日本海に沈む夕陽を眺める!佐渡「吾妻 夕映亭海容亭」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本海に沈む夕陽を眺める!佐渡「吾妻 夕映亭海容亭」

日本海に沈む夕陽を眺める!佐渡「吾妻 夕映亭海容亭」

更新日:2015/07/01 12:59

大宮 つるのプロフィール写真 大宮 つる 開運ライター

佐渡相川にある『吾妻 夕映亭海容亭(あづま ゆうばえていかいようてい)』は、大正14(1925)年に創業された歴史のある老舗料理宿です。佐渡北部山系で最も西にあることから、日本海に沈む夕陽を最も近くで見られるとして人気があります。
お風呂や客室などから望める海岸線や夕陽は、息を飲むほどの美しさ……。今回は、『吾妻 夕映亭海容亭』の魅力をご紹介します!

一番近くで夕陽を見られる『吾妻 夕映亭海容亭』

一番近くで夕陽を見られる『吾妻 夕映亭海容亭』

写真:大宮 つる

地図を見る

佐渡相川は、佐渡の表玄関・両津港から車で1時間弱の距離にあります。
かつてこの地は、江戸時代に『佐渡金山』、『佐渡奉行所』がおかれ、佐渡国の中心地として栄えていました。そして現在は、佐渡金山跡や佐渡奉行所跡、尖閣湾、七浦海岸などが名所となっており、魅力的な観光スポットが集まっている地でもあります。

そんな佐渡相川にある『吾妻 夕映亭海容亭』は、佐渡北部山系で最も西にあることから、“夕陽にいちばん近い宿”と称されています。

日本海に沈む夕陽を眺める…

日本海に沈む夕陽を眺める…

写真:大宮 つる

地図を見る

『吾妻 夕映亭海容亭』のロケーションは、日本海に沈む夕陽の美しい地域として知られている“七浦海岸”に隣接しています。
何も遮るものがない中で、海に沈みゆく夕陽を望むことができ、幻想的な時間を過ごせます。

この夕陽を、お風呂から、客室の窓から、芝庭園から……あらゆるところから眺められ、本当に贅沢です。

大浴場・露天風呂「夕映えの湯」

大浴場・露天風呂「夕映えの湯」

写真:大宮 つる

地図を見る

温泉も宿泊の楽しみの1つですよね。『吾妻 夕映亭海容亭』には、大浴場の内湯、大浴場に併設の露天風呂、貸切露天風呂の3つがあります。

写真は、大浴場併設の露天風呂「夕映えの湯」です。
相川温泉の泉質はナトリウム−塩化物硫酸塩泉で、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症などに効能があります。

ボーっと景色を眺めながら、「日本列島を離れ、佐渡島に来てるんだなぁ」と思うと、不思議な感覚や非日常感も味わえます。日常の煩わしいことを忘れ、リフレッシュできるのではないでしょうか。

なお、こちらの露天風呂から夕陽を眺めたい場合は、宿のフロントの方に日没の時間を確認してみてくださいね。

貸切露天風呂から絶景を眺める

貸切露天風呂から絶景を眺める

写真:大宮 つる

地図を見る

お宿の芝庭園内に、“貸切露天風呂”もあります。貸切露天風呂は、“帆掛(ほかけ)の湯”と“烏賊火(いかび)の湯”の2つ。
45分2,160円(税込価格)で利用することができます。貸切露天風呂を利用したいと考えている方は、宿を予約する際にあわせて予約をされると確実でしょう。
角度的に日没の様子を見ることはできませんが、七浦海岸の海岸線や隆起した岩もまた趣があります。
時間帯によっては、漁り火を見ることもできます。

佐渡の食材をふんだんに使ったお料理

佐渡の食材をふんだんに使ったお料理

写真:大宮 つる

地図を見る

『吾妻 夕映亭海容亭』は当初、料亭として創業された経緯もあり、美味しい料理も魅力の1つです。
佐渡でとれた旬の魚介類や山の幸がふんだんに使われており、目も舌も大満足の料理です。
お米はブランド米の“佐渡産コシヒカリ”、佐渡名産の海藻や“いごねり”などの珍しいものも。
時期によっては、デザートとして、佐渡名物の“おけさ柿”のシャーベットが出てきます。半解凍された状態で食べるのがオススメです!

地酒も美味しいので、ぜひとも味わってみてくださいね。

おわりに

佐渡相川にある『吾妻 夕映亭海容亭』の魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?

お宿には7千坪の芝庭園があり、その庭園内には、俳人の山口誓子氏の逗留句碑や岩塚古墳などもあります。庭園や海岸散策などしながら、ゆったりとした非日常の時間をお過ごしください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -