厚さ8cmの甘〜い誘惑 鎌倉名物イワタコーヒー店の極厚ホットケーキ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

厚さ8cmの甘〜い誘惑 鎌倉名物イワタコーヒー店の極厚ホットケーキ

厚さ8cmの甘〜い誘惑 鎌倉名物イワタコーヒー店の極厚ホットケーキ

更新日:2013/03/29 13:11

鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

みんな大好きホットケーキ。お好みは素朴な味の厚焼き派ですか?それともクリームたっぷりのデコレーション派ですか?世の中には美味しいスイーツがたくさんあるけれど、美味しいホットケーキを口に運んだ時の幸せ感は格別ですよね。今回は、その素朴な味わいと、約30分かけて焼き上げる、厚さ約4cm二枚重ね8cmのボリューム溢れる厚焼きが人気の鎌倉「イワタコーヒー店」を紹介します。

鎌倉観光前に待ち時間を要チェック!!

鎌倉観光前に待ち時間を要チェック!!

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

雑誌などでも多く取り上げられていることから、週末はいつも行列の絶えない人気店。混んでいる時は、2時間近く待ちます。また、夕方には名物のホットケーキは売り切れてしまうこともあるそうです。鎌倉駅東口から徒歩1分ほど、小町通り入口の赤い鳥居すぐの場所となります。入口でだいたいの待ち時間を教えてくれるので、観光前にチェックしてみてくださいね。

グループの内、誰か一人が待っていればOKなので、交代制で待つのもひとつ。時間帯によっては、待たずにお店に入れるなんてラッキーなこともあるようです。

レトロな店内

レトロな店内

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

創業昭和23年という老舗珈琲店の内装は、とってもレトロ。ランプもイスもレジも味があり、鎌倉の喧騒も忘れられる落ち着いたお店は、あの川端康成も足繁く訪れた名店です。茶色の革張りのイスは、お店のレトロな雰囲気を壊さないように、特注で張り替えられているそうですよ。

店内は、奥に広くなっていて、緑がまぶしい中庭から明るい日差しが差し込むステキな店内となっています。そして働いているスタッフの接客も素晴らしい。長年愛される老舗のお店は、味、雰囲気、スタッフの三拍子が揃っているんですね。

見て幸せ。食べて幸せ。

見て幸せ。食べて幸せ。

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ついつい笑顔になってしまうぶ厚いホットケーキが名物の老舗珈琲店「イワタコーヒー」。見た目だけでなく、外はパリパリ、中はふんわりと素朴な味わいが魅力の理想のパンケーキです。

お店の方に「ボリュームがあるので、お二人様で1皿でも充分ですよ」とアドバイスされるものの、せっかくなので1人1皿注文してペロリと完食してしまいました。ここは老舗珈琲店、最もコーヒーが美味しく淹れられると定評のネルドリップで丁寧に入れたコーヒーと一緒に楽しむとまた格別です。

ホットケーキにバターとメイプルシロップがしみ込んだタイミングで食べるのが絶妙ですよ。こちらのホットケーキは、焼き上げるに20〜30分ほどかかります。丸い金型に入れて、じっくり弱火で焼くそうです。この厚さ、家庭ではなかなか作れません。

【イワタコーヒー店】
神奈川県鎌倉市小町1-5-7
0467-22-2689
10:00〜18:00、火・第二水曜日
値段:ホットケーキ800円、コーヒー600円
※ホットケーキのラストオーダーは17:00又は、売り切れ次第終了
※残念ながら公式サイトがないので、詳細はMEMO欄の鎌倉市観光協会のサイト内にて検索ください。

甘〜い誘惑の後は。。。。

甘〜い誘惑の後は。。。。

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

極厚ホットケーキをいただいて心もお腹が満たされたら、鎌倉散策へ出発。でも甘いものを食べた後は、香ばしい香りの誘惑に勝てないもの。鎌倉駅西口すぐにある国産、無添加にこだわった「腸詰屋」の店先で焼いている自慢のソーセージからは、そのまま素通りできない程の良い香りに惹きつけられます。

味はプレーン、パセリ入り、パプリカ入り、チョリソー、カレーの5種類。どれも美味しそうで迷ってしまいますが、写真のチョリソーパン付きをチョイス。防腐剤のいやな臭みのない美味しいソーセージですよ。パリッとはじけ、肉汁がじゅわー。1本350円、パン付き400円で食べ歩き用にテイクアウトもできます。

街歩きが気持ち良い季節が到来しました。神社仏閣巡りに、お花めぐり、新緑の散歩道と観光のバリエーションが豊富な鎌倉へお出かけの際は、ぜひ紹介したお店に立ち寄ってみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/03/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -