お江戸最強パワスポ!門前仲町で秘法護摩祈祷にハイテク閻魔

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お江戸最強パワスポ!門前仲町で秘法護摩祈祷にハイテク閻魔

お江戸最強パワスポ!門前仲町で秘法護摩祈祷にハイテク閻魔

更新日:2017/04/03 19:25

あおい 猫空のプロフィール写真 あおい 猫空

江戸時代から賑わっていた深川・門前仲町。寺や神社が創建され江戸庶民の信仰を集める聖なる地として発展してきました。現在でもご利益たっぷりのスポットがたくさん。

真言密教の秘宝・護摩焚きに、龍神様。魔除けと封じをしてくれるお顔真っ赤のえんま大王に深川七福神、都内最大級の八幡様・富岡八幡宮など勢揃い!!

煩悩を清らかな願いへと導き叶えてくれるパワースポット門仲で願いを叶えてみませんか?

龍神の許に願いが届く「深川龍神願い札」

龍神の許に願いが届く「深川龍神願い札」

写真:あおい 猫空

地図を見る

千葉県にある関東でも有数の著名なお寺の一つ、成田山新勝寺。「成田山」と呼ばれ、地元の人から大変親しまれているお寺です。深川不動は弘法大師空海ゆかりのこの成田山の東京の別院になります。

江戸庶民から「深川のお不動様」と慕われ、ご本尊の不動明王を成田山新勝寺から運び出開帳(公開)した時は多くの江戸っ子が押し寄せ賑わったと言われています。

この不動様にはいくつかのお願い事を叶えてくれるスポットがあります。

まずは境内を入ってすぐ左横にある深川龍神。置かれている「龍神願い札」に「お願いごと」と「名前」を記載して水に浮かべ祈願すると、札が水に溶けるとともに、その願いは龍神の許に届くと言われています。
古来から水を司る神として崇められている霊験あらたかな龍神様が、届けられた願いを聞き入れてくれるそうです。

全てのお参りの前に、龍神様の前の、手水舎で手を洗い口をすすいで身を清めるのを忘れないでください。

「深川不動堂」で秘法「護摩祈祷」不動明王パワーを浴びる!

「深川不動堂」で秘法「護摩祈祷」不動明王パワーを浴びる!

写真:あおい 猫空

地図を見る

剣を持ち、炎を背負い、厳しい表情で旧本堂に鎮座する「お願い不動尊」。ご本尊ではありませんが、立ち上がると1丈8尺(約5m50cm)もあると言われている大きさで、みなぎるパワーを感じます。

不動尊(不動明王)とは悪魔を伏せ、煩悩を断ち切り、力で人々を導くと言われている猛々しい仏様です。心を入れ替えて精進するものには、やさしい慈悲の心で救済の手を差し伸べてくれると言われています。

深川不動尊では誰でもお堂の中に入れます(※お堂内は撮影禁止)。旧本堂の前でまず、ご挨拶をしたら、靴を脱いでお堂の中に入り、「お願い不動尊」の目前まで伺うことができます。

日曜・祝日・ご縁日(毎月1日、15日、28日)の日には「おねがい不動尊願い札の祈願法楽」が行われ、法楽後にはお不動様へ直に触れることも可能です。

また、深川不動堂では通常、毎日9時、11時、13時、15時、17時(お正月期間や日にちによって回数が増える日もあります)の1日5回、ご本尊不動明王のご宝前で護摩祈祷がおこなわれており、どなたでも参加できます。

真言密教の秘法と言われる護摩は各個人がいだいている願いを不動明王の力で、煩悩から清らかな願いへと高めて成就させてくれると言われています。

祈祷料は3千円から受け付け可能で祈祷終了後に御札をいただけます。お札に入れられる願い事は基本的に一つですが、2万円以上の護摩札は2つまで記載が可能など、金額やお願いごとの種類により細かく決まりがあります。指定した日にお願いをしてもらえる「1日祈願」なども。


ご本尊の前に佇み『赤く揺らめく炎』を見つめながら、『鳴り響く読経』『ホラ貝の音』の圧倒的な大音量に包まれ、まるで大迫力のライブに来たよう!!日常では感じることのできない不思議な感覚がわき起こります!まさにトランス状態?!

改めて仏教のパワーを感じ、身も清められ、明日から新しい自分に生まれ変わり、何事に前向きに取り組む力をもらえます。

毎月1・15・28日は露天で賑わう「深川縁日」

毎月1・15・28日は露天で賑わう「深川縁日」

写真:あおい 猫空

地図を見る

毎月1日、15日、28日は近くの富岡八幡宮の縁日。昼過ぎには最寄り駅の門前仲町の交差点から、深川不動堂の参道、富岡八幡宮まで露天が並びます。富岡八幡宮の境内では骨董市も開催。

「たこ焼き」や「カルメ焼き」「わた菓子」などの昔ながらの懐かしいものから、「チジミ」や「餃子」、「鉢植え」の花など出店が。

下町の夏祭りのような楽しい雰囲気が1年を通して味わえますので、縁日に合わせて訪れるとより充実した参拝になりそうです。

「深川七福神巡り」でご利益ゲット!!

「深川七福神巡り」でご利益ゲット!!

写真:あおい 猫空

地図を見る

江戸発祥の文化と言われている七福神巡り。恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁財天・布袋尊・寿老人・福禄寿の七柱の神様を巡ります。それぞれの神様にご利益があるのでたくさんのご利益が一度に手に入るかも。

現在では初詣の代わりに、お正月に行うのが大人気ですが、実は一年を通していつ巡っても良く、お参りする順番も関係ないそうです。いつでも気が向いた時や、最近ついてないなぁと感じた時に巡ってみるのも良いかもしれません。

(※御朱印がいただけるのはご開帳期間の毎年元日から1月15日の午前8時から午後5時までとなっています)

深川七福神巡りは恵比須神を祀る門前仲町の富岡八幡宮から寿老神を祀る森下の深川神明宮まで三つの神社と四つのお寺を巡る約2時間のコースです。

・富岡八幡宮……恵美須神(福徳:愛敬)
・冬木弁天堂……弁財天 (福徳:芸道富有)
・心行寺…………福禄寿 (福徳:人望福徳)
・円珠院…………大黒天 (福徳:有福蓄財)
・龍光院…………毘沙門天(福徳:勇気授福)
・深川稲荷神社…布袋尊 (福徳:清廉度量)
・深川神明宮……寿老神 (福徳:延命長寿)

真っ赤なお顔のハイテク閻魔様が説法「深川ゑんま堂」

真っ赤なお顔のハイテク閻魔様が説法「深川ゑんま堂」

写真:あおい 猫空

地図を見る

深川ゑんま堂の名で呼ばれる法乗院ゑんま堂。江戸の初期に創建され、本山は季節毎に美しい花々が咲き誇る花の御寺として名高い奈良の長谷寺です。

こちらのお寺の最大の特色は日本最大級の閻魔大王座像。清洲通りに面した、こじんまりした境内の左奥の階段を上ると、お堂の中にはガラス越しに全身真っ赤で、力強い視線でこちらを睨むゑんま様が!
その姿は子供の頃、昔話で読んだような想像通りのイメージです。

ガラスを手で開けると19種類のお願い事に分かれた金色の筒のような穴(?!)が。そこにお賽銭を入れると、ゑんま様の背景に光がゆらめき、ありがたい仏様の説法が聞こえてきます!今時のハイテクな閻魔様!

下町の老舗グルメも満喫しながらパワーをゲット!!

深川不動堂の参道や、門前仲町の商店街、奥に入った路地には、様々な名店が軒を連ねているのでランチやお土産選びも迷いそうです。

不動堂の目の前、永代通りを渡り一本入った路地にも飲食店がたくさんありますのでお気に入りのお店をぜひ見つけて行ってください。

ちょっと生活に疲れた時や、叶えたい願い事がある時、深川・門前仲町にぜひ訪れてみてください。身を清め、パワーをもらい、美味しいランチに癒され、明日からの活力を養ってくれるエリアです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/01−2015/04/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ