マレーシアの世界遺産ペナン島は、ストリートアートの街だった!

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マレーシアの世界遺産ペナン島は、ストリートアートの街だった!

マレーシアの世界遺産ペナン島は、ストリートアートの街だった!

更新日:2018/08/14 19:02

渡部 洋一のプロフィール写真 渡部 洋一 フリーライター、カメラマン

マレーシアを代表する観光地、ペナン島。その美しい街並みは「東洋の真珠」とも称えられ、島内のジョージタウンはその歴史的価値から世界遺産にも登録されています。
西洋と東洋の文化が入り混じる独特の歴史的景観やビーチ、屋台グルメなどで人気のペナン島ですが、実は近年、「ストリートアートの街」としても注目を集めています。
今回は、「アートの街」ジョージタウンのオススメポイントをご紹介します。

トライショーの男

トライショーの男

写真:渡部 洋一

地図を見る

マレー半島の西側に位置するペナン島。マラッカ海峡に浮かぶその島は、大航海時代には東西貿易の拠点として栄え、イギリス統治時代に建造されたコロニアル様式の建物や、多民族国家ならではの様々な宗教建築が混在する独特な街並みが人気の一大観光地です。島内の東岸に位置する「ジョージタウン」はその歴史的価値が評価され、2008年マラッカとともにユネスコの世界遺産に登録されました。マレーシアで初の文化遺産です。

そんな「歴史の街」としての色が濃いペナン島のジョージタウンですが、実は近年「アートの街」としても世界中から注目を集めています。

ジョージタウンの街を歩いていると、そこかしこの建物の壁に巨大なアートが描かれているのが目につきます。「ストリートアート」または「ウォールアート」と呼ばれる、ペナン島の新しい名物です。世界遺産登録後の2012年、リトアニア出身のアーティスト「アーネストザカレビッチ」が描いたのが始まり。今では数十点のユニークな壁画が街を彩っています。

写真は、「Trishaw Man」という名の付くストリートアート。
マレーシア名物の乗り物であり観光の足、「トライショー」の座席に腰を下ろす男性が描かれています。半袖短パンから伸びる焼けた肌、トライショーに取り付けられたパラソルに南国を感じる、マレーシアらしい作品です。
古びたビルの壁に描かれたこの「Trishaw Man」は、その大きさからもジョージタウンのストリートアートの中で一際強い存在感を放っています。

バイクに乗った少年

バイクに乗った少年

写真:渡部 洋一

地図を見る

ジョージタウンのストリートアートの中でも代表格とも言えるのが、この「Old Motorcycle」。
実はこれ、バイクは本物なのです。本物のバイクの上に、赤い扉に描かれた少年が本当に座っているように見える、なんともトリッキーでユニークな作品。このバイクには人が腰掛けることもできるので、記念撮影のスポットとしても大変人気となっています。

手を伸ばす子供

手を伸ばす子供

写真:渡部 洋一

地図を見る

椅子の上に立った子供が何かを欲しそうに手を伸ばす、「Boy on Chair」。こちらも椅子は本物で、記念撮影の人気スポットです。
等身大に描かれた子供の姿は、何かを手に取ることを諦めて今にも椅子から飛び降りそうなリアリティ。黄色のシャツが、マレーシアの風土によく似合っています。

木造建築にも描かれるアート

木造建築にも描かれるアート

写真:渡部 洋一

地図を見る

ストリートアートが描かれているのは、コンクリートの壁だけではありません。
写真は、ジョージタウン南海岸にある水上村、「チュージェッティー(周一族の橋)」の建物に描かれたおばあちゃんと男性。水上村を訪れる観光客を最高の笑顔で迎えてくれます。

ちなみにこの「チュージェッティー(周一族の橋)」、村人の名字は皆同じと言われています。水上村での生活を間近で見ることができ、アートだけでなく異文化に触れることができる点でも大変オススメなスポットです。

針金で作られたアートも!

針金で作られたアートも!

写真:渡部 洋一

地図を見る

ここまでペンキで塗られたアートをご紹介してきましたが、その他にも金属で作られた針金アート(ワイヤーアートとも)も街中に点在しています。人物をコミカルに描いたアートの影が白い壁に映る様子は独特で大変ユニークです。リアリティのあるペンキのアートとはまた違った面白さがあります。

ストリートアートを巡るなら、パンフレットをゲットしよう!

いかがでしたか?
世界遺産にも登録されたペナン島ジョージタウンの、新しい名物としてストリートアート(ウォールアート)の数々をご紹介しました。
アートは街のそこかしこに点在し、散策中に名もない小さな通りでふと出くわすような楽しさがあります。
お目当てのアートの場所を知りたい場合には、ストリートアートマップ付きのパンフレットをゲットしましょう。パンフレットは観光案内所の他、多くのホテルにも置いてあるので、簡単に手に入れることができます。

ペナン島へのアクセスは、対岸のバタワース駅からフェリーで渡るのが一般的です。かつて国際貿易港として繁栄を極め、異文化を寛容に受け入れてきたペナン島。様々な文化と歴史が入り混じるこの街にできた新しい文化の中を、あなたも歩いてみませんか?歴史の香りの中に、マレーシアの「今」を感じることができるはずです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/17−2013/06/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -