HOTEL SETRE(セトレ神戸・舞子)〜海辺の絶景ホテルで過ごす休日。

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

HOTEL SETRE(セトレ神戸・舞子)〜海辺の絶景ホテルで過ごす休日。

HOTEL SETRE(セトレ神戸・舞子)〜海辺の絶景ホテルで過ごす休日。

更新日:2015/03/03 13:10

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

のんびりとホテルステイを楽しみたい休日、そんなときにはホテル選びが重要。ここでは、神戸近くのオススメホテル、HOTEL SETRE(セトレ)をご紹介。
こじんまりとした可愛い海辺のホテルは、エステやレストランが入っており、女子旅にも、ご夫婦・カップルでの旅にもぴったり。神戸の中心地から車で30分ほどでリゾート気分が味わえます。神戸観光の宿泊先にも、近郊からのショートトリップにもオススメですよ。

明石海峡大橋が窓一面に広がる、絶景オーシャンビューホテル。

明石海峡大橋が窓一面に広がる、絶景オーシャンビューホテル。

写真:下川 尚子

地図を見る

まずは、この眺望。全室オーシャンビューのこのホテル、お部屋からはいつでも、瀬戸内海の大パノラマを堪能できます(どの部屋も、海側は一面全体が窓になっています)。そこから望める景色がこちら。HOTEL SETREは明石海峡大橋のたもとに位置するため、窓からは海と世界最長のつり橋、明石海峡大橋のダイナミックな眺めが楽しめます。

オススメの過ごし方は、早めにチェックインして、ゆっくりとホテルステイを楽しむこと。昼間の青空と海は開放的で爽快な気分にさせてくれますし、写真のような夕暮れの時間帯には、少しずつ色を変えていく儚げな空の色が魅力的。夜の明石海峡大橋のライトアップも素敵ですし、朝の光にきらきら輝く海は、活力にあふれた一日の到来を予感させてくれます。それぞれの時間で、表情を変えていく景色を存分に楽しんでください。

ゆったりとステイされる方が多いようで、備え付けのアメニティも充実。お部屋に備え付けられている最新のマシーンでおいしいコーヒーや紅茶を淹れて、移りゆく景色を眺めながら読書を楽しむ・・・なんて、素敵な過ごし方ですね。

おでかけするなら「舞子公園」「マリンピア神戸」「魚の棚市場」など。

おでかけするなら「舞子公園」「マリンピア神戸」「魚の棚市場」など。

写真:下川 尚子

地図を見る

ちょっと外へ出かけたいという方なら、まずホテルから徒歩5分ほどのところに「舞子公園」があります。舞子公園には中国の豪商が建てた異国情緒漂う「移情閣」や、海上47mの橋げたの中空に設けた「舞子海上プロムナード」などの見どころもあります。ちょっとしたお散歩にはぴったりですよね。写真は、舞子海上プロムナードからホテルを撮った写真。この写真で分かるとおり、ホテルのそばにはビーチがありますので、夏なら海水浴も楽しめます。

そのほか、アウトレット「マリンピア神戸」が近くにありますので、ショッピングがお好きな方はそちらへどうぞ。ちょっと足を延ばして、明石の「魚の棚」へ行けば、新鮮な魚介や名物の明石焼きなどが楽しめます。ここは明石の名物商店街。「魚の棚」と書いて、「うおんたな」と読むんですよ。海辺のグルメを満喫したい!なんて方には、オススメの場所です。

ホテルステイを楽しみたいという方は、オーシャンビューのエステやレストラン。

ホテルステイを楽しみたいという方は、オーシャンビューのエステやレストラン。

写真:下川 尚子

地図を見る

ホテルステイ中、館内でゆっくり過ごすなら、エステつきのプランを予約してみてはいかがでしょう。エステ「ロイヤルボディコンシャス」は、オーシャンビュー、さらに天蓋つきのベッドですので、非日常の気分を満喫できます。

写真は、ホテルの入り口を入ったところに広がる、一面ガラス張りのロビー。入った瞬間から、ちょっとしたリゾート気分を味わわせてくれるのがうれしいですね。ロビー横には、眺望抜群のイタリアンレストラン「ミア・アルベルゴ」。ディナーでもランチでも営業していますので、眺めのよいレストランをお探しの方は利用してみてはいかがでしょう。ディナータイムには、地元明石の明石浦漁港から仕入れた鮮魚を『その日のうちに』鮮度抜群のまま楽しめます。

ただ、レストランで食事やBARタイムを楽しむとしても、夜はちょっとだけ控えめにしておくのがオススメ。その理由は・・・・。

HOTEL SETREの名物は、「ミラノの朝食」

HOTEL SETREの名物は、「ミラノの朝食」

写真:下川 尚子

地図を見る

HOTEL SETREの名物のひとつ、それは朝食なんです。ここに泊まるときには、ぜひ、朝食つきのプランにしてみてください。

「日本一贅沢なミラノの朝食」と銘打った朝食は、9種類の前菜やパン、ゆで卵やフレッシュなジュースなどが所せましと並びます。お部屋まで運んでくれますので、ゆっくりくつろいだまま、朝の光に輝く海を眺めながら、優雅に朝食を楽しむことができます。この時間は、いちばんの至福!

食べきれないほどですが、残ったパンはお土産にと、スタッフの方が包んでくださいます。今日もきっといい一日になる・・・そんな気分でチェックアウトできるのはうれしいですね。

海辺の絶景宿で、心もカラダもリセット!

HOTEL SETREの名前の由来は、「RESET」をひっくり返し、瀬戸内海とかけたというところから来ているそうです。『海辺の絶景宿で、心もカラダもリセット』そんなコンセプトを持つホテル。海が美しくなる季節、思い切りリフレッシュしたいときに、訪れてみてはいかがでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/08/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -