西日本最大級の2万本の花が圧巻!大分県大山しゃくなげ園

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

西日本最大級の2万本の花が圧巻!大分県大山しゃくなげ園

西日本最大級の2万本の花が圧巻!大分県大山しゃくなげ園

更新日:2015/03/13 14:47

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター

色とりどり艶やかなしゃくなげが100種類以上2万本、65,000平方mの広大な敷地に咲き乱れる大山しゃくなげ園。ゴールデンウィーク前後、4月中旬から5月下旬まで見られるこのしゃくなげ園は、2012年にグランドオープンしたばかりの“知る人ぞ知る”穴場の花園です。

ピークはゴールデンウィーク

ピークはゴールデンウィーク

写真:舟津 カナ

地図を見る

しゃくなげには、日本しゃくなげと西洋しゃくなげがあります。
ここでは、両種とも栽培されており、開花時期が微妙に異なるため4月中旬から5月下旬まで持続して艶やかな花が楽しめます。
開花期間中は無休でオープン。ピークはゴールデンウィークです。駐車場はあまり広くないため、週末は早めの時間に行くことをおすすめします。

歩きやすい服装と靴で!

歩きやすい服装と靴で!

写真:舟津 カナ

このしゃくなげ園は山肌斜面に栽培されています。それゆえに、見学コースは斜面を歩きます。急ではありませんが、ヒールでは歩きにくいです。ちょっとしたハイキングと考え、服装と靴は動きやすい格好で。

園内はA〜Dと4つコースに別れており、それぞれ10分、20分、30分、40分と所要時間が異なります。各自自分の体力に合わせてコースを選びましょう。

一番見晴らしがよい場所はしゃくなげ畑を見下せる岡の頂上です。ここからはしゃくなげのほかに、ダムを見渡する絶好のビューポイントです。

弁当持参でピクニック気分を

弁当持参でピクニック気分を

写真:舟津 カナ

コースの途中には数箇所、休憩小屋があります。そこにはベンチもあり景色を見ながら食事をすることも可能です。天気がよければ、ピクニック気分で弁当を食べるのも良いでしょう。ただし、園内では弁当の販売はしていません。

大山には「道の駅」が数箇所あるので、そこで地元の食材を使った弁当を購入するとよいでしょう。園入り口には冷たい水が湧き、自由に汲めます。ペットボトルを持参するとおいしい水をお土産にできます。

売店も一見の価値あり

売店も一見の価値あり

写真:舟津 カナ

駐車場横に、小さいですが売店があります。そこでは、しゃくなげの苗や地元でとれるシイタケやゆずごしょうなどが販売されています。
また、日によって異なりますが、団子汁やぜんざいなど軽食もあります。

おわりに、

場所が山の中で、わかりづらいかもしれません。大通りには看板が立っています。それを目印に向かってください。
しゃくなげ園から少し足を伸ばせば、梅の香温泉「なごり湯」、やまめのコース料理が食べれる「やまめの里」があります。

天候により開花時期は異なりますが、例年ゴールデンウィークが見頃。
ハイキングがてら花を楽しむこともできる穴場の場所です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ