中国秘境「シャングリラ」チベット料理と幻のクラフトビールで乾杯!

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

中国秘境「シャングリラ」チベット料理と幻のクラフトビールで乾杯!

中国秘境「シャングリラ」チベット料理と幻のクラフトビールで乾杯!

更新日:2015/03/28 14:59

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

きらめく太陽と突き抜ける青い空の下、穏やかなチベット族が暮らす中国雲南省の秘境「シャングリラ(香格里拉)」から、とってもおいしいチベット料理をご紹介!ヤクのミルクやチベット料理の大定番「モモ」に「バター茶」「ヨーグルトご飯」、そしてレアなクラフトビールまで、珍しい料理が盛りだくさん!

ビザがなくてもチベット仏教に料理に文化を味わえる「シャングリラ」で、グルメな旅を満喫しましょう!

おばあゃんの手作り「ヤクヨーグルト」は乳酸菌が生きている?

おばあゃんの手作り「ヤクヨーグルト」は乳酸菌が生きている?

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

ひづめの辺りまで長い毛に覆われた標高3,000メートル以上の高地に生息するヤクは、チベット文化圏でよく飼育されている牛の仲間です。チベットで乳製品といえば、このヤクからとれるミルクで作るのが主流。シャングリラのヨーグルトも、もちろんヤクのミルクから作られています。

四方街や亀山公園前の月光広場では、朝から笑顔のすてきなチベット族のおばあゃんが、バケツいっぱいに作ったヤクのヨーグルトを売っています。コップに山盛りのヨーグルトに、たっぷりグラニュー糖をかけていただくヤクヨーグルト。独特の風味と酸っぱさが癖になります。

チベット風バーベキューは、唐辛子がたくさんかかったピリ辛味

チベット風バーベキューは、唐辛子がたくさんかかったピリ辛味

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

万国共通の食べ物といえば、バーベキュー。串に刺した肉や野菜を炭火で焼く屋台は、どこの街でも見かけられます。シャングリラでも、たくさんの野菜と肉などのバーベキューを売る屋台が、四方街に店を広げます。お昼頃になれば、辺り一面にお肉が焼ける香ばしい香りが充満し、観光客の足をくぎ付けにします。

シャングリラのバーベキューは、びっくりするほど唐辛子を振り掛けたピリ辛仕立て。身体の芯から冷えるほど厳しいシャングリラの冬には、おなかからポクポクと温まる唐辛子が最適なのかもしれませんね。

チベット料理の大定番「モモ」に「バター茶」をまずはどうぞ

チベット料理の大定番「モモ」に「バター茶」をまずはどうぞ

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

チベット料理といえば、真っ先に思い付くのは「モモ」に「バター茶」ですね。かわいい名前の「モモ」は、チベット風の餃子です。皮が厚くピリ辛のチリソースをつけて食べるのが特徴で、具は野菜にマトンやヤクのお肉を使用します。そして忘れてならないのが「バター茶」です。ヤクバターにお茶、麦やくるみの粉と塩などで味を整えた「バター茶」は、お茶というよりもコーンスープに近い味わい。チベットの人々は、朝起きてから夜寝るまで何杯ものバター茶を飲むそうです。

旧市街の中心地ともいえる四方街の2階に位置するレストラン「嗦呀啦藏餐厅」では、チベット伝統料理がリーズナブルにいただけます。夜には四方街で盆踊りのようなダンスタイムが開催されるので、窓際を確保してチベット料理とダンスの両方を楽しんでください。

■嗦呀啦藏餐厅
住所:中国シャングリラ県古城四方街一号
四方街広場にあるお土産屋さんの2階

驚きの美味しさ!「ヨーグルトご飯」にチベット料理の奥深さを見た

驚きの美味しさ!「ヨーグルトご飯」にチベット料理の奥深さを見た

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

嗦呀啦藏餐厅を訪れたら、ぜひチャレンジしていただきたいのが「酸乳飯」または「酸奶米飯」と書かれた「ヨーグルトご飯」。単純にご飯の上にヤクのヨーグルトをかけただけの料理です。チベットの人々の間では、このご飯に砂糖をかけていただくのが定番なのだそうです。

日本では慣れない料理なので最初は抵抗感がありますが、ひと口、ふた口と食べていると、トマトを感じさせるヨーグルトの酸味が後を引きます。チベット料理のおかずとの相性も抜群な「ヨーグルトご飯」は、口に合う、合わないに関わらず、試してみないと後悔する1品です!

■嗦呀啦藏餐厅
住所:中国シャングリラ県古城四方街一号
四方街広場にあるお土産屋さんの2階

見つけたら絶対チャレンジを!「シャングリラ・クラフトビール」

見つけたら絶対チャレンジを!「シャングリラ・クラフトビール」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

恐らくシャングリラの旧市街でしか購入できない「シャングリラ・クラフトビール」は、ビール好きにとっては幻ともいえる存在でしょう。ヨーロッパ人のオーナーが夏の間だけ醸造するビールは、売り切れたら翌年まで待たないと飲めません。

ペール・エールに黒ビールなど4種類の個性的なビールは、ラベルもまた個性的。旧市街のレストランを探し歩くだけの価値があります!

中国雲南省の「シャングリラ」は自然に文化に見所が盛りだくさん!

日本から遥か遠く雲南省にある、地上の楽園「シャングリラ」。今回はチベット料理の数々をご紹介しましたが、観光スポットも負けてはいません。チベット仏教寺院や、世界遺産の大自然など、日本では味わえない魅力がまだまだたくさんある「シャングリラ」は、一度訪れたらハマること間違いなし!の楽園ですよ!

■香格里拉(シャングリラ)へのアクセス
バス:麗江バスターミナルより、7時台から17時台まで約40分おきに運行、4〜5時間。アップダウンとカーブが多く、また標高も高くなるため、酔い止め薬の持参をお薦めします。
飛行機:昆明および中国各地より

*標高が低い地域から標高3,000メートル以上となるシャングリラへ飛行機などで高速に移動すると、高山病になる可能性があります。時間的に余裕があれば、標高2,400メートル以上となる麗江などで体を慣らしてから、飛行機やバスで移動した方が体の負担は少ないでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/24−2013/11/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -