サウナや岩盤浴とは全く違う!「指宿いわさきホテル」で砂蒸し体験

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

サウナや岩盤浴とは全く違う!「指宿いわさきホテル」で砂蒸し体験

サウナや岩盤浴とは全く違う!「指宿いわさきホテル」で砂蒸し体験

更新日:2015/04/13 18:25

フジイ サナエのプロフィール写真 フジイ サナエ 温泉ブロガー

近年、温泉地ではなかった町中にもあちこちに日帰り温泉ができ、今や温泉は遠くまで行かずとも楽しめる身近なレジャーになりつつあります。
しかし、主に九州の一部の地域でしか絶対に入ることの出来ない特別な温泉があります。それは砂蒸し温泉。

今回は砂蒸し温泉で有名な鹿児島県・指宿にある、「指宿いわさきホテル」の日帰り温泉をご紹介します。

連日大混雑する日帰り温泉施設「砂むし会館砂楽」

連日大混雑する日帰り温泉施設「砂むし会館砂楽」

写真:フジイ サナエ

地図を見る

指宿温泉は、鹿児島県の薩摩半島南端に位置し、大型のホテルから民宿など様々な宿を有する規模の大きな温泉地です。

泉質はナトリウム‐塩化物泉ですが、やはり栄えているのは砂むしの名所である摺ヶ浜周辺で、「砂むし会館 砂楽」という砂蒸しが体験できる日帰り温泉施設もあります。

しかし砂むし会館砂楽は、温泉街の中心の一番目立つところにあるため連日非常に混みます。休日ともなれば数時間待ちなんてザラ。

コストのかかる砂蒸し温泉、設備があるのは指宿でも大型ホテル数軒のみ

コストのかかる砂蒸し温泉、設備があるのは指宿でも大型ホテル数軒のみ

写真:フジイ サナエ

地図を見る

普通の温泉とは違い、砂蒸し温泉は他所へ運ぶことが出来ない上、客に砂をかけたりする人手が必要なことから、砂蒸し会館以外で砂蒸し温泉に入れる宿は数カ所しかありません。

今回ご紹介する指宿いわさきホテルは、指宿でも数少ない砂蒸しが体験できるホテルの一つ。立地的には砂蒸し会館砂楽のすぐお隣なのですが、敷地があまりにも広いため砂むし会館のある辺りからホテルの建物がほとんど見えず、いまいち日帰り客に気づかれにくいようです。

いわさきホテルの砂蒸し温泉は写真撮影OK

いわさきホテルの砂蒸し温泉は写真撮影OK

写真:フジイ サナエ

地図を見る

受付で料金を支払うと、専用の湯浴み着を渡されます。湯浴み着に着替えて浜辺に出ると、砂浜に規則正しく砂が盛られているのが目に飛び込んできます。

いわさきホテルの砂むし温泉は、頼めば砂に埋もれているところを係員さんに撮影してもらうこともできます。記念写真を撮影したい方は、砂浜までカメラを持ってくるのをお忘れなく。

サウナや岩盤浴とは全く違う、砂むし温泉の魅力

サウナや岩盤浴とは全く違う、砂むし温泉の魅力

写真:フジイ サナエ

地図を見る

係員に指示された場所に横になると、屈強な男性二人がかりで体の上に砂が乗せられます。

砂蒸しというと、サウナや岩盤浴のようなものを想像しがちですが、実際体験すれば砂蒸しはこれらとは全く別物だということがお分かりいただけるでしょう。

砂蒸しは砂自体が熱くなっているというよりは、むしろ砂の中に含まれている水分がミソで、これが地熱で蒸気となり、体の周りに被せた砂の中でじんわりと対流します。

ずっしりくる砂の重みもサウナや岩盤浴には無い特徴の一つで、これが不思議なほどに体の納まりがよく、心地よい波音のBGMを聞きながら砂の中で横たわっていると、思わず熟睡してしまいそうになるほど。

いわさきホテルの砂蒸しは露天風呂と展望風呂の料金も込み!

いわさきホテルの砂蒸しは露天風呂と展望風呂の料金も込み!

写真:フジイ サナエ

地図を見る

摺ヶ浜は、ホテルなどが所有する砂浜以外の場所でも、同じように砂を掘れば無料で砂蒸し風呂を作ることができます。しかし専門の施設の砂むし温泉は、砂の洗浄がマメにされていて清潔なことに加え、砂を流す為の温泉が併設されていたりと、快適さはやはり段違いに上です。

いわさきホテルでは、砂蒸し風呂のすぐ横に砂を流す専用の天然温泉の露天風呂があり、追加料金無しで何とホテル内にある展望風呂も利用できます。

いわさきホテルの日帰りの料金は1,000円。砂むし会館は920円ですが、むしろ80円の差額が安く感じてしまうほど色んなサービスが付いてくるので、指宿温泉に立ち寄る際は指宿いわさきホテルも日帰り入浴の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

指宿いわさきホテルの日帰り入浴の注意点

指宿いわさきホテルは、ホテルのチェックインが始まる午後3時以降は砂蒸し温泉の方も泊まり客で非常に混雑します。立ち寄りの際は、なるべくそれより早い時間を狙って行くとよいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ