神戸南京町でパンダを探せ!パンダ好き必見のポイント5つ

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

神戸南京町でパンダを探せ!パンダ好き必見のポイント5つ

神戸南京町でパンダを探せ!パンダ好き必見のポイント5つ

更新日:2015/04/15 12:07

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

日本三大中華街の一つ、神戸南京町は東西270m、南北約110mの範囲に100以上もの中華料理店が並ぶ、中華料理のメッカ。
中華街で思い浮かぶのはもちろんおいしい中国料理ですが、次は何でしょう?それは、世界中で愛されているパンダ。中華街ではいたるところでパンダを発見できます。

パンダ好きなら探してみて損はないですよ!

寝そべりパンダ

寝そべりパンダ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

最寄のJR元町駅から行くと、まず最初に見えてくるのが、南京町の東の入り口にある「長安門」。中国河北省の大理石と漢白玉を使用した楼門で、無数の龍と雲の彫刻が圧巻!写真撮影をしている人をよく見かけます。

この入り口からパンダもお出迎え。長安門の左横にある自動販売機の上を見てみてください。コーラ片手に寝そべっているパンダが!自動販売機も中国語で「可口可乐(コカコーラ)」と書いてあります。
前から見てもかわいいのですが、後ろからお尻を見てみてください。ま〜るくこんもりとした姿がとってもキュートです!

パンダまみれの雑貨屋さん「妹妹」

パンダまみれの雑貨屋さん「妹妹」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

長安門からまっすぐ歩き2本目の中山街という通りを右に折れてすぐにあるのが「妹妹」。パンダ好きならたまらないパンダだらけの雑貨屋さんです。

パンダのキーホルダーやパンダのイラストが入ったマグカップ、パンダのリュックサックに犬用のパンダ着ぐるみなど、まさにパンダパラダイス!

南京町には他にもパンダグッズを売っているお店がありますが、「妹妹」限定商品が写真のTシャツ。大阪が誇るグリコの看板のパンダバージョンにどこかのブランドで見たことがあるポーズのパンダ。Tシャツを着る勇気がないという人は、このデザインのミニタオルバージョンもあるので、ウケ狙いでお土産にどうぞ。

十二支の十三体目はパンダ!

十二支の十三体目はパンダ!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

長安門からまっすぐ歩き、赤い東屋が見えたら中間地点の南京町広場。
広場には十二支ならぬ十三支の銅像が設置されています。なぜ、1体多くなったかというと、中国に十二支像の発注をした際、イノシシがうまく伝わらず、代わりに送られてきたのがパンダだったのです。その後、イノシシが到着し、あべこべな十三支の像が広場に置かれることになりました。

日本昔話に出てきそうなおじさん風のパンダですが、見ているとかわいく見えてきますよ。東屋の裏手側にあるので、ぜひ記念撮影を。

桃とコラボしたパンダのおもち

桃とコラボしたパンダのおもち

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

次はパンダをいただきましょう!(笑)

南京町広場から海側の海榮門にいく通りの角にある屋台で、パンダのおもちが売っています。桃と一緒に詰められているからか、ほっぺが桃色になった手のひらサイズのパンダは食べるのがもったいないくらいキュート。もっちもっちのお餅の中にはたっぷりのあんこが入り、見た目のかわいらしさからは想像がつかないくらいのなかなかのお味。

パンダのおもちだけの販売もあります。

もはや定番のパンダまん

もはや定番のパンダまん

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

もはや、南京町の顔ともなったパンダまん。なんとなくたれている感じの目が困ったような顔をしていてとってもかわいいですよね。このパンダまんは、南京町広場を過ぎ、南京町の西の入り口にある西安門に行く途中、麒麟街という通りの角の鹿鳴荘店頭で販売しています。

中身は甘さ控えめのこしあんで、大きさも小ぶりのためあっという間に食べられてしまいます。セットで食べたいのがブタの顔をかたどった、ブタちゃんまん。もちろん、中身は豚肉(笑)。お持ち帰り用もあるのでお土産にもぴったり!

パンダのお菓子も販売

南京町の中心部にあるミズ倶楽部センターでは、パンダサブレも売っています。ちょっと笑ったパンダをプリントしたサブレは、サックサックで食べやすく、日持ちもするのでお土産に最適。1枚ずつ小包装もされているのでバラマキ土産にもうってつけです。

また、JR灘駅にある神戸市立王子動物園では、本物のパンダにも出会えますよ。

南京町で食べ歩きしつつ、隠れパンダを探索してみてはいかがですか。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -