花とワインで乾杯!米サンタローザ「ダブルツリーホテル」は2つのゴルフ場が目前

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

花とワインで乾杯!米サンタローザ「ダブルツリーホテル」は2つのゴルフ場が目前

花とワインで乾杯!米サンタローザ「ダブルツリーホテル」は2つのゴルフ場が目前

更新日:2015/04/07 18:04

ザーカー 久美子のプロフィール写真 ザーカー 久美子 アメリカ在住ライター、歌人、ヒューストン散策家、フローリスト

ワインの世界3大生産国はイタリア、フランス、スペインと欧州ですが、第4位はどこだと思いますか?
今回は、米国カリフォルニア州サンタローザにある「ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・ソノマワインカントリー」をご紹介します。ワインの名産地・ソノマの中心にあり、花に彩られたこのホテルは、2つのゴルフ場に隣接しています。晴れやかなカリフォルニアの空のもとプレーを楽しんだ後は、花とワインで乾杯!

カリフォルニアワインの名産地にあるホテル

カリフォルニアワインの名産地にあるホテル

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

世界のワイン生産国・第4位のアメリカ。その約9割は、カリフォルニア州で作られています。2大産地のひとつ「ソノマ(Sonoma)」には、およそ400のワイナリーがあり、その多くで試飲できます。

ソノマの中心地「サンタローザ(Santa Rosa)」は、スヌーピーでおなじみ「ピーナッツ(Peanuts)」の作者・チャールズ・M・シュルツが長年住んでいた街で、「チャールズ・M・シュルツ博物館(Charles M. Schulz Museum)」があります。スヌーピーファン必見です!

「ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・ソノマワインカントリー(DoubleTree by Hilton Hotel Sonoma Wine Country)」は、サンタローザの中心街まで車でおよそ15分の距離にある、緑と花に囲まれたホテルです。車で20分ほど南へ行くと「ペタルーマビレッジ・プレミアムアウトレット(Petaluma Village Premium Outlets)」があり、買い物も楽しめます。

カリフォルニアの空へ、ナイスショット!

カリフォルニアの空へ、ナイスショット!

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ホテルに隣接する「フォックステール・ゴルフクラブ(Foxtail Golf Club)」には、2つのゴルフ場と練習場があり、プレーやスイング練習ができます。もちろん、クラブはレンタル可能なので手ぶらでOK!レッスンも受けられますよ。

テニス&バスケットボールコート、フィットネスセンターもあり、アクティブに過ごしたい方はこちらもどうぞ。

フラペチーノを飲みながら、プールサイドでリラックス

フラペチーノを飲みながら、プールサイドでリラックス

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

ホテルは、中庭と温水プールを囲むように建てられており、リゾート気分満点!
ヤシの木の揺れるプールサイドで、リラックス。ホテル内には、「スターバックス」があるので、フラペチーノやスムージーを飲みながら、カリフォルニアの太陽を抱きしめてください。

花園でいただく本場のワイン

花園でいただく本場のワイン

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

手入れの行き届いた美しい庭は、まるで花園。藤やシャクナゲなど様々な種類の花が四季折々に咲き乱れています。ぶどう棚があるのが、いかにもワインの名産地ですよね。ぶどうを見たら、やっぱりワインが飲みたくなるというもの。 

ホテルには「バッカス・レストラン&ワインバー(Bacchus Restaurant & Wine Bar)」があり、本場のカリフォルニアワインを美味しい食事とともにいただけます。

スタイリッシュな部屋で、デザートワインのような眠りを

スタイリッシュな部屋で、デザートワインのような眠りを

写真:ザーカー 久美子

地図を見る

スタイリッシュな部屋は十分な広さがあり、のんびりくつろげます。ベランダからは、ラベンダーやバラの香る中庭とプールが望めますよ。旅の疲れをゆったりと癒してくださいね。

おわりに

ワイナリーめぐりやゴルフ、ショッピングに便利な「ダブルツリー・バイ・ヒルトンホテル・ソノマワインカントリー」で、アメリカ流「花見で一杯!」を満喫してください。

〈一旅一首〉
なんとなく集めてしまうものがあるワインのコルクとうしなう恋と

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ