秘湯!日本列島最後の秘境!船でしか行けない富山の大牧温泉

| 富山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

秘湯!日本列島最後の秘境!船でしか行けない富山の大牧温泉

秘湯!日本列島最後の秘境!船でしか行けない富山の大牧温泉

更新日:2015/04/16 13:53

井伊 たびをのプロフィール写真 井伊 たびを 社寺ナビゲーター、狛犬愛好家

山峡の緑!空気がとにかく美味しい!表現しがたい川面の色!そのゆったりと流れている様!大自然に抱かれた安らぎ!とはこういう時空のことだろう!

自然と調和した「なにもない!」という贅沢な時間が、ゆっくりと流れてゆく中に身をおけば、人生のリフレッシュができないワケがない!

特に、大型連休のころは、山桜、しだれ桜、藤などが一斉に咲き誇る。その息をのむ、山峡の風景に言葉をなくす。絶対にオススメの秘湯だ。

山の中の一軒宿「大牧温泉観光旅館」

山の中の一軒宿「大牧温泉観光旅館」

写真:井伊 たびを

地図を見る

知る人ぞ知る!平家の落人伝説が残る秘境の地にある山の中の一軒宿。「大牧温泉観光旅館」には、その存在すら誰にも教えたくないほどの安らぎがある。

そのはじまりは、今から800年余り前のこと。寿永2年(1183年)、砺波山の合戦に敗れた平家の武将が源氏の追撃から逃れ、隠れ家を求めて大牧の辺りをさまよっていた。そのとき、河畔から満々と湧き出る温泉を発見し、その湯を口にし湯あみをして創傷の身を治したのが、ここ「大牧温泉」の源流だ。

ところで、かつてこの峡谷の底には村落があり、村人達の湯治場として素朴な宿を営んでいた。昭和5年(1930年)小牧ダムの完成とともに、その村落は湖底に没し、温泉宿一軒だけがダム湖と切り立つ断崖の間に取り残されたのだ。

多くの村人から愛された、そんな温泉を何とか続けようと、豊富に湧き出る源泉を湖底から採り込み、交通手段は船を頼りに再興されたのが現在の「大牧温泉」の基。この宿が「船でしか行けない秘境の一軒宿」と言われる由縁は、こうした歴史にあるのだ。

「日本の百名湯」にも選ばれた「大牧温泉」は、自然と調和し「何もない贅沢な空間」が、静かにゆったりと過ぎてゆく心安らぐ温泉だ。

庄川遊覧船にゆられて訪れる

庄川遊覧船にゆられて訪れる

写真:井伊 たびを

地図を見る

小牧港(小牧ダム)から大牧港(大牧温泉)までの約30分の船旅で、四季折々の風景が満喫できる。

春は、山峡が新緑に包まれ、山野草が可憐な花をつける。雪割草、かたかご、なるこゆり、しゅんらんなどが微笑み、ウド、ゼンマイ、タラノメ、ワサビなどの山菜が一斉に芽吹く。また、野生動物のカモシカ、タヌキ、テンなどが姿を現したりもする。

夏は、山峡を駆け抜ける爽やかな風に魅了される清涼感がある。エメラルドグリーンに変わる湖面を、飛び交う野鳥のさえずりが出迎えてくれる。

秋には、筆舌に尽くしがたい山峡の素晴らしい紅葉が、ゆれる湖水に映える。木の実はどこまでも熟し、クリ、山ブドウ、アケビ、クルミなどの宝庫と化す。もちろんキノコも豊富に採れ出す。

冬こそオススメだ。山峡の雪化粧が、「一幅の水墨画」の世界へ誘う。渡り鳥が飛来し、白銀の断崖には日本カモシカが姿を現したりもする。

心やすらぐ宿

心やすらぐ宿

写真:井伊 たびを

地図を見る

ロビーに入れると、昔懐かしい「いろり」が、あなたを出迎えてくれる。

階段を降りると湖水のほとりに、男女別の内風呂がある。ワイドガラスを通して見る切り立つ断崖や、ゆったりと流れる水面を眺めながら温泉に身を沈めれば、旅の疲れが温泉の湯に溶けだしてしまいそうに癒してくれる。

一階の廊下の両側の壁には、当旅館を訪れた芸能人の「色紙」や「写真」が、多数掲げられている。朝起きれば、「どこかで見た顔!」に出逢えるかも。

絶景の女性用露天風呂(大)

絶景の女性用露天風呂(大)

写真:井伊 たびを

地図を見る

お目当ての露天風呂は3箇所。そのひとつが、本館裏手の崖の上に、原生林に包まれた男性用湯舟だ。一方、女性用には大小2箇所ある。館から奥へと進み山峡のパノラマが一望できる絶景を堪能できる。

ところで、こちらの温泉の特徴は、泉温・58.0度。微弱な硫化水素臭と、弱酸味がある。弱アルカリ性(pH 8.14)で、泉質としては、ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉だ。

カモシカやタヌキが顔を見せるかも!女性用露天風呂(小)

カモシカやタヌキが顔を見せるかも!女性用露天風呂(小)

写真:井伊 たびを

地図を見る

こちらの温泉の療養泉としての一般的適応症は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器症、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、などだ。
   
また、泉質別適応症としては、きりきず、やけど、慢性皮膚症、虚弱体質、慢性婦人病、動脈硬化症などである。

最後に

こちらの湯は透明で、体の芯まで温まるので、「湯冷め」しにくいので有名だ。
また、食事は一般的によくある「バイキング形式」ではなく、「会席料理風」で落ち着いた食事が摂れるのがウレシイ!

「船でしか行けない!」と聞いただけでも行きたくなるが、「日本列島最後の秘境」と聞けば絶対行こう!となる温泉だ。「ほんとうは誰にも教えたくない!」のが本心だ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ