ふらっと寄ってジャングル探検!石垣島・吹通川にはマングローブの密林が!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ふらっと寄ってジャングル探検!石垣島・吹通川にはマングローブの密林が!

ふらっと寄ってジャングル探検!石垣島・吹通川にはマングローブの密林が!

更新日:2015/04/23 14:29

まるで、アマゾンの密林に迷い込んだようなジャングル!駐車場を降りると目の前には、マングローブ林が広がります。石垣島の魅力は、海だけではありません。年中緑色をしたマングローブ。そして汽水域に生息するシオマネキ(カニ)やトントンミー(ハゼ)にご挨拶。河口に下ると綺麗な海が広がります。着替え、タオルなど特別な装備を準備する必要はなく、ドライブのついでにふらっと寄って楽しむことができるのが吹通川です。

ドライブついでにふらっと寄ってみる。駐車場から広がる真緑のジャングル風景

ドライブついでにふらっと寄ってみる。駐車場から広がる真緑のジャングル風景
地図を見る

無料駐車場に車を停めて、階段を下りるとすぐ目の前に広がっているのがマングローブ林です。ビッチリと隙間なく広がるタコ足状態の根。まるでアマゾンのジャングルに迷い込んだような錯覚に陥ってしまいます。マングローブの特徴は、その根です。地面からむき出しになった根は、台風の強風にも負けず、長い年月をかけて成長してきた証です。

干潮時間で楽しむジャングル探検がおすすめです。

干潮時間で楽しむジャングル探検がおすすめです。
地図を見る

吹通川は、すぐ海に面しており、潮の干満の影響を受ける汽水域です。そのため、水深が深い満潮時間は、マングローブのタコ足状の根は海水に隠れてしまいますが、干潮時間は、水深が浅くなり、砂浜とマングローブの根がむき出しになります。

その時間帯は、アマゾンのジャングルに迷い込んだような風景が辺り一面に広がります!また干上がったビーチには、シオマネキ(カニ)やトントンミー(ハゼ)など、汽水域ならではの生き物をみることも。ドライブついでにふらっと寄って、普段見ることのできないマングローブをお楽しみください。

満潮時間、干潮時間は毎日少しずつ変わっていきます。
気象庁発表の潮位表を参考にして、ドライブ時間を合わせてみるのもよいと思います。

マングローブをじっくり観察。黄色の葉の秘密は?

マングローブをじっくり観察。黄色の葉の秘密は?
地図を見る

せっかくここまで来たら、遠くから眺めるだけでなく、じっくり観察してみましょう!マングローブ林というのは、主にヒルギに属する植物の総称です。それでは、ヒルギの生態を一つご紹介です。海水の入り混じる塩分濃度の高い場所で生息できる植物は、そんなに多くありません。ひまわり、朝顔に海水を与え続けると枯れてしまいます。でもここのマングローブは年中緑色をしています。

その秘密の一つは、黄色の葉です。緑の葉が生い茂る中に黄色の葉がちらほらあります。余分に吸収した塩分は、黄色の葉に集めます。その葉を落とすことによって、塩分調整を行っているのです。過酷な環境でも生きていけるように進化したヒルギの生態です。

無料駐車場から海も一望。

無料駐車場から海も一望。
地図を見る

無料駐車場があり、川の反対を見ると、きれいな海が広がっています。マングローブの広がるジャングルを見て、そのまま河口に向うと見渡す限りのエメラルドグリーンの海です。川、海、緑。石垣島の自然をじっくり観察できる絶好のポイントです。

周辺には、カヤックで川を上流まで上るエコツアーを開催しているツアー会社もあります。
もっと楽しみたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

気軽にふらっと寄ってジャングル体験ができる吹通川

石垣島の吹通川は、マングローブ林が生い茂るジャングルのような景色を楽しめるスポットです。無料駐車場もありますので、ドライブの休憩ついでにふらっと寄ることできます。川を見て、そして河口に下れば、エメラルドグリーンの海が広がります。
一石二鳥で石垣島の自然をお楽しみいただけます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ