F1唯一のナイトレース、シンガポールGPで夏の夜を満喫しよう!

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

F1唯一のナイトレース、シンガポールGPで夏の夜を満喫しよう!

F1唯一のナイトレース、シンガポールGPで夏の夜を満喫しよう!

更新日:2015/03/23 17:31

F1のシンガポールグランプリ(以下、シンガポールGP)は毎年9月、日本のシルバーウイークの連休に開催されています。シンガポールの市街地の公道がサーキットとなり、レースの開催時間がF1で唯一夜間となっていることが大きな特徴です。真夏の夜の大きなお祭りといった雰囲気でレースからステージパフォーマンスまで、様々な楽しめるポイントが詰まっています!F1初体験にシンガポールGPを検討してはいかがですか?

半年前から準備をしよう!!

半年前から準備をしよう!!
地図を見る

みなさんの海外旅行の準備は、いつごろから始めるでしょうか?
半年先のレースのための準備を、というと少し早いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、シンガポールの国際的なイベントのひとつであるF1ですから、早く準備をするに越したことはありません。しかも、シンガポールGPの公式サイトでのチケット購入は早ければ早いほど、お得です!

すでに発売中のアーリーバードチケットは、10種類以上あるチケットのうちのいくつかの指定席の価格が10〜20%オフで購入することが出来ます。この早期購入割引は、毎年行われており、5月末までの購入が対象となります。公式サイトで購入したチケットは、日本の自宅への郵送か当日現地のカウンターでの受け取りかを選択することが出来ます。

半年前からの準備はチケットの早期購入割引以外にも、宿泊するホテルや往復の航空券の選択肢が豊富にあるという利点もあります。航空券に関しては、基本的に残席数が多いうちに購入するほうが安価なので、こちらも早いほうがお得なのは同じです。

市街地コースを満喫するウォークアバウトチケット!

市街地コースを満喫するウォークアバウトチケット!
地図を見る

シンガポールGPならではのチケットである「ウォークアバウト」。どういうものかというと、コース周辺のフィールドを移動しながら楽しむことが出来るチケットです。多くのチケットは、他の開催地と同様に指定された座席で観戦し、その指定席のランクや場所によっていくことの出来るZoneが異なりますが、プレミアウォークアバウトのチケットを購入するとすべてのZoneを行き来しながら観戦することができます。

こちらのチケットには、すべてのZoneが対象となるプレミア以外にもZone4だけを対象としたものがあり、こちらも動ける範囲は狭いものの、シンガポールのマリーナ周辺の夜景とともにレースが楽しめる場所もあります。ウォークアバウトチケットには、先に紹介した早期購入割引はありませんが、すべてのZoneを行き来することの出来る指定席のチケットよりも元々お手ごろ価格に設定されています。

ウォークアバウトのチケット保持者用に階段状になった観戦スタンドが各所にあるので、気に入った場所があればそこに場所を取り、一所にとどまって観戦することも可能です。写真のようにレースが間近なのは、なんとも言えない快感さです。F1のコースは、メインスタンド前のストレートやカーブが続くコース中盤など、場所によって見所が異なります。レースは、約2時間続くので、移動しながら自分にとってのベストビューを探してみてください!

みんなが集合するメインステージを楽しもう!!

みんなが集合するメインステージを楽しもう!!
地図を見る

巨大なスクリーンにレース状況が映し出され続けるメインステージは、どのチケットの保持者も行くことのできるZone4にあります。F1のマシンは、一瞬で通り過ぎていくので、F1に相当詳しい方でもない限り、コースを見ているだけではレースの状況は把握し切れません。各所にレースの状況を映し出すスクリーンも設置されていますが、メインステージの巨大スクリーンはとくに臨場感もあり、圧巻です。

レース中のステージ前の広場は、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりしながら、たくさんの人たちでにぎわっています。お祭りのような陽気なムードにレースを観に各国から集まった人たち、というお互い共通の話題もあり、和気藹々と話しかけたりかけられたりすることもしばしば。こういった雰囲気もシンガポールGPの魅力のひとつです。

このメインステージでは、レース前やレース終了後に世界的なアーティストによるライブパフォーマンスも行われます。メインステージのほかにも各所にイベントブースや小さいステージがありますので、それらも含めてインフォメーションでもらえるパンフレットのスケジュールは要チェックです。

レースが終わっても楽しいシンガポールGP

レースが終わっても楽しいシンガポールGP
地図を見る

日曜日の夜8時に出走する決勝後のライブイベントなどが終わり、翌朝を迎えると祭りの後の静けさといったところでしょうか。それでも、街が日常に戻るには市街地に作ったコースを解体しなければなりません。解体作業中は、車両の進入は規制されているのですが、歩行者の侵入に関しては制限されていません。

日曜日まではチケットを持っていなければ入れなかった場所も、月曜日になれば自由に出入りすることが出来ます。そして、昨日熱いレースが繰り広げられたコースを自分の足で歩くことが出来るのです!路上には、生々しいマシンのタイヤ痕が残り、昨夜の興奮が再び思い出されます。レースが終わっても、F1の思い出が増やせるのは市街地をコースにしているからこそ、です。

いくつかの注意点があります!

シンガポールGP観戦の準備からより楽しむための情報までをご紹介しました。ここでは、いくつかの注意点をお伝えします。

市街地を会場としているので、イベントの会場となっている場所と周辺の交通は変更されている場合があります。とくにチケットごとに入場ゲートが決まっており、それぞれを行き来は時間がかかるので、入場ゲートとそのアクセスはしっかりと確認しておきましょう。

シンガポールGPの会場内への飲食物の持ち込みは禁止されています。飲食物は、会場内の飲食店や屋台で購入することになります。ちなみにシンガポールでは夜間の公共の場での飲酒の規制が開始されましたが、夜10時以降の制限なので決勝レースの終了時刻まではこの規制にかかりません。また、メインステージ前の広場には立食のためのテーブルも多少用意されていますが、ステージ後方になるので、レジャーシートを持っていくと便利です。

世界各国からたくさんの人が観戦に来ています。会場内はとくに混雑する場所もあるので、荷物の管理などの防犯の意識はきちんと持って、安全に観戦を楽しみましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/21−2014/09/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -