第一滝本館の姉妹館「滝本イン」で登別温泉をお得に満喫!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

第一滝本館の姉妹館「滝本イン」で登別温泉をお得に満喫!

第一滝本館の姉妹館「滝本イン」で登別温泉をお得に満喫!

更新日:2015/03/27 17:02

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

第一滝本館は登別温泉(北海道登別市)元祖の老舗で、大浴場「温泉天国」は7源泉5種類の泉質をかけ流しで堪能出来る、温泉天国の名前通りの素晴らしさです。

姉妹館「滝本イン」は敷居が低い料金が魅力で、第一滝本館の「温泉天国」も利用可能。温泉天国の入浴料は2,000円ですから、手頃な宿泊料が一層お得に感じます。

断然おすすめの穴場な宿、登別温泉「滝本イン」を紹介します!

登別温泉「滝本イン」は、第一滝本館の前にあります

登別温泉「滝本イン」は、第一滝本館の前にあります

写真:藤田 聡

地図を見る

登別温泉を代表する老舗旅館「第一滝本館」の姉妹館「滝本イン」は、第一滝本館の目の前にあります。
写真は第一滝本館の全景ですが、右下の白いビルが「滝本イン」で、本当に目の前です。

チェックインして浴衣と羽織に着替えて、向かいの第一滝本館に行けば、第一滝本館の宿泊客の気分で、滞在をお得に満喫出来るのです。

登別温泉「滝本イン」に泊まって、第一滝本館の「温泉天国」を満喫!

登別温泉「滝本イン」に泊まって、第一滝本館の「温泉天国」を満喫!

写真:藤田 聡

地図を見る

登別温泉「滝本イン」に泊まることをおすすめする最大の理由が、第一滝本館の「温泉天国」を満喫出来る事です。

7源泉5種類の泉質をかけ流しで堪能出来る「温泉天国」。一箇所の大浴場でこれが可能なのは、日本でも唯一の存在。「温泉天国」に入らなければ、登別温泉に行った事にならないと言える程の名物浴場で、他の宿に泊まっても観光名所「地獄谷」見物の際に「温泉天国」に入るのが定番の観光ルートです。

「温泉天国」の多数ある浴槽で、一番おすすめなのが、創業者の名前の付いた「金蔵の湯」。酸性緑ばん泉(14号源泉)らしい、酸っぱい香りがして、酸が肌に染みる感じもする最高の湯です。

「金蔵の湯」では、温泉内での記念撮影(一枚1,000円税別)のサービスがあります。他の温泉にも見習って欲しいサービスです。

登別温泉「滝本イン」は、料理も必要十分です

登別温泉「滝本イン」は、料理も必要十分です

写真:藤田 聡

地図を見る

登別温泉「滝本イン」は宿泊料が手頃なので、料理は豪華とまではいきませんが必要十分と感じます。

内容は季節に応じて変わりますが、ステーキも刺身もあり、肉質や刺身の鮮度も老舗旅館の姉妹館らしいレベル。器が素っ気ないので家庭料理に見えますが、豪華な器に入れれば普通の旅館料理として十分通用する内容です。

手頃な宿泊料から考えれば納得の内容で、さらに「温泉天国」も入り放題ですから、お得感満載です!

登別温泉の昼食は「のぼりべつ地ビール館」がおすすめ!

登別温泉の昼食は「のぼりべつ地ビール館」がおすすめ!

写真:藤田 聡

地図を見る

登別温泉では、地ビール「鬼伝説」が非常に美味しいので断然おすすめです。
温泉街のコンビニで缶ビールも売っていますが、出来れば地ビール館で生ビールを堪能したいものです。

登別ICに近い「わかさいも本舗・登別東店」が「のぼりべつ地ビール館」を兼ねています。
洞爺湖名物の「わかさいも」は、スイートポテトのような銘菓ですが、味にこだわりがあるだけあって、食事も地ビールも猛烈に美味しいのです。

おすすめは写真の「とんかつ定食」と「赤鬼レッドエール」です。
お酒が飲めない運転手が必要ですが、ここで食事をして、地獄谷見学などの登別観光をしてチェックインすると、丁度良い時間になります。

登別温泉「滝本イン」にも、専用の内湯があります

登別温泉「滝本イン」にも地下に専用の内湯があり、登別温泉の主力源泉である酸性硫化水素泉(1号乙源泉)を楽しめます。大雨などで、向かいの第一滝本館の風呂へ行くのが面倒な場合でも大丈夫です。

登別温泉で、お得に泊まれる穴場の宿をお探しなら、断然「滝本イン」がおすすめです!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ