神戸観光で海外気分!旧居留地と南京町近くのオシャレビル「メディテラス」

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神戸観光で海外気分!旧居留地と南京町近くのオシャレビル「メディテラス」

神戸観光で海外気分!旧居留地と南京町近くのオシャレビル「メディテラス」

更新日:2015/03/17 14:08

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

港町神戸は異国情緒が漂う旧居留地や派手な南京町(中華街)など、街歩きが楽しい都市。旧居留地と南京町は近い場所にありますのであわせて訪れていただきたいのですが、この近くに南仏の街並みのような建物があるのをご存知でしょうか。とてもオシャレなビルで、観光客の撮影スポットとしても人気。「どこへ旅行に行ってたの?」と言われそうな写真が撮れます。写真に撮りたくなる神戸のオシャレビルをご案内します。

神戸に南仏が出現

神戸に南仏が出現

写真:東郷 カオル

地図を見る

山の手に異人館、海側に旧居留地を持つ、異国情緒あふれる港町神戸。双方ともに歴史があり神戸観光の定番として人気ですが、今回は比較的新しい「異国情緒」をご紹介しましょう。

旧居留地近くに、南仏マルセイユのアパルトマンを思わせるような一角があります。これは実は「メディテラス」という、アパレルメーカー・ワールドのファッションビル。観光地ではなく商業施設なのですが、神戸国際観光コンベンション協会の観光案内にも堂々と登場する「観光名所」なのです。

色鮮やかな漆喰風の外壁に日よけの小窓。建物の中に続く石階段は、南仏の雰囲気たっぷりです。この前で記念撮影をする観光客もよく見られます。この一角だけ切り取ると、ヨーロッパ旅行にでも行ってきたかのような写真が撮れるのです。

古城のような内部

古城のような内部

写真:東郷 カオル

地図を見る

先ほどの石階段から中に入ってみると、2階に入ることになります。目の前には地下から4階まで続く吹き抜けが。ですが、ただの吹き抜けではありません。小さな塔を重ねたようなフランスの古城風になっています。
このお城の雰囲気を楽しみたくて、エレベーターではなくついつい階段を使ってしまうほど素敵な造り。ビジネス的にも上手くできていますが、こんな楽しい造りは観光客にも嬉しいですね。

実は同じ建物です

実は同じ建物です

写真:東郷 カオル

地図を見る

こちらの建物、実は先ほどまでご紹介していた建物の1階入口。全く違う外観に驚かれることでしょうが、メディテラスは、片側は道路に面していますがもう片側はアーケード内にあるため、このような、先ほどまでの雰囲気とは一転した普通のガラス張りの店舗になっているのです。
あまりの違いに、南仏側から入った人はさぞかし驚かれるでしょう。

近くにはこんな建物も

近くにはこんな建物も

写真:東郷 カオル

地図を見る

メディテラスから徒歩5分弱。南京町のすぐ近くの旧居留地にひときわ目をひくブルーのオシャレな建物があります。こちらはジーニアスギャラリーという複合商業施設。ガラス張りの壁の前に鉄骨で棚を組んだようなデザインです。その一部にオブジェが置かれていたり、広告スペースになっていたりと、神戸らしくオシャレにディスプレイされています。

カメラを持っての街歩きがおすすめ

神戸の街は、絵になるスポットがたくさん。カメラを持っての街歩きが楽しい観光地です。旧居留地からもう少し南に行くと「乙仲通」というレトロなビルが集まったエリアがあります。このエリアには小さな雑貨店が集まり、オシャレ女子がショッピングを楽しんでいます。是非少し足を延ばして訪れてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -