北海道札幌市で花巡りの春!お花見にオススメ美しき公園5選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北海道札幌市で花巡りの春!お花見にオススメ美しき公園5選

北海道札幌市で花巡りの春!お花見にオススメ美しき公園5選

更新日:2015/03/28 15:47

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

桜に梅、チューリップ…春は花々が美しい季節。
北海道札幌市に多くの観光客が訪れ賑わうゴールデンウィーク前後に見頃を迎える、お花見にオススメの美しき公園をご紹介します。車が運転できない人にも、レンタカーを借りている人にも、行きやすい場所をセレクト。札幌で春のお花巡りはいかがですか?
期待を裏切らない、美しき春の風景が待っています!

定番観光スポット&札幌市民憩いの場「大通公園」の春は桜が美しい

定番観光スポット&札幌市民憩いの場「大通公園」の春は桜が美しい

写真:月宮 うさ

地図を見る

まず最初に、初めての札幌観光では絶対に外せない定番スポットの「大通公園」をご紹介。
札幌市の中心部を東西に横切る1.5kmの公園は、市民の憩いの場でもある美しき公園。世界的にも有名な「さっぽろ雪まつり」をはじめ、1年を通して多種多様なイベントも開催されていますので、こちらを目的に来る方も多いのでは?

ここは花の名所でもあり、園内には約92種・700本の樹木が植えられています。春は桜・初夏はライラック・夏はバラ(※)・秋は紅葉が特に見事!公園の端から端まで花と緑が美しいので、時間が許す限り是非とも歩いてみてください。

写真は園内の朝の風景。毎日行き届いた手入れがされているので、いつ訪れてもキレイな公園を楽しむことができます。桜の見頃は5月上旬。名物の「とうきびワゴン」で"とうもろこし"を買って花の下でいただくのもオススメ!また、同時期に咲くチューリップやキタコブシも見応えがあります。

※大通公園の西端12丁目にローズガーデンがあります。最寄駅は札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」。その他説明に記載されている花々は「大通公園駅」付近でも見ることができます。お車の方はお近くの有料駐車場をご利用ください。

桜の下でのんびりお花見!家族みんなで楽しめる「農試公園」

桜の下でのんびりお花見!家族みんなで楽しめる「農試公園」

写真:月宮 うさ

地図を見る

「農試公園」は、家族みんなで楽しめるお花見スポット!
ここには子供達に嬉しい学んで遊べる施設や遊具がいっぱい♪満開の桜も美しく、日本を代表する品種ソメイヨシノと北海道を代表するエゾヤマザクラ(+遅咲きの八重桜)が咲き乱れ、空を桜色に染め上げます。見頃は5月上旬(八重桜は中旬)。レジャーシートとお弁当を持って、のんびりお花見がオススメの公園です。

また、上から下から…と、色々な角度で桜を見ることができるので写真が好きな方にもオススメ!北海道を感じる風景「ポプラ並木」の新緑も楽しめます。

※「農試公園」へは、JR札幌駅から小樽方面の列車に乗り2駅(快速1駅)の「琴似駅」下車、徒歩15分。東口から出てまずは目の前の道路を左折、すぐ目の前の交差点を信号渡って左折。後は真っ直ぐ道なりで琴似発寒川の手前・進行方向右手側に公園が見えます。
お車の方は無料駐車場123台有り。ただし土日祝は大変混みあいますのでご注意ください。

札幌市内の公園で梅を見るならココ!美しき「平岡公園」の梅林

札幌市内の公園で梅を見るならココ!美しき「平岡公園」の梅林

写真:月宮 うさ

地図を見る

桜と並んで春を代表する花「梅」。北海道では桜とほぼ同時期の開花で、5月上旬〜中旬にかけて見頃を迎えます。
札幌市内の公園にて梅を見るならココ!6.5ヘクタールの広さに1200本の白梅・紅梅を見ることができる「平岡公園梅林」。丘陵地帯を覆う広大な芝生の上に広がる、甘酸っぱい香りと清楚な花に感動!北海道らしい風景の梅林を見ることができます。

また、開花に合わせて「平岡公園梅まつり」も開催。この時期しか食べることのできない名物「梅ソフトクリーム」は並んでも食べたい絶品!是非お試しあれ♪

※「平岡公園」までのアクセス。
新札幌駅バスターミナルより、中央バス・JRバス「新111」に乗り「平岡6条4丁目」下車、徒歩5分。または、大谷地駅バスターミナルより、中央バス「大66・大67」に乗り「平岡5条6丁目(イオン平岡店)」下車、徒歩5分。お車の方は無料駐車場完備です。
梅の開花時には臨時シャトルバスも運行。詳しくは開花近くなりましたら、記事一番下のMEMOからHPをご参照ください。

春は「ムスカリの道」が見事!1年中花が咲く「百合が原公園」

春は「ムスカリの道」が見事!1年中花が咲く「百合が原公園」

写真:月宮 うさ

地図を見る

1年を通して花々を楽しむことができる「百合が原公園」は、1986年には「さっぽろ花と緑の博覧会」の会場にもなった札幌を代表する花の名所。
春の園内、桜は少なめですがキタコブシなどのモクレン科の種類が多く見応えあり!
そして、一番の目玉は青紫の絨毯とチューリップの共演が美しい「ムスカリの道」。目の前に広がるのは、80m×15mのエリアに植えられた10万株のムスカリと40種類のチューリップが咲き乱れる風景!お花畑の中にも遊歩道がありますので、旅の思い出に花々に囲まれた記念写真を撮ることができますよ。

また、本物のサイロ展望台に改修した「サイロ展望台」から見下ろすことも可能!園内を走る列車「リリートレイン」から眺める風景もロマンティック。5月上旬から色付き始め、見頃は中旬。オススメの美しきお花畑です!

※「百合が原公園」は、JR学園都市線「百合が原駅」にて下車、札幌方面行ホーム側の改札を出て真っ直ぐ徒歩10分。無料駐車場も完備しています。

早春からお花畑が楽しめる「豊平公園」へ、カタクリに会いに行こう

早春からお花畑が楽しめる「豊平公園」へ、カタクリに会いに行こう

写真:月宮 うさ

地図を見る

桜の季節には少し早い早春にオススメしたいのは「豊平公園」。
園内では、4月下旬〜5月上旬に"スプリング・エフェメラル"の1種「カタクリ&エゾエンゴサク」のピンク&ブルーの絨毯が広がります。この種は雪解けと共に開花し・夏には葉が枯れ・また春が来るまで地中で過ごす儚き植物で、別名"春の妖精"とも呼ばれる草丈10cm程の小さな花々。間近で可愛らしい妖精さん達を観察してみましょう。

また、5月中旬に見頃を迎える「ムスカリの小径」も美しきスポット!百合が原公園とは雰囲気の異なる青紫色のお花畑を楽しむことができます(豊平公園は道・百合が原公園は広場の雰囲気です)。そして、白樺並木も美しくオススメ。ここを訪れた際には忘れずに立ち寄りましょう!

※お花を楽しむための「豊平公園」へのアクセスは、札幌市営地下鉄東豊線「豊平公園駅」1番出口からがオススメ!"北海きたえーる"の隣に公園が広がっています。無料駐車場も完備です。

オススメ公園はまだまだたくさん!

北海道札幌市は公園の多い都市。春の花が美しい公園はまだまだたくさんあります。
代表的な場所では、モエレ沼公園・中島公園…そして、札幌市民のお花見と言えばココ!の円山公園もオススメ。北海道神宮の梅林も見事ですので是非セットで訪れてほしいです。
他にも小さな公園から大きな公園まで春は花々で彩られますので、道中ステキな場所を見つけたら立ち寄ってみましょう!思いがけない風景に出会えるかもしれませんよ♪

※見頃はその年の天候により大きく変わることがあります。記事一番下のMEMOから各HP内にて開花情報をご確認の上おでかけくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ