さっぽろ羊ヶ丘展望台

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台

更新日:2017/10/04 09:43

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

1959年(昭和34年)北海道農業試験場の一角に「羊ヶ丘展望台」が誕生しました。眼下に広大な牧草地と石狩平野を眺める景勝地にあります。敷地内にはクラーク博士の像や有名なモニュメント、教会や結婚式場があり北海道札幌を代表する観光地です。

クラーク博士像

クラーク博士像

写真:ミセス 和子

地図を見る

北海道の開拓精神を全国の人に見ていただける様に、クラーク博士の来道100年、アメリカ合衆国建国200年にあわせて羊ヶ丘展望台に建立されました。1976(昭和51)”Boys,Be Ambitious" 「少年よ、大志をいだけ」の言葉で有名な北海道開拓の父「ウイリアム・スミス・クラーク博士」をモデルとして彫刻家・坂担道氏によって制作されました。

牧草を食む羊の群れ

牧草を食む羊の群れ

写真:ミセス 和子

地図を見る

「羊ヶ丘展望台」からは、草原で牧草を食む羊の群れを見る事ができます。北海道農業試験場の羊たちは、北海道のシンボルです。

石原裕次郎歌碑

石原裕次郎歌碑

写真:ミセス 和子

地図を見る

昭和47年に大ヒットした「恋の町札幌」の譜面と歌詞、石原裕次郎氏・作曲者 浜口庫之助氏とともに展示されています。ボタンを押すと懐かしい曲が「羊ヶ丘展望台」に響きます。大ヒット曲「恋の町札幌」を記念して、平成3年6月6日につくられました。

札幌ブランバーチ、チャペル

札幌ブランバーチ、チャペル

写真:ミセス 和子

地図を見る

バランバーチとは「白樺」を意味します。昔からアイヌ人がその樹液を飲用するなど、北海道に縁の深い白樺です。お二人のご希望に合わせて、北海道ならではのウエデングを作ることができます。

クラークチャペル

クラークチャペル

写真:ミセス 和子

地図を見る

「羊ヶ丘展望台」の小さなチャペルです。この建物は旧札幌北一条教会を2分の1のサイズで復元した建物です。以前は結婚式場に使われていましたが、現在は札幌市民に無料で貸し出しされ、イベントなどに使われています。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/09/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -