。是非平安神宮とセットで訪れていただきたいお花見スポットです。平安神宮だけで帰ってしまうのはもったいないですよ!

独特の雰囲気が人気の蹴上インクライン

独特の雰囲気が人気の蹴上インクライン

写真:みぃ

地図を見る

蹴上インクラインは平安神宮から徒歩10分弱の場所にある桜の名所。高低差のある琵琶湖疏水で船を運航するために敷設された傾斜鉄道の跡地で、今は使われていません。一見鉄道の廃線のように見え、両側にはソメイヨシノなどの桜が咲き誇り独特の雰囲気が魅力です。ところどころに敷石がありますが、是非歩きやすい靴で。ヒールは傷みますのでおすすめできません。
最寄り駅は地下鉄の蹴上駅。ここから歩きながら平安神宮方面へ向かうのがおすすめです。

ここはレジャーシートを敷いてお花見ができる場所ではないので、歩きながら楽しみましょう。

岡崎さくらわかば回廊十石舟めぐり

岡崎さくらわかば回廊十石舟めぐり

写真:みぃ

地図を見る

蹴上インクラインを楽しんだあとは、そのまま仁王門通を平安神宮方面へ。徒歩5分ほどで「岡崎さくら回廊十石舟めぐり」の乗船場所が現れます。この十石舟はWebで予約ができますので、是非ご利用ください。当日でも乗れますが、土日などは数時間待ちになることも。

運航期間:2015年3月26日(木)〜5月6日(水)
夜間運行:2015年3月27日(金)〜4月12日(日)
乗船場所:南禅寺舟溜り乗船場
乗船料金:大人(高校生以上) 1,000円、小人(小・中学生) 500円、幼児(3歳以上)300円

水面近くの桜に手が届きそう!

水面近くの桜に手が届きそう!

写真:みぃ

地図を見る

十石舟は平安神宮前の疎水を運航します。写真は平安神宮の鳥居の前の橋から東山方面を撮影したもの。十石舟では水面ギリギリの桜の枝にも手が届きそうな近さ。

「岡崎さくらわかば回廊十石舟めぐり」では肌寒い日や雨の日には無料でカッパを貸してくれますので、少し心配な空模様でも大丈夫。是非優雅に舟でお花見をしてみましょう。

どうしても渡りたくなる平均台

どうしても渡りたくなる平均台

写真:みぃ

地図を見る

平安神宮からの帰り道はこの道がおすすめ。
神宮道と仁王門通の交差点を数十秒西に行くと、小さな川が流れています。平安神宮からの帰りはこの道を歩いてみましょう。5分ほどで地下鉄東山駅に着きますが、そのまま歩いて祇園のほうまで行くのも良いでしょう。小川の道に入ってすぐの場所にある簡素極まりない平均台のような橋。普段はこの橋を渡っている大人を目にすることは稀ですが、桜の季節にだけは普段は絶対に渡らないおじいちゃんおばあちゃんも、渡りたくなるようです^^

時にはおじいちゃんおばあちゃんたちが皆で手を繋いで渡っている姿にも出会え、ほのぼのとするお花見コースでおすすめです。

春の京都は街歩きが楽しい

普段は歩くことがない距離でも、桜を追いかけていると知らないうちに2Km、3Kmと歩いてしまえるのが春の京都。観光名所だけではなく、街中に咲く桜も美しいので、是非散策を楽しんでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ