別府の湯治文化といえばコレ!「里の駅かんなわ」で地獄蒸し体験

| 大分県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

別府の湯治文化といえばコレ!「里の駅かんなわ」で地獄蒸し体験

別府の湯治文化といえばコレ!「里の駅かんなわ」で地獄蒸し体験

更新日:2015/04/11 12:32

Shinkurouのプロフィール写真 Shinkurou

日本有数の源泉数を誇る大分・別府温泉で最も多くの源泉が集まる・鉄輪(かんなわ)地区。多くの観光客で賑わうこの中心街には「里の駅かんなわ・蒸de喜屋」という源泉と地獄蒸しが両方楽しめる面白い施設があります。この里の駅が提供する、鉄輪名物・温泉の噴気を使った「地獄蒸し」はプロのお味!入浴だけでなく食べて楽しむ温泉旅はいかがですか?

別府温泉湯治文化・地獄蒸し!

別府温泉湯治文化・地獄蒸し!

写真:Shinkurou

地図を見る

別府温泉郷は古より豊富で多様な湯質を求める湯治客で賑わいを見せ、元寇の役(1274年)での負傷者が療養に訪れたとの記録が残る程!

これほど古い時代に、別府ならではの「湯治文化」が生まれ、700年以上も育まれて来たとは本当に驚きですよね。そしてその最たるものが温泉の蒸気を使った料理法・地獄蒸し。現代風に考えればとてもエコでヘルシーですよね!今でもほとんどの宿泊施設には「地獄蒸し器」なるものが設置されています。

ですが地球の息吹?を利用して料理するのですから、蒸気の熱カロリーを上手く使いこなす事がポイント。

ここ「里の駅かんなわ・蒸de喜屋」では、長年の経験から蒸し加減を熟知したプロの料理人が作る地獄蒸しを楽しむ事が出来ます。

野菜のうまみを引き出す地獄蒸し

野菜のうまみを引き出す地獄蒸し

写真:Shinkurou

地図を見る

店内で販売しているセットメニューと野菜・魚貝類は、食材の蒸し加減を見ながら、店のスタッフが蒸しあげてくれます。

さつまいものような硬い食材からホウレンソウ等のすぐに蒸し上がるものまで、蒸し加減と温度が大切だと言われています。筆者お勧めのお野菜はホウレンソウ!野菜の甘みが引き出され、えっ本当にホウレンソウ?って思うほど甘いお野菜を召し上がれます。シンプルなお野菜ほど地獄蒸しの風味をより楽しめるのですね。

NHK「ためしてガッテン」で湯治宿の秘伝として取り上げられ、ビタミンCは通常の約2倍、シイタケのうまみ成分は約3倍にもなる事が立証されました。是非プロの蒸し技をご堪能くださいね。

関アジ・関サバも!

関アジ・関サバも!

写真:Shinkurou

地図を見る

魚貝類も豊富!イカ・タコ・アジ・鯛から関アジまで準備されています。お好きな食材を選んで、カウンターへ。

アジとサバは、蒸し時間を調節すれば骨まで食べられると聞き本当に驚き!地球の息吹に感謝です。

またご自分でチャレンジしたい方は、蒸し窯の使用料と席料を支払い、食材を持ち込む事も出来ます。こちらはご自分で「地獄蒸し体験」が出来ますので、旅の思い出としていかがですか?玉子で5分、ソーセージで15分トウモロコシで20分程ですが、何とブロッコリーは2分程で蒸しあがります。これぞ地獄の窯のなせる業!

蒸し方、蒸し時間等スタッフが丁寧に教えてくれますので、くれぐれもやけど等の無いようお楽しみ下さい。詳細は下記MEMO欄から。

温泉臭でリラックス!

温泉臭でリラックス!

写真:Shinkurou

地図を見る

全てが蒸し上がるまで約15分から20分。外のテラス席には足湯が準備されていますのでそちらを利用されるのもお勧めです。かすかな温泉臭が漂い、とてもリラックスした気分になって頂けます。

またこの里の駅では、「鉄輪軒先マルシェ・地獄蒸しお買い物ツアー」というイベントが開催されています(要予約)。地元の方が普段利用する八百屋・魚や・肉やを廻りながら、ガイドさんのアドバイスを受けワイワイ楽しく食材探し!地元の人とのやりとりは、旅のエッセンスでしょうか。詳細は下記MEMO欄よりどうぞ。

温泉もどうぞ

ここ「里の駅かんなわ」には別棟で「夢たまて筥」という立ち寄り湯が併設されています。鉄輪名物の箱蒸しから寝湯・打たせ湯・砂湯などユニークな湯が11種類も揃い、名湯別府温泉を満喫して頂けます。ゆっくり温泉を愉しんだ後、空腹を満たす「地獄蒸し」!これぞ別府温泉ならではのお愉しみコースですよね。外と内から体を癒す素敵な旅を体験して頂けます。

またこの施設は温泉中心街に立地しますが、駐車場が広いのでとても便利。温泉街は駐車場探しが大変。ですがここではそんなストレス無しで地獄蒸しと温泉を楽しんで頂けますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ