少数民族の宿に泊まる!中国雲南省「虎跳峡」おすすめ宿4選

| 中国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

少数民族の宿に泊まる!中国雲南省「虎跳峡」おすすめ宿4選

少数民族の宿に泊まる!中国雲南省「虎跳峡」おすすめ宿4選

更新日:2015/03/28 14:57

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

中国雲南省、世界遺産の古都「麗江古城」から約60キロメートルに位置する「虎跳峡」。長江の源流となる金沙江の川幅が急激に狭まり、岩を打ち砕くほどの激流と、世界でも有数の峡谷が見所です。

今回は「虎跳峡」周辺の村で少数民族ナシ族が営む、お薦めの宿をご紹介します。「虎跳峡」でトレッキングを楽しみながら、ナシ族の人々の優しさと郷土料理をいただきましょう。

中国雲南省の世界遺産「虎跳峡」に少数民族の村を訪ねて

中国雲南省の世界遺産「虎跳峡」に少数民族の村を訪ねて

提供元:遠藤隆尚

地図を見る

「虎跳峡」は中国の広大な世界自然遺産「雲南保護地域の三江併流群」の登録範囲に含まれる地域です。標高5,000メートル級の哈巴雪山と玉龍雪山の間に位置し、谷底に流れる金沙江はこの地域だけ川幅が狭く激流へと変化し「虎跳峡」と呼ばれています。

非常に厳しい自然環境の「虎跳峡」ですが、周辺には少数民族のナシ族の村が点々としています。かつて中国南西部からチベットにかけて、3,000キロメートルにも及ぶ茶馬古道があり、「虎跳峡」周辺の村の人々も茶葉を運ぶ仕事を担ってきました。1993年以降この周辺地域が外国人に解放されると、茶間古道は美しい景観が楽しめるトレッキングルートとして、外国人観光客や中国各地から多くの人が訪れるようになります。

中国とチベットの茶の交易を担ってきたナシ族の人々は、今も田畑を耕したり馬や山羊を放牧する一方で、トレッキングを楽しむ人々を相手に、ゲストハウスや売店などを始めました。
今回ご紹介する宿はナシ族の村人達が営む、かつての茶馬古道沿いのゲストハウスです。

*トレッキングの詳細はMEMOの「[たびねす]中国雲南省の自然遺産を歩いて楽しむ「虎跳峡」トレッキング」を参照してください。

無料のハーブティが嬉しい「ナシファミリー・ゲストハウス」

無料のハーブティが嬉しい「ナシファミリー・ゲストハウス」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

橋頭側からトレッキングを開始した場合、最初にたどり着くのがここ「ナシファミリー・ゲストハウス」です。中庭にはさまざまな花が咲きほころび、ナシ族伝統の家屋の屋根の上からは玉龍雪山の峰々が、顔を覗かせています。「ナシファミリー・ゲストハウス」は一番最初の休憩ポイントで、多くの人が立ち寄り身体を休めます。特にお昼ともなると、あっという間に中庭のテーブルは人で埋め尽くされます。

嬉しいのが無料でいただけるハーブティ。乾燥した茶葉に新鮮なミントを加えたハーブティは、身体にスーッと入ってきます。ナシ族のスタッフが作るおいしいご飯を食べて、この先の難所に備えてエネルギーをチャージしてください。

■「ナシファミリー・ゲストハウス(Naxi Family Guesthouse、納西雅閣客棧)」
住所: 雲南省香格里拉縣虎跳峽鎮長勝村

トレッキングの中間地点に位置する「ティホース・ゲストハウス」

トレッキングの中間地点に位置する「ティホース・ゲストハウス」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

「虎跳峡」トレッキングを1泊2日で走破する場合によく利用されるのが、おおよそ中間地点に位置する「ティホース・ゲストハウス」です。ナシ族の伝統的な家屋に、素朴で温かいスタッフが迎えてくれる宿は人気が高く、常に賑わっています。シャワー・トイレ付きの部屋と、シャワー・トイレ別の部屋が用意されています。シャワーとトイレが建物から少し離れた位置にあるため、日が暮れる前にシャワーを済ませておきたいところです。ナシ族の家族が作る食事はどれを食べても美味しく、評判がよいゲストハウスです。

更に「ティホース・ゲストハウス」から「虎跳峡」の上虎跳へ下るトレッキングルートなども整備されています。ここに数泊してもよいですし、午前中に上虎跳トレッキングを楽しんだ後、次の宿に移動してもよいでしょう。

■「ティホース・ゲストハウス(Tea Horse Guesthouse、茶馬客棧 )」
住所:雲南省香格里拉縣虎跳峽鎮永勝村

天下第一厠で有名な「ハーフウェイ・ゲストハウス」

天下第一厠で有名な「ハーフウェイ・ゲストハウス」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

「虎跳峡」トレッキングルートに点在する宿の中で「ハーフウェイ・ゲストハウス」を有名にしたのは、玉龍雪山の絶景が見渡せるテラスと天下第一厠の存在です。建物の上に作らてたテラスから眺める景色はすばらしく、景色を眺めながら少し甘いコーヒーを飲めば、体に溜まった疲れが一気に解消されます。

また「ハーフウェイ・ゲストハウス」に立ち寄ったら、忘れずにトイレに行きましょう。トイレの扉を開けると、なぜか目の前にはテラスに劣らず美しい景色が広がっています。なんと、トイレ奥の壁面が腰から上の部分がぽっかりと空いていて、トイレから外の景色が見えるようになっています。美しい景色がトイレから望める、これが「天下第一厠」たる由縁です。

■「ハーフウェイ・ゲストハウス(Halfway Guesthouse、虎跳峡中途客栈)」
住所:香格里拉縣永胜本地灣

中虎跳の玄関口「ティナズ・ゲストハウス」

中虎跳の玄関口「ティナズ・ゲストハウス」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

ユースホステル協会に属する「ティナズ・ゲストハウス」は、橋頭から中虎跳までの総延長24キロメートルのトレッキングルートの発着地点として、また麗江にある老謝車馬店ユースホステルと「ティナズ・ゲストハウス」間で、1日1便直通バスの運行を取り仕切る、虎跳峡周辺の宿で最大規模のユースホステルです。更に「虎跳峡」の川岸、中虎跳まで歩く片道約1〜2時間のトレッキングルートもあることから、1泊2日トレッキングツアーの宿としても利用されています。

部屋はドミトリールームと、バス・トイレ付きのホテル並の個室があり、温水シャワーもついています。レストランのメニューも豊富で、新鮮な野菜を使った野菜炒めがお薦めです。

■「ティナズ・ゲストハウス(Tina’s Guest House、中峡国际青年旅舍)」
住所:香格里拉縣虎跳風景区(中虎跳)
*詳細はMEMOの「中峡国際ユースホステル(日本語)」サイトのアスセス情報を確認してください。
*中虎跳の詳細はMEMOの「[たびねす]ダイナミック中国!雲南省の世界遺産「虎跳峡」に自然のパワーを感じよ!」を参照してください。

雄大な自然が広がる「虎跳峡」をゆっくりと旅して

山の中の小さなゲストハウスは豪華な設備もなく簡素ですが、穏やかなナシ族の人々が営む素朴でいて落ち着く宿ばかりです。今回ご紹介した宿をベースに「虎跳峡」でのトレッキングと、美しい自然、そしてナシ族の美味しいご飯をお楽しみください。

■橋頭へのアクセス
麗江バスターミナル:シャングリラ(香格里拉)行きに乗車し橋頭で途中下車。7時〜17時台まで約40分おきに運行、2〜3時間。
*シャングリラから橋頭へのアクセスは、シャングリラバスターミナルから乗車します。運行時間及び所要時間は、麗江から出発する場合と同じです。

■中虎跳へのアクセス
麗江より1日1便7時30発の虎跳峡行きの直通バス有り。約3時間。
*予約方法およびその他のアクセス方法は、詳細はMEMOの「中峡国際ユースホステル(日本語)」サイトのアスセス情報を確認してください。

*麗江〜シャングリラ間はアップダウンとカーブが多く、標高も高くなるため、酔い止め薬の持参をお薦めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/28−2013/11/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ