ベトナム・ニャチャンビーチで1日過ごす!南国の雰囲気たっぷり!

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ベトナム・ニャチャンビーチで1日過ごす!南国の雰囲気たっぷり!

ベトナム・ニャチャンビーチで1日過ごす!南国の雰囲気たっぷり!

更新日:2015/03/23 16:49

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナム中南部に位置するニャチャン。欧米人にはお馴染みのビーチエリアですが、近年は徐々に日本人の間でも認知度が上がってきている様子です。ニャチャンの見所といえば、間違いなく「青く透き通ったビーチ」です。清潔な砂浜を散歩し、チェアに寝そべり、ココナッツを飲みながら日光浴。そしてアクティビティも見逃せません。1日過ごせるニャチャンビーチを紹介します。

5kmに渡って続く砂浜。おすすめスポットは劇場前

5kmに渡って続く砂浜。おすすめスポットは劇場前

写真:古川 悠紀

地図を見る

チャンフー(Tran Phu)通り沿いに広がるニャチャンビーチは、5km以上続きます。場所によっては人気がなく物寂しい印象も。

おすすめは市民劇場前。幅広い遊歩道が設けられ、砂浜周辺は公園になっています。周辺はホテルも並び、ナイトマーケット、レストラン、ツアーデスクもあります。

この界隈に滞在されている方であれば、徒歩でビーチに向かうことができます。

デッキチェアを借りれば1日過ごせます

デッキチェアを借りれば1日過ごせます

写真:古川 悠紀

地図を見る

ニャチャンビーチはリゾート化されているので、海水浴客はほぼ外国人。ベトナム人はあまり見かけません。そんなビーチを1日満喫するためには、まずはデッキチェアをレンタルするところから。

パラソル付のデッキチェアは、1日4万ドンと安く借りることができます。そのまま海水浴を楽しんでもいいのですが、チェアに寝そべって日光浴をしたり、読書に耽ったりして過ごすと、より南国気分を味わえます!

時折ノンラー(三角帽子)を被ったおばちゃんが寄ってきて、「マッサージどお?」と訊ねてきます。こちらもまたベトナムらしくておすすめです。

南国気分を味わいたいなら、南国グルメを食すべき!

南国気分を味わいたいなら、南国グルメを食すべき!

写真:古川 悠紀

地図を見る

せっかくビーチリゾートに来たのです。日本では味わえない南国の気分に、できるだけ浸りたいところです。

デッキチェアや砂浜に座っていると、必ず売り子がやってきます。無碍にあしらわずに商品を物色してみてください。また、香ばしい匂いに釣られたら、声を出して売り子を呼ぶのも。

ココナッツ、エビ、カニ、果物など南国を代表する食べ物を楽しむことができます。

マリンスポーツを体験!おすすめはパラセーリング

マリンスポーツを体験!おすすめはパラセーリング

写真:古川 悠紀

地図を見る

ニャチャンビーチではマリンスポーツを楽しむこともできます。参加方法は、ビーチ沿いに建つツアーデスクから申し込むか、現場で交渉するかです。

ニャチャンビーチで主に体験できるのは、「シュノーケリング」、「ジェットスキー」、「パラセーリング」となります。料金も日本と比べるとリーズナブルなので、ベトナムの地で初体験をしてみてはいかがでしょうか。

ビーチを独占!プライベートビーチで最高の時間を!

ビーチを独占!プライベートビーチで最高の時間を!

写真:古川 悠紀

地図を見る

どこまでも続く砂浜ですが、宿泊施設やレストランが管理しているエリアもあります。そのエリアでは宿泊(利用)客のみが敷地に入ることができます。ほとんど海水浴客はいないので、ビーチを独占することができます。

また、チャンフー通りをさらに北上した、チャンフー橋手前のエリアも人がいないので、プライベートビーチ感覚で楽しむことができます。

レストランでは「ニャチャン・セイリングクラブ」、もしくは「ルイジアナ・ブリュ―ハウス」が看板を砂浜に立てて、その区画を所有しています。どちらもレストランバーなので雰囲気も抜群。カクテルを揺らしながら、夜の海も楽しんでください。

おわりに

もともとロシア人の避寒地として人気があったエリアですが、現在では世界中から多くの観光客が押し寄せてきています。ホーチミンから空路で1時間なので、双方の都市を観光することもできます。是非、ベトナム随一のビーチエリアを楽しんでください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ