人間国宝・島岡達三陶芸美術館がある「ホテルサンバレー那須」で思い出の器作り!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

人間国宝・島岡達三陶芸美術館がある「ホテルサンバレー那須」で思い出の器作り!

人間国宝・島岡達三陶芸美術館がある「ホテルサンバレー那須」で思い出の器作り!

更新日:2015/03/29 14:44

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

栃木県那須高原にある「ホテルサンバレー那須」は、湯量豊富な3種類の源泉と20種類のお風呂が楽しめ、8種の異なる宿泊施設を有する、那須随一の大規模ホテルです。特筆すべきは、世界的な芸術家の貴重な美術品を見る事ができる、芸術文化施設としても有名なホテルだということ。2014年の秋には「サンバレー美術館」がオープンし、「人間国宝・島岡達三美術館」として、陶芸品を中心に展示されています。

「ホテルサンバレー那須」全体がまるで美術館!その数2000点以上!!

「ホテルサンバレー那須」全体がまるで美術館!その数2000点以上!!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

各作品が展示されている施設は「本館」「アクアヴィーナス」「フォレストヴィラ」「オリエンタルガーデン」「ガーデンスウィート」「太陽の教会」「クイーンズコリーナ」「アネックス」の8施設の全てに及びます。これほど膨大な数の美術作品はあるのは、日本では極めて珍しいホテルといえるでしょう。
まず宿泊客がチェックインのために訪れる「本館」ロビーには、東郷青児画伯の絵画で埋め尽くされています。その数19点、絵の大さと淡い画風の美しさは「圧巻」としか表現できません。

「アネックス」にはルノワールが制作した作品の中で、世界最大級、約188cmの「勝利の大ヴィーナス像」が。
「フォレストヴィラ」には、ヒロ・ヤマガタ、梅原龍三郎、中川一政、ベルナール・ビュッフェ、鈴木マサハルなど、また「フォレストヴィラ」の全客室には北岡文雄のリトグラフが展示されてあります。

「オリエンタルガーデン」には、30点のエミール・ガレ作品のほか、行徳哲雄の書、高山辰雄のリトグラフなど。
「ガーデンスウィート」は、イタリア現代絵画。
「太陽の教会」には、カミーユ・ヴァン・ガンプ、ネリィ・デュプロなどの作品が、教会入り口にさりげなく、下がっている「鐘楼」は岡本太郎の作品です。

若い方にも人気の「クイーンズコリーナ」には”ビートルズ”のジョン・レノンのリトグラフが52点。岡本太郎のリトグラフや油絵が19点。イングリッシュカメオが72点など。
「アネックス」には、東郷青児の巨大600号の作品「飛翔」をはじめ、緻密な作風のビン・カシワやジム・ダインなどの作品が展示されています。

美術に興味のある方には垂涎の「ホテルサンバレー那須」。あまり美術に詳しくないという方でも、その作者の名前を聞いて驚くにちがいありません。一見の価値がありますよ!お奨めです!!

栃木名誉県民第一号・人間国宝の島岡達三の陶芸の世界とは!

栃木名誉県民第一号・人間国宝の島岡達三の陶芸の世界とは!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

島岡達三氏は大正8年東京に生まれ、東京工業大学に入学した年に、民芸運動の実践者である「濱田庄司」氏らの作品を見て心から感動し、民芸陶器を志そうと決心しました。栃木県益子町の濱田氏を訪ね、大学卒業後の入門を許されます。

戦時を経て復員後の昭和21年(1946年)、両親を伴い益子町に移り住み本格的に陶芸の道を歩み始めました。濱田氏から自分の個性を発揮した焼物を想像せよと言われた島岡氏。古代土器複製の仕事を手伝った経験や、組み紐師だった父の多種多様な文様、朝鮮李朝陶器の象嵌技術に大きな影響を受け、「縄文象嵌」という、独自の技法を生み出しました。その後も常に登り窯で焼く自身の原点を忘れることなく、その作品はゆったりとしたぬくもりのある独特の世界を表現しています。

平成8年(1996年)に重要無形文化財保持者「人間国宝(民芸陶器・縄文象嵌)」に。2002年には、「栃木県名誉県民・第一号」に認定されました。2007年12月に没するまで、旺盛な芸術文化活動に奔走し「益子焼」の名を世界的に広めました。

2014年秋にオープンした「人間国宝 島岡達三美術館」

2014年秋にオープンした「人間国宝 島岡達三美術館」

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

「ホテルサンバレー那須」では、300余点以上を所蔵している「島岡達三作品」を宿泊客だけでなく、より多くの方に見てもらう事を目的として、2014年秋に、氏の作品をメインにした「サンバレー美術館」をオープンしました。

ここには、所蔵する300余点の中から厳選した100点ほどが常時展示されています。詫び寂びの世界観が表現された、日本独自の陶器の文化がここにはあります。

超貴重!中国の逸品「景徳鎮」も、ずらりと展示されています!!

超貴重!中国の逸品「景徳鎮」も、ずらりと展示されています!!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

「島岡達三」氏の作品以外にも、世界的にも貴重な作品が沢山展示されています。その代表格が中国の逸品「景徳鎮(けいとくちん)」。見たことはなくても、名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?その数は数十点に及びます。

また「サンバレー美術館」2階には、これまた珍しい「古徳利」が展示されていますので、是非ご覧ください。

自分だけのオリジナル「陶器」が造れちゃう!陶芸体験工房!

自分だけのオリジナル「陶器」が造れちゃう!陶芸体験工房!

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

「サンバレー那須美術館」では、陶器造りの体験も可能です。旅行の記念にご家族やご夫婦の思い出作りに陶芸体験をお奨めいたします。素焼きの皿や湯飲みを選んで、自分の好きな絵柄を描く「絵付け体験」。大きめの湯飲みやマグカップ、ご飯茶碗などの器の他、粘土で好きなものが造れる「手びねり体験」。未経験でもマンツーマンで教えてもらえるので安心の「ろくろ体験」など、作りたい物のレベルに合わせていろいろな、陶芸体験ができます。

「サンバレー美術館」のまとめとして!

「人間国宝 島岡達三美術館」は如何でしたでしょうか?「ホテルサンバレー那須」は常日ごろより、美術品のみならず、那須地域の文化育成にも大変な力を傾注しているホテルです。毎年秋に開催される「那須温泉神社大祭」には、本場四国の「天水連」一行を招き”阿波踊り”を奉納しています。是非皆さんも芸術文化に触れる那須の旅を計画されては如何でしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ