風立ちぬの舞台!軽井沢「万平ホテル」の滞在を満喫する方法

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

風立ちぬの舞台!軽井沢「万平ホテル」の滞在を満喫する方法

風立ちぬの舞台!軽井沢「万平ホテル」の滞在を満喫する方法

更新日:2018/07/19 08:55

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

軽井沢万平ホテル(長野県軽井沢町)は、創業120年のクラシックホテル。日光金谷ホテル、箱根富士屋ホテルと合わせて「御三家」と呼ばれます。
スタジオジブリのアニメ映画「風立ちぬ」の舞台、「草軽ホテル」のモデルの一つと言われ、小説「風立ちぬ」の著者・堀辰雄も滞在。本館のアルプス館128号室は、ジョン・レノンが滞在した事で知られます。軽井沢万平ホテルの滞在を、満喫するポイントを紹介します!

軽井沢万平ホテルの客室は、「クラシックタイプ」がおすすめ!

軽井沢万平ホテルの客室は、「クラシックタイプ」がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

軽井沢万平ホテルと言えば、本館アルプス館が有名ですが、高級ホテルらしい新しさも兼ね備えた客室、新館ウスイ館の「クラシックタイプ」(写真)もおすすめです。

「クラシックタイプ」はアルプス館の風情を取り入れ、ベッドルームとリビングエリアの間に、ガラスの敷居があるのが特徴。軽井沢彫りの重厚なタンスもあり、軽井沢の歴史と伝統を十分感じます。全室にシャワーブースを備えるなど、浴室も近代的。猫足バスタブ(客室数限定)もあるので、予約時に希望を伝えましょう。

風格が凄い!「万平ホテル」のメインダイニング

風格が凄い!「万平ホテル」のメインダイニング

写真:藤田 聡

地図を見る

軽井沢万平ホテルの建築の真骨頂は、昭和11年築の本館「アルプス館」にあり、特にメインダイニングルームの雰囲気が最高で、「風立ちぬ」の舞台らしいノスタルジックな風情です。

美しいステンドグラスがロビーの明かりで光輝き、折上格(おりあげごう)天井の重厚感が猛烈。あまりの建築の素晴らしさに、「クラシックホテル御三家」と呼ばれるのも当然と納得します。

3コースあるディナーは、意外とボリュームもあり大満足。食後にバーに行けるように、アルコールは控え目にしておくのがおすすめです。

万平ホテルの夜は、バーが断然おすすめ!

万平ホテルの夜は、バーが断然おすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

軽井沢万平ホテルで、特におすすめなのがバー。クラシックな雰囲気も素敵ですが、豊富に揃うオリジナルカクテルが絶品なのです。

ブランデーベースの「オータムリーフ」は、甘口で食後向きと説明されますが、甘味、酸味、アルコール濃度など、あらゆる味覚が完璧。世界中からの賓客をもてなして来た、バーの歴史と伝統が「味覚に詰まっている」と実感し、味わいに大感激します。

ノンアルコール・カクテルも豊富に揃い、味も抜群。ノンアルコールでも、こんなに美味しく出来るのかと、目から鱗が落ちる旨さです。過去に飲んだノンアルコール・カクテルとは、次元が全く違うので、驚く事間違いありません。バーを利用する為だけに宿泊する価値すら感じる、断然おすすめのバーです。

万平ホテルの朝は、軽井沢を感じる散歩が断然おすすめ!

万平ホテルの朝は、軽井沢を感じる散歩が断然おすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

普通の宿なら朝食後は帰るだけですが、軽井沢万平ホテルの優雅な滞在は、これからが本番。チェックアウト時間は11時ですが、大混雑の夏休み以外なら、フロントに申し出て車を停めたままにして、至近距離にある旧軽井沢の観光を徒歩で満喫出来ます。

緑豊かな林間に点在する別荘の様子を拝見しながら、ゆっくり歩けば、旧軽井沢までは散歩に調度良い距離。周囲を注意深く観察すれば、野生のリスも発見出来ます。実は「朝食後の軽井沢散歩」こそが、軽井沢万平ホテル一番の想い出になるに違いありません!

軽井沢万平ホテルの魅力は、まだまだあります!

軽井沢万平ホテルは、ジョン・レノンが愛用した事で知られ、ゆかりの場所を巡るのがおすすめ。ジョン・レノンが愛用した本館「アルプス館」128号室は、常時満室状態ですが観光名所でもあるので、一応客室の前まで行ってみましょう。特にファンでなくても、やっぱり大感激。ゆかりのピアノなどが展示された、ロビー奥にある史料室も必見です。

ジョン・レノンのリクエストでメニューに加わったのが、カフェテラスのロイヤルミルクティー。本場英国の味わいが、大人気です。観光地「軽井沢」の中でも軽井沢万平ホテルは、ホテル自体が観光名所。その滞在を、ゆっくりと存分に味わって下さい。

スタジオジブリのアニメのモデルと噂される場所は、四万温泉にもあります。別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -