透明度抜群!タイ・ピピ島近くにある穴場の無人島「バンブー島」

透明度抜群!タイ・ピピ島近くにある穴場の無人島「バンブー島」

更新日:2019/11/04 10:14

西野 ネリのプロフィール写真 西野 ネリ 地球惑星ハンター
「ピピ島周辺で一番キレイなビーチはどこですか?」現地の人にきいてたどり着いたのは、ピピ・ドン島の北東にある「バンブー島」。それもそのはず、バンブー島は島全体が自然保護された無人島なのです!白い砂浜に透き通るようなエメラルドグリーンの海、浅瀬にはトロピカルな魚や、サンゴ礁など、手付かずの自然がそのまま残っている島です。穴場ビーチとよぶにはふさわしい場所でしょう。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

バンブー島

バンブー島

写真:西野 ネリ

地図を見る

バンブー島は、タイのプーケットから行く離島・ピピ諸島の中にある無人島です。
ベストシーズンは、雨が少なく気候がカラッとしている乾季といわれる11月〜3月頃。日本は冬ですがプーケットは20〜30℃と夏の気候なので、真冬にバカンスを楽しめるのが魅力。日数は、3泊4日程度あればピピ島主要スポットを楽しんで行って帰ってくることができます。

バンブー島

写真:西野 ネリ

地図を見る

プーケットのラサダ港からピピ島まではスピードボートで1時間半程、フェリーで2時間程度です。
ピピ島も年々観光地化が進み、世界中からたくさんの観光客が押し寄せますが、バンブー島は+αで行かなければいけない島なので、比較的人も少なく、透明度の高い海があるのでイチオシスポットです。(但し、ハイシーズンの場合は、日によって混み合う場合もあります。)

バンブー島

写真:西野 ネリ

地図を見る

バンブー島は、ピピ島周辺の人気観光スポット、マヤベイ・モンキービーチを訪れるツアーとセットになっていることが多いので、「バンブー島」観光付ツアーを選択するのも良いでしょう。
しかし日帰りツアーの場合、バンブー島滞在時間が1時間程度と制限があるので、のんびりしたい方はピピ島内にあるホテルで1泊し、ロングボートをチャーターしてバンブー島へ訪れることをオススメします。
ロングボートはピピ島の中継地でもある「トン・サイ・ベイ」などからチャータすることができます。複数で乗り合わせれば、一人2,000円程度と値段もさほど高くありません。トン・サイ・ベイからバンブー島までは1時間〜1時半間程かかります。

バンブー島のすぐ隣にあるモスキート島もシュノーケルスポットがありますので、時間に余裕があれば、そちらと合わせていってみるのも良いかもしれません。(写真左モスキート島、写真右バンブー島)

絵に描いたような海

絵に描いたような海

写真:西野 ネリ

地図を見る

快晴のバンブー島のビーチは特に透明度が高く、コバルトブルーとエメラルドグリーンの夢のような海が広がっています。船を降りたら、目の前はもうビーチです!
日差しが強いので、サングラスと日焼け止めは必須です。

絵に描いたような海

写真:西野 ネリ

地図を見る

海は浅瀬が続いているので、浮き輪がなくても大丈夫です。人も少なく、静かなビーチなので、ゆったりと過ごすことができます。

トロピカルな魚たち

トロピカルな魚たち

写真:西野 ネリ

地図を見る

ビーチの浅瀬には写真のような縞々のトロピカルな魚たちがいます。快晴の日はシュノーケルがなくても、水面の上から魚たちを見て楽しむこともできます。

シュノーケルはツアーなどで貸出してくれますが、ピピ島にはシュノーケルスポットがたくさんあるので、持参することをオススメします。

トロピカルな魚たち

写真:西野 ネリ

ここはピピ島周辺のビーチの中でも透明度が抜群で、何時間もぐっていても心地よい穏やかな海です。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

バンブー島の施設

バンブー島の施設

写真:西野 ネリ

地図を見る

バンブー島は無人島ですが、レンジャーに管理されているので、トイレや木のベンチ等の適当な休憩場所、そして小さな売店が1軒あります。シャワーはありませんが、売店では水やジュースを購入することができます。
木陰もありますので、ぼんやり海を眺めているだけでも十分楽しめると思いますが、寝そべったりしたい人は、レジャーシート等があると便利でしょう。

穴場ビーチで最高のバカンスを!

ピピ島に行ったならば、ぜひバンブー島へも足を運んでみてください。そして時間が許す限りピピ島内で1泊以上することを強くオススメします。プーケット市内とピピ島でみる星空は全然違います!ピピ島への日帰りツアーもたくさんでていますが、主要スポットをかいつまんだだけではピピ島の魅力を堪能することは難しいでしょう。ピピ島でゆったりとした時間を過ごすことで、きっと魂がぬけたような素晴らしいバカンスを過ごすことができるでしょう。
バンブー島は、手つかずの自然が残っており「何もない」ということが最大の魅力です。

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイト などでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -