房総の隠れたパワースポット!富津市「岩谷堂磨崖仏」で運気アップ!

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

房総の隠れたパワースポット!富津市「岩谷堂磨崖仏」で運気アップ!

房総の隠れたパワースポット!富津市「岩谷堂磨崖仏」で運気アップ!

更新日:2015/04/09 16:09

岩谷堂清巌寺(いわやどうせいがんじ)は、千葉県富津市天羽地区数馬にある小高い岩山の中腹に位置しています。

崖壁には多くの洞窟があり、その壁面には仏像などがずらっと浮き彫りされています。岩谷堂は、市や県の文化財には指定されていませんが、いかにも御利益をもらえそうで、多くの謎を秘めたスポット、そんな岩谷堂を今回はご紹介します!

岩壁に彫られた仏は静かに人々の訪問を待つ。

岩壁に彫られた仏は静かに人々の訪問を待つ。
地図を見る

岩谷堂に掘られた洞窟は、いわゆる「やぐら」と呼ばれる横穴式の墓です。やぐらは鎌倉時代の中期から室町時代の前期にかけて、当時幕府の置かれた鎌倉を中心に流行した武士階級のお墓のことです。

千葉県では富津市、館山市など、房総半島の南部でしばしば確認されていますが、岩谷堂については、造られた時期や彫られた仏像の制作年代などは、はっきりしていないそうです。
 
岩谷堂は岩壁の上部など、一部立ち入り禁止の場所もありますが、比較的足場もよく、仏像に出会うのに苦労はしません。

岩壁に彫られた磨崖仏

岩壁に彫られた磨崖仏
地図を見る

岩谷堂の仏像はいわゆる磨崖仏とよばれる、岩壁に彫刻された仏像です。現状風化が著しく、尊名を特定できるものはそう多くありません。しかし、なんといっても圧倒されるのは、その数の多さです。すべて数えるのは至難のワザ・・・。いったい何体あるのやら・・・

磨崖仏は日本では奈良時代の後半からみられるようになり、滋賀県狛坂(こまさか)磨崖仏、栃木県大谷寺磨崖仏中の千手観音菩薩立像などは、その代表的な作例として知られています。平安時代になると、大分県臼杵(うすき)磨崖仏など国東半島を中心とした一群が知られ、地方に優れたできばえを示す作例がみられます。

岩谷堂の守護神

岩谷堂の守護神
地図を見る

像は像高115.0cm。髻(もとどり)を高く結いあげ、腰布を着け、左手は垂らして、右手を顔の高さまで上げ、金剛杵(こんごうしょ)を持っています。そして、腰をやや右につき出し、両足先を外に開いて立っています。

尊名ははっきりしませんが(おそらく仁王像か)、まさに岩谷堂の守護神ともいえる存在感を示しています!!いかにも悪い運気を追い払ってくれそうですね!!

岩谷堂と観音霊場巡り

岩谷堂と観音霊場巡り
地図を見る

現在岩谷堂に残る文化財から、遅くとも17世紀後半には信仰の場として機能していたことが知られます。写真の石柱からは、岩谷堂は四国、西国、板東の観音霊場の本尊を、一ヶ所にあらわしたものとして造立されたことがわかります。

江戸時代になると人々の間で西国、板東などの三十三観音霊場を巡拝することが流行しました。特に西国三十三所、板東三十三所、秩父三十四所は合わせて百観音と呼ばれました。

そんな百観音を巡ることができない人のために、岩谷堂は造られたのでしょう。まさに超便利で効率的な巡礼スポットです!

おわりに

岩谷堂の磨崖仏は、その作風から多くが江戸時代に彫られたものと考えられますが、保存状態があまり良くなく、はっきりしません。なかには古そうな仏像もありますが、まだまだ多くの謎を秘めています。

歴史や仏像の好きな方は一度訪れてみてください。きっと御利益がもらえるはずです!! 

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -