安芸の小京都は夜こそ幻想的!竹原で江戸時代へと時空旅行。

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

安芸の小京都は夜こそ幻想的!竹原で江戸時代へと時空旅行。

安芸の小京都は夜こそ幻想的!竹原で江戸時代へと時空旅行。

更新日:2015/03/14 15:36

風祭 哲哉のプロフィール写真 風祭 哲哉 B級スポットライター、東海道完歩ブロガー、青春18きっぷ伝道師

伝統的な建造物や情緒ある町並みが残り、安芸の小京都として有名なだけでなく、現在はドラマ「マッサン」やアニメ「たまゆら」そして某通信会社の犬のお父さんのCMなどでも話題の広島県・竹原市。

たくさんの観光客であふれる昼も活気があってよいのですが、夕暮れ、そして夜になると人通りもグッと少なくなって、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような幻想的な姿を見せてくれるのです。

まずは、本町通りの町並み保存地区へ。話題の「竹原ガチャ」も。

まずは、本町通りの町並み保存地区へ。話題の「竹原ガチャ」も。

写真:風祭 哲哉

地図を見る

重要伝統的建造物群保存地区となっている竹原の町並み保存地区には、JR呉線の竹原駅から北東に約1キロ、歩いて15分ほど。本町通りと呼ばれるメインストリート沿いに、主な伝統的建造物や見どころが並んでいます。

本町通りに入って100mほど進むと、右手にあるのが竹鶴酒造。ドラマ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝氏の生家です。その斜め向かいにあるのが松坂邸。塩田経営、廻船業、醸造業などで財を成した商家の豪邸です。竹原は、江戸時代後期から製塩や酒造業で栄えてきたため、こうした大きなお屋敷や由緒ある寺が多く残っています。

そんな竹原の最新の話題は「竹原ガチャ」。
これは某通信会社のCMの撮影がこの竹原で行われ、有名な犬のお父さんと、某「倍返し」俳優がこの町角で「ガチャガチャ」をするシーンが全国に放映されたことをきっかけに、町の有志が本物のガチャを設置したというもの。
本町通りの真ん中あたり、CMでの場所と同じく佐倉酒店に2台あり、1回100円。カプセルの中には「あなたの未来を変えるグッズ」が入っています。

夕暮れの本町通りは、静寂で幻想的

「マッサン」効果もあり、日中、特に休日はたくさんの観光客でにぎわう竹原。せっかくの美しい町並みも、あまりに人が多すぎると魅力が半減してしまいます。
江戸時代から続く古い町並みを、当時の雰囲気で静かに楽しみたいのであれば、夕暮れから夜にかけて竹原を散策してみましょう。

写真は本町通りの真ん中あたりから北西の方向を映したもの。
夕暮れともなると観光客の姿は消え、あたりは静寂に包まれます。電信柱のない通りは、家の軒先につるされたランプの明かりと、格子戸からもれてくる民家の明かりにぼんやりと照らされています。
その幻想的な光景は、まるで遠い昔にどこかで見たことがあるかのような懐かしさ。昼間とは全く違う顔を見せてくれるのです。

夕暮れの本町通りは、静寂で幻想的

写真:風祭 哲哉

地図を見る

中の小路は、蔵の続く美しい通り

通り沿い、闇にくっきりと浮かび上がっている水色に塗られた木造の建物が竹原市歴史民俗資料館。そのまま本町通りの北端の突き当りまで行くと、大林宣彦監督の映画「時をかける少女」でも舞台となった胡堂(えびすどう)と呼ばれる小さな祠があります。ここから折り返して1本西側の通りを駅の方に戻ってみましょう。

この通りは中の小路と呼ばれ、道の両側に蔵が目立つのが特徴です。途中、江戸末期に建てられた酒蔵の一角を改造した酒蔵交流館や光本邸の土蔵などが並んでおり、本町通りとはまた違った趣を感じることができます。

中の小路は、蔵の続く美しい通り

写真:風祭 哲哉

地図を見る

通りをつなぐ横丁で、時空を超えて迷子になってみる

通りをつなぐ横丁で、時空を超えて迷子になってみる

写真:風祭 哲哉

地図を見る

竹原の伝統的町並み地区では、本町通りや中の小路など、南北の通りが比較的メインストリートの役割を果たしていて、それらの通りをつなぐ東西の道は、狭い横丁が多いのですが、これがまたいい雰囲気なのです。
白や黒の土壁に格子戸の民家が身を寄せ合うように立ち並んでいますが、歩く人はひとりとしていません。このままこの先へ進むと、いつの間にか時空を超え、江戸時代の竹原へと行きついてしまうのではないか、そんなふうに思ってしまうほどなのです。
そのほか、路地裏のような細い通りで迷子になってみるのも面白いかもしれません。

竹原で時空旅行を楽しもう!

夜の竹原、いかがでしたでしょうか?
竹原はメインとなる本町通りだけでなく、裏道や横丁など広い範囲に趣ある町並みがそのまま残っています。そのため昼に定番の見どころをしっかり観光するのもいいのですが、夜、名もなき裏道や横丁をそぞろ歩きするのも、また楽しいのです。

知らない道を折れ曲がったら、いつの間にタイムスリップして、はるか江戸の世界へと迷い込んでしまう。
そんな時空旅行を夢見て、夜の竹原を訪問してみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ