新緑も美しい仙石原で、湿地に咲く可憐な植物を愛でる「箱根湿生花園」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

新緑も美しい仙石原で、湿地に咲く可憐な植物を愛でる「箱根湿生花園」

新緑も美しい仙石原で、湿地に咲く可憐な植物を愛でる「箱根湿生花園」

更新日:2013/03/08 12:42

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー

湿生花園は、名前からして想像するとおり、湿原をはじめとした川や湖沼などの水湿地に生息している植物を中心にした植物園です。
箱根仙石原の自然の中に溶け込んだ園内は、四季折々に可憐に咲く花々や木々たちが枝を広げています。散策するだけも清々しい気持ちになれるこの植物園をご案内します。

冬期休業から目覚めると春の花々が咲き始めます

冬期休業から目覚めると春の花々が咲き始めます

写真:結月 ここあ

地図を見る

箱根湿生花園は、平成25年度は12月1日から3月19日までは冬期休業で、3月20日が開園日となっています。
その頃には、マンサク・ザゼンソウ・水芭蕉も咲き始め春の訪れを感じることができます。
水芭蕉は、2万株もあるので迫力がありますよ。

園内は、低地・高山・湿原へと区画が分かれていて、そこに育つ1700種類の植物が四季折々に美しい姿を見せてくれます。

春は新緑と小さな花たちがお出迎え

春は新緑と小さな花たちがお出迎え

写真:結月 ここあ

地図を見る

水芭蕉や九輪草・桜草・ミズアオイ・ミズトラノオなどが咲く低層の湿原地帯です。大きく華やかな花ではないですがどの花たちも小さくて可愛いんですよ。

いくつかの区画に分かれていますが順路通りに歩けば、およそ40分で園内が一周できます。

新緑が輝いて眩しく、聴こえてくるのは鳥のさえずり…風が葉を揺らす音…自然のシャワーを浴びて気持ちのよいこと間違いなし。

日本各地の湿原の花々も咲いています

日本各地の湿原の花々も咲いています

写真:結月 ここあ

地図を見る

この辺りは、尾瀬や霧が峰などの日本各地にある湿原を模した区画となっています。湿地帯を歩く為に板で作られた木道を散策しながら湿原に咲く花たちを見ることができ、少しだけ尾瀬気分も味わえますよ。

池にはコウホネの黄色の花が咲いていますが、季節によってはニッコウキスゲ・ヒオウギアヤメ・イブキトラノオなども見ることが出来ます。

仙石原すすき草原もすぐそこ

仙石原すすき草原もすぐそこ

写真:結月 ここあ

地図を見る

3月に山焼きをしたばかりなので、残念ながらすすきの確認はできませんでしたが、秋になるとすすきが黄金色に輝くことで有名な仙石原すすき草原も視界に入ってきます。

周辺を山で囲まれた仙石原は、約2万年前は芦ノ湖の湖底だったようで、3千年前に大規模な水蒸気爆発を起こし、大量の岩くずが仙石原のカルデラ床に流れ込み川がせき止められて湿原化したと言われています。

徒歩圏内に美術館などもありアクセスも便利

徒歩圏内に美術館などもありアクセスも便利

写真:結月 ここあ

地図を見る

湿原に咲く花だけではなくて、山野草や高山植物も楽しむことができます。
これは、スノーキャップという、純白の小さな花です。
入り口付近では山野草などの花々も売られていますのでお好きな方はお立ち寄りくださいね。

徒歩圏内には、箱根ラリック美術館もありアクセスのよさも嬉しいですね。
箱根ラリック美術館の記事も書いていますので、下記のMEMO欄より『自然の中でアートと地産地消のフレンチが楽しめる「箱根ラリック美術館」』からご覧下さい。

湿生植物にこだわった珍しい箱根湿生花園で自然からのパワーを頂いてみませんか。
  
※開園期間 3月20日〜11月30日(開園期間中無休)
      12月1日〜3月19日は冬期休園
※入園時間 9:00〜17:00
※入場料  大人700円 小学生400円 
      
特別割引や近隣施設とのセット券、高速バスセット券などがあるようですので下記MEMO欄から確認してくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/05/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ