瀬戸内きっての食材!シャコをめぐる岡山県笠岡市グルメ旅

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

瀬戸内きっての食材!シャコをめぐる岡山県笠岡市グルメ旅

瀬戸内きっての食材!シャコをめぐる岡山県笠岡市グルメ旅

更新日:2015/03/30 16:15

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

シャコといえば、握り寿司のネタの一つとして、口にした方も多いはず。しかし、シャコが瀬戸内海でよく水揚げされる甲殻類であること、ご存知でしたか?豊富な水揚げ量を誇る岡山県では、郷土料理として知られる「ばら寿司」のネタに使われるなど、シャコを使った加工食品やご当地グルメが盛り沢山!春先から初夏にかけてがもっとも美味しいとされるシャコ。今回はそんなシャコをめぐる岡山県笠岡市の旅に出かけてみましょう。

お刺身も絶品!一盛り単位で販売されているシャコ

お刺身も絶品!一盛り単位で販売されているシャコ

写真:乾口 達司

地図を見る

シャコは甲殻類の一種。北海道以南の内海などに生息しています。なかでも、波の穏やかな瀬戸内海はシャコの一大産地。かつてはあまりにたくさん水揚げされたために値がつかず、畑の肥料にされていた時代もあったとか。岡山県では笠岡市や浅口市などでよく水揚げされます。

写真は道の駅「笠岡ベイファーム」で販売されていたシャコ。笠岡をはじめ、瀬戸内海に面した岡山各地の市場やお店などでは、ご覧のように、一度、さっと茹で上げられたシャコが一盛り単位でしばしば販売されています。岡山県民はこのシャコをいったいどのようにして食べると思いますか?もっとも手軽な食べ方はお刺身!岡山県民は胴体の側面にハサミを入れて上下の殻を分離し、取り出した身を醤油やポン酢につけて食べます。硬くてトゲのある殻を器用に分離する手さばきは、長年、シャコのお刺身を食べ慣れてきた岡山県民ならでは、であるといえるでしょう。

こんな加工食品も!揚げカマボコの「シャコ天」

こんな加工食品も!揚げカマボコの「シャコ天」

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、シャコを使った加工食品も充実しています。写真は「シャコ天」。ご覧のとおり、揚げカマボコの練り製品ですが、珍しいのは、そこにシャコが使われていること。シャコの揚げカマボコとは、さすがはシャコの産地ですね。

これはいったい何!?練り製品の「シャコ真丈」

これはいったい何!?練り製品の「シャコ真丈」

写真:乾口 達司

地図を見る

独特の存在感をかもし出すこちらの加工食品、いったい何だと思いますか?その名は「シャコ真丈」(しゃこしんじょう)。「真丈」(真薯)とは練り製品の一種で、魚介類をすりつぶしたものに山芋や卵白などを加えて味をつけ、調理をしたもの。笠岡ではそこでもシャコが使われています。シャコとゆかりのある笠岡ならではの一品であるといえるでしょう。

笠岡を代表するB級グルメ「シャコ丼」

笠岡を代表するB級グルメ「シャコ丼」

写真:乾口 達司

地図を見る

笠岡を代表するB級グルメの食材にも、やはりシャコが使われています。その名も「シャコ丼」。「シャコ丼」を提供するのは、そのものずばり「しゃこ丼の店」で、これまでにテレビでも紹介された人気のお店です。「しゃこ丼」はシャコをフライにしてご飯の上にのせ、玉子をとじた丼もの。ご当地グルメの一つとして、笠岡を訪れたら、ぜひ、食べてみましょう。

「しゃこ丼」だけじゃない!シャコラーメン

「しゃこ丼」だけじゃない!シャコラーメン

写真:乾口 達司

地図を見る

笠岡といえば、笠岡ラーメンの地としても知られています。そんな笠岡ラーメンにも、やはりシャコが使われています。シャコラーメンを提供しているのは「しゃこ丼」と同じ「しゃこ丼の店」。シャコのフライがラーメンの具にのった一品ですが、笠岡ラーメンに特徴的な鶏ガラ醤油味とシャコ独特の磯の風味が絶妙にマッチしており、具にシャコが使われているというもの珍しさも手伝って、「しゃこ丼」ともども、全国からお客さんがやってきます。「しゃこ丼」とセットで注文しましょう。

おわりに

シャコの魅力が満載の岡山・笠岡グルメ旅、いかがでしたか?シャコを食材に使った商品はまだまだあるので、ご自身の足で笠岡の地をめぐり、食材としてのシャコの世界にどっぷりつかってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ