楽しさ満載水族園!セントーサ島「マリン・ライフ・パーク」はこんなにスゴイ!

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

楽しさ満載水族園!セントーサ島「マリン・ライフ・パーク」はこんなにスゴイ!

楽しさ満載水族園!セントーサ島「マリン・ライフ・パーク」はこんなにスゴイ!

更新日:2015/03/22 18:20

吉川 なおのプロフィール写真 吉川 なお 台湾在住ライター、元旅行会社勤務の旅行マニア

シンガポールの南に位置するセントーサ島は、注目の施設が目白押しのアドベンチャーアイランド。リゾート・ワールド・セントーサにある「マリン・ライフ・パーク」はプールと水族館が一緒になった新しいスタイルの水族園で、いまシンガポールで最も話題になっている人気スポットです。
プールで水に親しみ、水族館で海洋生物に親しむ。子供も大人ももう夢中です♪

2層構造の海洋テーマパーク

2層構造の海洋テーマパーク

写真:吉川 なお

地図を見る

「マリン・ライフ・パーク」は海洋をテーマにした大型施設。地上は『アドベンチャー・コープ・ウォーター・パーク』というプール、地下は世界最大の水槽を持つ水族館『シー・アクアリウム』という2層構造になっています。プールと水族館が上下にあるなんてすごくないですか?

この2つの施設は別運営で、入場料も別々。水に入って楽しむパークと水の外から楽しむパークの2つが合体した新しいスタイルの水族園です。

『シー・アクアリウム』の巨大水槽に釘づけ!

『シー・アクアリウム』の巨大水槽に釘づけ!

写真:吉川 なお

地図を見る

『シー・アクアリウム』に生息する生物の種類はなんと800種以上でその数約10万匹。全部の水槽の総水量は6000万リットル以上あり、世界一の規模を誇ります。南アジアの近海からペルシア湾にかけて生息する海洋生物がエリア別に展示されており、その規模と泳ぐ魚の数に圧倒されます。

中でも一番の見どころは、幅36m、高さ8.3mもある大パノラマ水槽「オープン・オーシャン」です。
巨大なマンタが小魚を従えてゆったりと舞い、姿形が異なるさまざまな魚がマイペースで泳ぎ、魚の大群が豪快に周回する、そんな魚たちの自然の生態が目に迫るような大画面でじっくり鑑賞できます。しばらく眺めていると、まるで自分も海の中にいるような、そんな不思議な感覚に陥ります。

巨大サメが集結!

巨大サメが集結!

写真:吉川 なお

地図を見る

もうひとつ圧巻なのは「シャーク・シー」ゾーン。15種類ものサメが大きな水槽の中で行き交っています。

獰猛なイメージの大きなサメが無心に旋回する様子は、水槽の外から見ていても恐ろしく、これほど大量のサメをいっぺんに見る機会はそうないでしょう。
水槽は頭上にかぶさるように180度に設計され、下から見上げることもできます。正面から見る姿とは違って、ここから見る魚影は飛行機のよう。少しかわいくもあり、新たな発見もあります。

熱帯魚に癒やされる!

熱帯魚に癒やされる!

写真:吉川 なお

地図を見る

ここにいるのは巨大な魚ばかりではありません。「南シナ海」ゾーンでは、カラフルな色をした小さなトロピカルフィシュが優雅に泳いでいて、見ていると心が癒やされます。

その向いの「コーラル・ガーデン」ゾーンでは、マラッカ海峡やマレー半島近海の海洋生物に出会えます。8mの円柱形の水槽の中で、大きなウツボが身動ぎせず身を潜めています。

「オーシャン・ジャーニー」ゾーンはクラゲの世界。さまざまな姿をした大小のクラゲがライトアップされた水槽の中で妖しく光っています。

水の楽園『アドベンチャー・コープ・ウォーター・パーク』

水の楽園『アドベンチャー・コープ・ウォーター・パーク』

写真:吉川 なお

地図を見る

地上にある『アドベンチャー・コープ・ウォーター・パーク』も気になりますね。ここはまさにプールで遊びたいもの全てが揃っている楽園のよう。

15分ごとに大きな波がくる「ブルーウォーター・ベイ」、全長620mの流れるプール「アドベンチャー・リバー」、巨大なバケツから大量の水が降ってくる「ビッグ・ツリー・バケット」などの他に、6種類ものスリルあふれるウォータースライダーがあります。

約2万匹の熱帯魚とシュノーケリングで一緒に泳ぐことができる「レインボー・リーフ」は水族園ならでは。このように趣向を凝らしたプールが満載で、子供のみならず大人も童心にかえってはしゃげます。

誰もが楽しめるワンダーランド

海の楽しさがぎゅっと詰まった水族園「マリン・ライフ・パーク」は、子供も大人も誰もがみんな夢中になってしまうワンダーランド。
常夏のシンガポールでプールと水族館、オススメです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ