瀬戸内海の絶景が望める阿伏兎観音!広島県福山市〜岩壁上の古刹へ

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

瀬戸内海の絶景が望める阿伏兎観音!広島県福山市〜岩壁上の古刹へ

瀬戸内海の絶景が望める阿伏兎観音!広島県福山市〜岩壁上の古刹へ

更新日:2015/03/11 13:22

村井 マヤのプロフィール写真 村井 マヤ 中国・九州文化的街並探検家

広島県福山市沼隈町は、福山市と有名な観光地鞆の浦の間に位置する町。鞆の浦も沼隈半島の南端の港町ですが、沼隈はさらに松永や尾道よりに位置しています。この周辺には、田島、横島など瀬戸内海の島々があり、沼隈半島の南端に位置する阿伏兎岬からは、その美しさを存分に眺めることができます。今回ご紹介する阿伏兎観音からは、鞆の浦とは一味違う美しい風景が広がっています。鞆の浦観光の際は、是非!阿伏兎観音へ♪

見よ!この美しい風景を・・阿伏兎ノ瀬戸周辺は古戦場?!

見よ!この美しい風景を・・阿伏兎ノ瀬戸周辺は古戦場?!

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真の右側の島は田島と呼ばれる島。田島には、クレセントビーチと呼ばれる三日月型のビーチがあり、そのさらに向こう側には、源平合戦の伝説の残る「矢ノ島」と呼ばれる島が見えます。田島と沼隈半島も橋でつながっていますので、海岸線をドライブすれば田島にも渡れますよ。この海岸線のドライブも素晴らしい眺望が楽しめます。自動車で福山観光される際はおススメです。複雑に入り組んだ瀬戸内海独特の海岸線の素晴らしさが、実感できる場所です。

田島に残る矢ノ島の伝説とは、次のようなものです。ときは、源平合戦の時代、有名な源氏の武将那須与一率いる源氏軍と平清盛の甥平教経の軍勢は、田島周辺で対峙しました。その際、教経の射掛けた矢の1本が田島の小島に刺さったそうです。そして、その矢が根をおろし竹が生い茂って「矢ノ島」ができたという伝説!あくまでも伝説ですが、田島の現在阿伏兎海水浴場がある馬場崎は、源平の古戦場です。那須与一ゆかりの品も田島にありますよ。

この多島美が素晴らしい景勝地は、かつて源平の合戦地だったのです。そんな田島を右に見つつ、阿伏兎岬へ瀬戸内海の潮風を感じながら、のんびり歩いてみましょう。

毛利輝元再建の磐台寺客殿は広島県の重要文化財

毛利輝元再建の磐台寺客殿は広島県の重要文化財

写真:村井 マヤ

地図を見る

阿伏兎観音として知られているこの古刹は、正式名は海潮山磐台寺と言います。その観音堂が阿伏兎観音です。御本尊の観音様は、寛和2(986)年花山天皇が、この周辺一帯を行き来する船の航海安全祈願として安置したのが始まりです。花山天皇が岬の岩上に安置したのは、十一面観音石仏でした。それ以降、源平合戦などで荒廃はしましたが、今日まで航海安全の祈願所であり続けています。

航海安全の祈願所でもあり、同時に子授け観音、安産祈願でも有名です。

写真の磐台寺客殿は、元亀年間(1570-1573)に毛利輝元によって観音堂とともに再建され江戸時代には、水野家、阿部家など歴代の福山藩主の手厚い保護を受けて美しい姿を保ってきました。

石塔からの眺めもまた絶景!そこは海・・

石塔からの眺めもまた絶景!そこは海・・

写真:村井 マヤ

地図を見る

観音堂へ行く朱色の階段に登らずに、写真の石塔がある岩上に行くことができます。石塔の前の階段を登って、そこから右側に見える観音堂は見事な美しさです。

また、この石塔からの瀬戸内海の風景も素晴らしいのですよ・・。海と島しかない絶景が広がっています。

朱色の阿伏兎観音には、珍しい乳房の絵馬もある?!

朱色の阿伏兎観音には、珍しい乳房の絵馬もある?!

写真:村井 マヤ

地図を見る

まるで、竜宮城のような海にせり出す観音堂!どうしてこんな場所に?って思ってしまいますが、美しさにうっとりしますよ。

2004年の台風による被害を受け、復旧修理工事が実施されました。その際、金箔で飾られた軒丸瓦や「天正17(1589)年」と記載された豪華な瓦も屋根から見つかったそうです。

めったに台風は来ない地域ですが、確かに、強大な台風が直撃したらひとたまりもありませんよね・・。

また、子授け観音、安産祈願のご利益もある阿伏兎観音では、乳房が付いた絵馬やお守りがあります。赤ちゃんを授かりたい方には、素敵な出会いが待っているかも♡

観音堂の美しい風景は、かの歌川(安藤)広重の浮世絵「六十余州名所図会」の風景版画の画題にも!志賀直哉の『暗夜行路』にも登場していますよ。

美しさにため息、ドキドキ感は半端ない!絶景ポイント観音堂

美しさにため息、ドキドキ感は半端ない!絶景ポイント観音堂

写真:村井 マヤ

地図を見る

岩壁上の観音堂を下から眺めるのも素晴らしいのですが、なんといってもおススメは、観音堂から見る瀬戸内海です。

写真の朱色の欄干は、立って歩くと膝くらいの高さ。観音堂からの眺めはため息がでるほど美しいですが、同時にときどき揺れる気がする観音堂からの眺めは、ドキドキしますよ・・。

でも陽の光でキラキラした水面は、なんとも優雅で思わず正座してしばらく眺めていたい!そんな絶勝地では、日常を忘れて風景に身を委ねてしまいたくなることでしょう・・。

心洗われる風景〜阿伏兎観音の夕陽も・・

風光明媚な景勝地である阿伏兎観音は、夕暮れ時に訪れてもまた美しい所です。拝観は、17時までですが、ぎりぎりまで粘って美しい夕景も楽しんでもらいたいもの。近くに宿もありますので、釣りなどの趣味をお持ちの方は、ゆっくり滞在されても楽しめることでしょう。

静かで美しい風景を心にしっかり刻み、忙しい日常を乗り切る活力にしてもらいたいもの・・。次の旅には、是非阿伏兎観音周辺を候補にして下さいね。

アクセスは、自動車が便利です。もし鞆の浦から阿伏兎観音に向かわれる場合は、タクシーのご利用が便利です。自家用車やレンタカーをご利用になると周辺ドライブも楽しめますよ♪詳細は、下記MEMOを参照にして下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -