奥飛騨温泉郷、平湯温泉の「岡田旅館 和楽亭」で贅沢三昧

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

奥飛騨温泉郷、平湯温泉の「岡田旅館 和楽亭」で贅沢三昧

奥飛騨温泉郷、平湯温泉の「岡田旅館 和楽亭」で贅沢三昧

更新日:2015/04/06 18:56

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

北アルプスの麓、標高3000メートル級の山々に囲まれた岐阜県、奥飛騨温泉郷。ここにある5つの温泉地のなかで最も歴史が古く、武田信玄が発見したといわれているのが平湯温泉。ほんのりと硫黄の香りが漂う温泉街のメインストリートに面して建つのが「岡田旅館」です。

古民家の離れでワンランクの上のくつろぎを体感

古民家の離れでワンランクの上のくつろぎを体感

写真:二宮 うらら

地図を見る

最近、ホテル・イン・ホテルという言葉をよく聞きます。ホテルのなかに開設するもうひとつのホテル、というような意味合いで、一般の客室とは異なるハイグレードな客室を備えたフロアや専用のラウンジなどを備えているのが特徴です。
「岡田旅館 和楽亭」は、まさにホテル・イン・ホテルの旅館版。

本館「岡田旅館」と渡り廊下で繋がる「和楽亭」は、築150年の古民家を郡上八幡(岐阜県)より移築した離れ。ビルディングの本館とは異なる、奥飛騨らしいしっとり落ち着いた雰囲気が漂います。
「和楽亭」に入って、まずゲストを迎えるのが囲炉裡処。太い梁や年季の入った自在鉤など、情緒たっぷりです。

囲炉裏端で味わう飛騨牛や富山の鮮魚といった山海の美味

囲炉裏端で味わう飛騨牛や富山の鮮魚といった山海の美味

写真:二宮 うらら

地図を見る

冬には深い雪に覆われる奥飛騨。そんな土地柄から、遠来の客は囲炉裏端に招き入れ、ご馳走を振るまうのが習わしだったといわれています。「岡田旅館 和楽亭」では、昔日の風習に倣って、囲炉裏のある食事処で夕食をいただきます。
囲炉裏では五平餅やイワナが香ばしく焼かれ郷愁を誘います。

そして写真は夕食の一部。どぶろくの食前酒、アマゴの南蛮漬けや鴨ロースが並ぶ彩り豊かな前菜、富山から直送されるキトキトの魚のお造りなど。そして極めつけはA4等級飛騨牛3種セット。炭火で熱した陶板で、ヒレ、ロース、肩ロースの食べ比べが楽しめます。
料理の内容は、季節や宿泊プランによって異なりますが、贅沢な土地の美味がふんだんに味わえます。

源泉かけ流しの庭園露天風呂が雰囲気抜群!!

源泉かけ流しの庭園露天風呂が雰囲気抜群!!

写真:二宮 うらら

地図を見る

「岡田旅館 和楽亭」には、露天風呂付き客室や貸切露天風呂がありますが、景色がよくて開放的なのは、なんといっても本館の大浴場にある庭園露天風呂。山からの冷気を顔に感じながら入る、源泉掛け流しの湯は本当に気持ちいいですよ!
滞在中は稜線が金色に染まる夕暮れ時、月明かりのなかで、そして山々が神々しく輝く朝にと、繰り返し湯浴みを楽しんでください。

一年を通して、素晴らしい眺望が望めますが特に冬期は、湯船の上に設えた東屋風の屋根の上に雪がこんもり積もり、その向こうには白く冠雪した山々が連なり、「これぞ雪見温泉!!」といった景色に出会うことができます。奥には1〜2人で入れる釜の形をした湯船もあり、ここからの景色も素敵です。

大浴場の内湯は吹き抜けで開放的

大浴場の内湯は吹き抜けで開放的

写真:二宮 うらら

地図を見る

内湯の方もゆったりしていて、天井が吹き抜けになっています。柱や浴槽に高野槙(こうやまき)や赤御影石を使った、贅沢感のあるお風呂です。ジャグジー風呂、ジェット風呂、うたせ湯などもあり、旅の疲れを癒してくれます。
湯上がりどころでは、奥飛騨のおいしい湧水が飲めます。

客室の内湯と露天風呂も源泉かけ流し

客室の内湯と露天風呂も源泉かけ流し

写真:二宮 うらら

地図を見る

最後に「岡田旅館 和楽亭」の客室露天風呂をご紹介します。和楽亭の客室は全部で10室。それぞれ二間続きの純和風の部屋に、専用の露天風呂と内風呂が付き、そこに注がれる湯も源泉かけ流しです。
何度も出たり入ったりしながら、ゆったり温泉に浸かるなら、客室のお風呂はやっぱり魅力的ですね。
この他にも和楽亭のなかには、貸切露天風呂もありますから、さまざまなシチュエーションのお風呂で、温泉三昧の時間を過ごせます。

名物の温泉卵、茅葺屋根の民族館など人気スポットが豊富

平湯温泉では、温泉街のなかを散策するのも楽しいです。地酒や天然湯の花を売るお土産物やさん「つるや商店」では、店先で名物の温泉卵「はんたい玉子」が味わえます。黄身がかたく、白身が半熟。温泉成分でほんのり塩味の玉子が人気です。

また、江戸時代に建てられた茅葺の民家が再生した「平湯民俗館」では、日本昔話の民話のなかに迷いこんだような気分に。露天風呂「平湯の湯」も併設されています。平湯温泉の周りには、平湯大滝や自然散策路もたくさんあり、観光スポットも豊富。「岡田旅館 和楽亭」をベースに、ゆったり滞在してみてはいかがでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/25−2014/02/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ