ハイグレードビジネスホテルの決定版「ホテルココ・グラン高崎」はホテル評論家も絶賛!

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハイグレードビジネスホテルの決定版「ホテルココ・グラン高崎」はホテル評論家も絶賛!

ハイグレードビジネスホテルの決定版「ホテルココ・グラン高崎」はホテル評論家も絶賛!

更新日:2015/04/17 14:07

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

北陸新幹線も開業、交通や商業の要衝として益々注目の群馬県高崎市。「だるま」は有名ですが、世界文化遺産に登録された「富岡製糸場」へのアクセスも良い群馬県を代表する都市です。そんな高崎市には、東京から新幹線で1時間弱と完全な日帰り圏とはいえ、高崎へ出向いた際はもちろん、泊まるためだけに高崎へ行きたくなるホテルがあります。高崎駅とペデストリアンデッキで結ばれ立地も抜群。早速ご紹介しましょう!

辛口ホテル評論家が大絶賛するホテルとは!?

辛口ホテル評論家が大絶賛するホテルとは!?

提供元:ホテルココ・グラン高崎

http://www.cocogrand.co.jp/takasaki/地図を見る

ホテル評論家という仕事柄、「一番オススメのホテルはどこですか?」は、一番多く受ける質問かもしれません。そんな具体的ホテル名を問われた時に答えるのが「ホテル ココ・グラン高崎」。ラグジュアリーホテルからビジネスホテル、カプセルホテルに至るまでをフィールドとする筆者のホテル選びは、コストパフォーマンスを重視しますが、これだけの快適性や悦楽度の高い「ビジネスホテル」は希有。ホテルステイに期待を抱かせる素敵な外観を見る限り、これが本当にビジネスホテル?と思ってしまいますが、シティホテルクラスの豪華な施設や客室を有しつつ、料金は手頃な「ハイグレードビジネスホテル」とでも言うべき施設です。

全室に高級マッサージチェアを完備!

全室に高級マッサージチェアを完備!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ホテルココ・グラン高崎は、コンビニエンスストアなどのデザートで有名な「ドンレミー(木本製菓)」のホテル事業部が運営しています。高崎に先駆けて、東京の上野と北千住にもホテルココ・グランはありましたが、2012年8月にココ・グランのエッセンスを詰め込み高崎にオープンしました。ココ・グランチェーンのフラッグシップホテルともいえる、ビジネスホテルにして「都市型アーバンリゾート」をコンセプトにしたホテルです。

なんと全室に高級マッサージチェアまで備えます。10階には、サウナや炭酸泉露天風呂なども設置された充実の温浴施設もあり、リラクゼーションや癒しもコンセプトといえるでしょう。

最も贅沢な「プレミアムココスイート」にはこれでもか!の充実設備が

最も贅沢な「プレミアムココスイート」にはこれでもか!の充実設備が

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

今回特にご紹介したいのは、ホテル内に1室の最高級客室である、最上階11階の1101号室「プレミアムココスイート」です。100平方メートルの客室には、ベッド幅150センチメートルのベッドが2台にデスクも2カ所あります。また、なかなかお目にかかれない「移動できる」52インチのテレビ、マッサージチェアにデロンギのオイルヒーター、タオルウォーマーまで設置されています。種類豊富な選び抜かれた圧巻のアメニティ、ゲスト導線がよく考えられたレイアウトにも感心するばかりです。

広大なデッキテラスには露天風呂が。まだまだ驚いてはいけません。浴室にはテレビ付きジャグジーバス、そして岩盤浴にスチームサウナまで! 贅の限りを尽くした設備が揃っています。ここは高崎? ビジネスホテル? すっかりリゾートの趣です。

地元でも大人気のレストランは雰囲気抜群

地元でも大人気のレストランは雰囲気抜群

提供元:ホテル・ココグラン高崎

http://www.cocogrand.co.jp/takasaki/地図を見る

ホテルココ・グラン高崎の楽しみのひとつ、2階ホテルのロビー横にある「レストラン ココ・シエール」。ランチタイムには地元のファンで行列ができるという程の人気を博する高クォリティのレストランですが、通の狙い目はズバリ「ディナー」。ゆっくりと美味しい食事が楽しめることもありますが、アルコール類がホテルにして相当安価で提供されているのもその理由です。高崎市街にも魅力的な飲食店が多くありますが、高崎ステイは「ココ・グランに始まりココ・グランに終わる」というホテル内完結型のステイをおすすめします。

人気の秘密は徹底した利用者目線にアリ

人気の秘密は徹底した利用者目線にアリ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ココがビジネスホテル?というのも驚きですが、もはやビジネテホテルやシティホテルというカテゴライズは無粋。とにかく「利用者目線でイイ!と思うところをドンドン採り入れたい」という嬉しいスタッフの言葉が全てを物語っています。

おわりに

潤いと癒しのスモールコンセプトホテルともいえる心地の良さはこのような姿勢の上に誕生しました。生まれて間もない「ホテルココ・グラン高崎」。これからの進化がますます楽しみなホテルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/22−2015/03/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ