十和田のNo.1居酒屋「呑兵衛」で絶品ご当地グルメに酔う

| 青森県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

十和田のNo.1居酒屋「呑兵衛」で絶品ご当地グルメに酔う

十和田のNo.1居酒屋「呑兵衛」で絶品ご当地グルメに酔う

更新日:2015/04/10 16:57

水津 陽子のプロフィール写真 水津 陽子 地域活性化・まちづくりコンサルタント

十和田観光といえば、十和田湖や奥入瀬渓流、十和田市現代美術館、バラ焼きが有名ですが、十和田に行ったら是非立ち寄りたいのがご当地居酒屋の「呑兵衛」です。創業38年、十和田で一番盛っているといわれる老舗居酒屋は仕入れにこだわり、地場の鮮魚や海鮮はもちろん、ブランド牛などの肉料理も鮮度抜群!他では絶対に味わえない絶品名物料理も多く、どれも舌を唸らせる味。一度行けばファンになるご当地名物居酒屋の1つです。

メニューは200種類以上!?ここでしか食べられない食材が並ぶ!

メニューは200種類以上!?ここでしか食べられない食材が並ぶ!

写真:水津 陽子

地図を見る

呑兵衛の店内には所狭しとメニューが張り出されていますが、メニューの数は200種類あるともいわれています。地元十和田市の新鮮食材と呑兵衛オリジナルの料理の組み合わせは、メニューを見るだけでワクワクします。

また十和田だけでなく、青森の天然ほやにしじみバター、A5ランクのブランド牛の倉石牛リブロース、生産量日本一のにくにくのまるごと揚げなど、青森県内の名産を味わうこともできます。

地酒もかなりの数揃っており、十和田の酒はもちろん、弘前の「豊盃」など人気の蔵の酒を味わうことができます。

海を知らないベニザケ!幻の美魚、十和田湖のヒメマスの刺身!

海を知らないベニザケ!幻の美魚、十和田湖のヒメマスの刺身!

写真:水津 陽子

地図を見る

十和田湖では明治36年、支笏湖からひめますの卵を譲り受け、十和田湖へ放流・養殖に成功。以来、十和田湖を代表する魚として親しまれています。

十和田湖畔では秋になると塩焼きにして売られていますが、せっかくの名産、是非一度はお刺身で味わいたいところです。十和田湖のヒメマスは「姫」の名にふさわしい美しい姿をしています。ヒメマスは海を知らないベニザケ、幻の美魚ともいわれますが、その身はサーモンピンクで甘く繊細な味わいです。

他では絶対に味わえない絶品との呼び声高い「みそだれレバー串」

他では絶対に味わえない絶品との呼び声高い「みそだれレバー串」

写真:水津 陽子

地図を見る

呑兵衛の名物といわれる「みそだれレバー串」もですが、焼き鳥全般極上です。新鮮な素材に呑兵衛独自のタレが絡み、なんとも味わい深い逸品です。

ホスピタリティも高く、はじめて入っても居心地のいい店!

ホスピタリティも高く、はじめて入っても居心地のいい店!

写真:水津 陽子

地図を見る

地元の人気居酒屋となると、外から訪れた旅行者にはちょっと入りづらさもありますが、呑兵衛はお店に入った時から温かい応対で、寛いで過ごすことができます。
お店のスタッフの心遣い、また客の要望に合せた応対でスタッフに気軽に声掛けしてメニュー選びの相談もできます。

もうお腹いっぱい、でも最後にちょっとご飯を食べたい。でもメニューを見るとおにぎりは2個セット……例えばこんな時、スタッフに相談すると「1つでもいいですよ」と気軽に引き受けてくれます。しかも、なんとおにぎり一個でも味噌汁はお店のサービスでついてきます。

どこより新鮮で旨いご当地料理がびっくりするほど安く頂ける!

どこより新鮮で旨いご当地料理がびっくりするほど安く頂ける!

写真:水津 陽子

地図を見る

残念ながら、居酒屋呑兵衛のホームページはありませんが、店の外にはこれでもかとおすすめメニューが張り出されています。

呑兵衛はとにかく素材が新鮮で、何を食べても本当に美味しいのですが、驚くのはその値段。本当にリーズナブルで産地だからこそかもしれませんが、旅行者にとっても本当にありがたい、嬉しい店です。

ご当地居酒屋「呑兵衛」で十和田・青森の旨いものを食べ尽くせ!

その土地に行けば、地場の旨いもの、新鮮なものをリーズナブルな値段で味わえるというのは旅の醍醐味の1つです。

十和田は十和田湖や奥入瀬渓流、十和田市現代美術館など、人気の観光地も多く、春は新緑、秋は紅葉が美しいところです。十和田観光では奥入瀬で一泊される方が多いと思いますが、十和田に来て呑兵衛に行かないなんてもったいないです。是非、十和田市内にも一泊し、十和田No.1の呼び声高い名居酒屋で名物グルメをお腹いっぱい味わってください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -