地元に根付いて40年!これぞ名古屋飯 きしめん「いなや」

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地元に根付いて40年!これぞ名古屋飯 きしめん「いなや」

地元に根付いて40年!これぞ名古屋飯 きしめん「いなや」

更新日:2012/10/17 10:18

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

愛知県尾張旭市南栄町にある、“美味しいきしめん”が味わえる有名店「いなや」。“安い・うまい・早い”という表現が見事に当てはまる、きしめん店です。メニューは全て500円以下。味噌味のきしめんや中華そばも人気。観光客メインではなく、地元の人が毎日食べに来るため、夕方になるまで行列が絶えない人気店!名古屋に遊びに来たら、「これぞ、本当の名古屋飯」を食べてみませんか?

毎日、気温や湿度に応じて粉や水の配合を変える、自家製麺!

毎日、気温や湿度に応じて粉や水の配合を変える、自家製麺!

写真:安藤 美紀

地図を見る

薄くて平たい麺が特徴のきしめん。言わずと知れた、名古屋の名物です。

きしめんは、水や小麦粉、塩などを配合し、うどんと同じように生地を伸ばしますが、うどんよりも細く伸ばさなくてはいけないので、職人の技が必要になると言われているんですよ(^-^ )/

いなやのきしめんは、他のきしめん店に比べると、コシより滑らかさとモチモチ感を追求してます。

麺は細すぎず、太すぎずちょうどいい!口に入れると麺の表面がツルツルしているので、スルッと口の中へ入っていきます。柔らかくて食べやすいので、年配のお客さんも多いんです。

写真のきしめんは、冷たいお出汁の「きしころ」(380円)に、きつね(50円)をトッピングしています。

いなやの麺は、毎日その日の天気や気温に合わせて、粉や水の配合を変えて打っています。早朝から作った出汁は、40年変わらない味。ずっと同じ味が守られているから、初めて食べた方でも、どこか懐かしさを覚える味かもしれません。

お店の外まで、漂うカツオだしの香り!

お店の外まで、漂うカツオだしの香り!

写真:安藤 美紀

地図を見る

お店の横に駐車場があり、車から降りると、お出汁のいい香りがすでに漂っています。店内に入ると、さらにお出汁の香りに包まれて…。この時点で頭の中はきしめんでいっぱいになります!(^O^)

メニューは、全て500円以下!

メニューは、全て500円以下!

写真:安藤 美紀

地図を見る

いなやのきしめんは、安くて美味しいことで有名。メニューは、お財布に優しい500円以下。麺の種類は、きしめん・うどん・そば・中華そばがあります。

大人気!赤味噌のお出汁を堪能出来る「みそきし」

大人気!赤味噌のお出汁を堪能出来る「みそきし」

写真:安藤 美紀

地図を見る

いなやでは、普通のカツオ出汁のきしめんよりも、実は赤味噌の「みそきし」や「みそ中華」が人気。

赤味噌のうどんと言えば、味噌煮込みうどんが有名ですが、地元では「みそきし」の方が好きだという人も。「みそきし」は、味噌煮込みうどんより、さらりとしていて、赤味噌のお味噌汁に近い。名古屋人好みの味になっています。


さらりとした赤味噌のお出汁なので、もう少しコクを加えたい人は、天ぷら(90円)をトッピングしてみてください(^o^) 。お出汁がトロリとして麺によく絡むようになりますよ。ちなみに、ここの天ぷらというのは、かき揚げのこと。

名古屋飯を堪能したいなら、「きしめん」も良いですが、「みそきし」の方がオススメです。


いなやの近くには、愛・地球博記念公園「モリコロパーク」という都市公園があります。万博記念館や温水プールで思いっきり遊んだ後は、お待ちかねの名古屋グルメの時間です。美味しいきしめんを食べれば、お腹も満たされ幸せいっぱいに!

隠れた有名店「いなや」で、本物の名古屋の味を味わえば、名古屋の旅も、もっと楽しくなるはず♪美味しいきしめんを、いっぺん遊びにいりゃぁせ(^-^)ノ

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/08/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -