美しすぎる修道院!フランスの世界遺産モンサンミッシェルの歴史に触れる!

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

美しすぎる修道院!フランスの世界遺産モンサンミッシェルの歴史に触れる!

美しすぎる修道院!フランスの世界遺産モンサンミッシェルの歴史に触れる!

更新日:2015/03/20 17:16

渡部 洋一のプロフィール写真 渡部 洋一 フリーライター、カメラマン

フランスは、世界遺産の宝庫。世界第4位に当たる39もの世界遺産を保持しています(2014年)。
そんな世界遺産天国のフランスで、その代表格といえるのが、今回ご紹介する「モン・サン・ミッシェル」です。その姿はあまりにも美しく、「西洋の驚異」とも称されています。美しすぎる修道院、モンサンミッシェル。その魅力に迫ります。

史上最も美しい聖地

史上最も美しい聖地

写真:渡部 洋一

地図を見る

フランス北西部ブルターニュ半島。北はイギリス海峡、南は大西洋に面したその半島の付け根にモンサンミッシェルは聳えています。

その始まりは、今から1000年以上前。8世紀、岩山の上に初めてキリスト教の聖堂が建てられ、以来、建造、崩壊、修復を繰り返し、13世紀にはほぼ今の形になったと言われています。
モンサンミッシェルとは、「聖ミカエルの山」という意味。ある日、一人の司教の夢に大天使ミカエルが現れ、岩山に礼拝堂を建てるよう告げたという伝説が残っています。修道院の頂点(尖った屋根の先)には、黄金のミカエルの像が立ち、今も人々を見守っています。

時代の波に翻弄され、幾度かその役割を変えることとなったモンサンミッシェル。14世紀に勃発したイギリスとフランスとの百年戦争の際には城塞となり、18世紀のフランス革命後にはなんと監獄としても使われました。その後、フランスの文豪たちが美しさを賞讃したことをきっかけに修道院としての役割を取り戻し、現在もカトリックの聖地として圧倒的な存在感を放っています。

見る者を圧倒するあまりの美しさから「西洋の驚異」とさえ称されるこのモンサンミッシェルは、世界各国から年間300万人もの観光客が集まる、フランスを、ヨーロッパを代表する世界遺産です。

賑やかな参道

賑やかな参道

写真:渡部 洋一

地図を見る

修道院へと続く参道、「グランド・リュ」。「大通り」という意味ですが、とても広いとは言えない道は人々で賑わいます。道の両側に食堂や土産物屋、郵便局や博物館まで並ぶこの通りには、古く12〜13世紀から巡礼者たちのために多くの店が軒を連ねていたと言われています。

現在並ぶ建物の数々は、主に19世紀以降に建てられたもの。中には、モンサンミッシェル名物ふわふわのオムレツをいただけるレストランもあります。

どこまでも続く干潟

どこまでも続く干潟

写真:渡部 洋一

地図を見る

写真は、山頂の教会堂へ向かう途中からの眺めです。モンサンミッシェルの周囲には、干潟が見渡す限りどこまでも広がっています。
撮影時は干潮で水はありませんが、満潮時には海に囲まれた孤島となります。実はこの海、ヨーロッパ最大級の干満差(最大15メートル以上)で知られる、潮の満ち引きの大変激しい場所なのです。

今でこそ自動車も通れる道が造られ陸地と繋がっているモンサンミッシェルですが、多くの巡礼者が訪れていた中世には、この干潟を歩くしかモンサンミッシェルへの道はありませんでした。この広大な干潟が現れるときにしか、渡ることのできなかった人々。潮が満ち猛烈な速さで押し寄せる海水が、多くの巡礼者たちを飲み込み、その命を奪ったと言われています。
中世の人たちにとって、モンサンミッシェルへの道は、まさに命がけの巡礼だったのです。

モンサンミッシェルの頂点

モンサンミッシェルの頂点

写真:渡部 洋一

地図を見る

修道院の頂点に建つ、荘厳な教会堂(大聖堂)。11世紀初頭から約60年もの歳月をかけて建造されたこの教会堂は、ゴシック様式をはじめとした様々な中世の建築方式が混ざり合って構成されています。また、天に突き刺さる尖塔の先には、右手に剣を、左手に秤を持った黄金のミカエル像が奉られています。
今もここで暮らす修道士によって毎日ミサが行われるという教会堂。ここは、途方もなく長きに渡って、カトリックの巡礼者たちの目指す場所であり続けているのです。

名物、ふわふわオムレツ!

名物、ふわふわオムレツ!

写真:渡部 洋一

地図を見る

モンサンミッシェルとその周辺には、絶対に食べたい名物グルメがあります。
それは、ずばり「オムレツ」!
お腹が空いて待ち切れない巡礼者のために、すぐに出来て栄養のあるものをと考案された、モンサンミッシェル最大の名物グルメです。卵を3倍の量になるまで泡立てるため、これでもかというほどふわふわの食感。バター風味が絶妙で大変美味しくいただけます。

モンサンミッシェル内部はもちろん、周囲にもオムレツを提供するレストランが点在しているので、観光と併せて名物オムレツも是非楽しみたいものです。
(写真は、モンサンミッシェル近くの「Le Pre Sale」というレストランのオムレツです)

モンサンミッシェルへはパリから日帰り可能!

いかがでしたか?
フランスを代表する世界遺産、モンサンミッシェルの美しすぎる姿、その歴史、そしてグルメをご紹介しました。

モンサンミッシェルへは、パリから車で約5時間。パリの旅行会社で日帰りや一泊のツアーに申し込むのもオススメです。
フランスを訪れたのなら、是非とも自らの目で見てみたいモンサンミッシェル。「西洋の驚異」と謳われ、中世の巡礼者たちが命がけで目指した美しすぎる修道院を、あなたも訪れてみませんか?目の前に立てば、そこが聖地であり続ける所以を、肌で感じることができるはずです。

モンサンミッシェルへのアクセス等の情報は、記事下部にある「MEMO」よりご覧いただけます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/09/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ