国境の島、与那国島で日本で最後に沈む夕日を見よう

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

国境の島、与那国島で日本で最後に沈む夕日を見よう

国境の島、与那国島で日本で最後に沈む夕日を見よう

更新日:2013/05/10 17:30

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

島国である日本の東西南北端はすべて孤島にあるのですが、他の東南北端は政治的な理由などで民間人は到達することが出来ない島に存在しています。そんな中、ここ最西端・与那国島は唯一、公共交通機関で民間人が訪ねることが出来る島。様々な歴史や日本とは思えない絶景の数々を旅行者として、楽しむことができるのです。
そんな貴重な端っこ「西崎(いりざき)」で、日本で一番最後となってしまう夕日を見に行ってみませんか?

「日本最西端の碑」がある西崎(いりざき)とは

「日本最西端の碑」がある西崎(いりざき)とは

写真:しの

地図を見る

与那国島の西端が西崎(いりざき)です。
地元では太陽が沈むから「いりざき」で、東崎は太陽が昇るので「あがりざき」と言うそうです。

そして与那国島で西端=日本の最西端なので「日本最西端の碑」があります。
後ろには大海原が広がり、運がよければ年に数回台湾の島影を見る事ができます。

展望台や灯台、遊歩道もありますので散歩するのも気持ちいいです。

日本で最後に沈む夕日を見よう!

日本で最後に沈む夕日を見よう!

写真:しの

地図を見る

日本最西端と言う事は、日本で最後に夕日が沈むのもこちらです。

断崖絶壁に立ってみたり、日本最西端の碑の横に座ってみたりしながら思い思いの場所で「その時」を待ちます。

天候にも左右されますし、台湾の島影もあったりですが、それでも日本で最後に沈む夕日という事には間違いありません。

その他のおすすめ夕日スポット

その他のおすすめ夕日スポット

写真:しの

地図を見る

与那国島のもう一つの夕日スポットが「日本最後の夕日が見える丘」です。

こちらは位置的にはもちろん最西端の碑より東にあるのですが、「最西端の碑」のある西崎と夕日が並んで見えるスポットとして人気です。

地形の問題もあって夕日も見えやすいので、こちらの方が好きな人もいます。

与那国島に一泊しかしない場合、どちらか1ヶ所からしか見ることが見る事ができないのが残念ですが、いずれの夕日も素晴らしい思い出になりますよ。

また、こちらは「クブラバリ」に隣接していて、双方は徒歩数分で行き来できます。
「クブラバリ」とは大きな岩の割れ目です。かつて人減らしの為に妊婦を集めてこの割れ目を飛び越えさせ、転落したり、衝撃で流産したりという事が行われた場所として言い伝えが残っています。

与那国島へのアクセスと島内のアクセス

与那国島へのアクセスと島内のアクセス

写真:しの

地図を見る

与那国は石垣島からも遠く離れています。
フェリー(所要4時間)か飛行機での乗り入れとなっております。

島内ではバスはあるものの極端に本数が少ないのでレンタカーが現実的です。
「Dr.コトー診療所」のドラマのロケ地としても有名で、島の全土にロケ地が点在していますが、ドラマのように自転車でまわるのは時間のない観光客には少々厳しいです。
(車の場合、一周3時間程度でまわれます。)

絶海の孤島であり、海も大変美しいので泳ぐもよし、海底遺跡をみたり、するのもよし。
与那国島でしか製造していない花酒の蔵元を巡ったり、ドラマのロケ地を巡るのも楽しいです。
また、冬場はホエールウォッチングのメッカになっています。

日本の果ての果て、絶海の魅力あふれる孤島与那国島。
日本で最後に沈む夕日を見に与那国島へ行ってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/03/04−2012/03/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ