ベトナムのホンチョン岬で奇岩と出逢う。シーサイドカフェも!

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ベトナムのホンチョン岬で奇岩と出逢う。シーサイドカフェも!

ベトナムのホンチョン岬で奇岩と出逢う。シーサイドカフェも!

更新日:2015/04/15 17:34

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナム中南部のビーチリゾート、ニャチャンの中心市街地から車で10分ほど北上すると、「ホンチョン岬」が見えてきます。岬周辺は観光客向けのレストランとカフェが佇み、静かに波打つ海を見渡すことができます。そして、名物がその先の岬にある丸い岩石。絶妙なバランスで固定されているようですが、なんとも危なげ。ニャチャンでおすすめの記念撮影スポットです。

岬へ行く前に、潮風が吹く「ホンチョン・カフェ」へ

岬へ行く前に、潮風が吹く「ホンチョン・カフェ」へ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ホンチョン岬へ続く石段は、こちらのホンチョン・カフェ内にあるので、必ずカフェを通過することとなります。「まだ疲れてないよ」という方も、少しの間でかまわないのでゆっくりしていってください。

こちらのカフェの特徴は「海をパノラマで愛でながらドリンクを飲める」こと。カフェは小高い場所に位置しているので、海を見下ろした景色を望むことができます。

オーシャンビューで昼間からカクテルも悪くありません

オーシャンビューで昼間からカクテルも悪くありません

写真:古川 悠紀

地図を見る

海側に沿って並ぶテーブル席は、すべて椅子が海側に向いているのが特徴。「いま自分は異国にいるんだ」とリゾート気分に浸ることができます。ドリンクはフレッシュジュース、スムージー、カクテル、ワインが充実しており、どれも日本円で150円程度と安いのも魅力の一つ。

また、ウェイターが注文を受けたら、テーブル番号を刻んだ貝殻を渡してくれるのもユニークなサービスです。ホンチョン岬に向かう前、もしくは帰り際と、一度は席に腰掛けていただきたい絶景カフェとなります。

ホンチョン岬を歩く

ホンチョン岬を歩く

写真:古川 悠紀

地図を見る

岬へ続く石段はホンチョン・カフェからおりることができます。石段をおりると、大小の岩石が敷きつめられている岩場がありますが、足場はかなり悪いので、サンダルやヒールは脱いで裸足で歩くことをおすすめします。
日中は厳しい日差しが続きますが、潮風が強くて心地いいので、それほど気温が高くは感じません。

落ちそうで落ちない、奇妙な岩石

落ちそうで落ちない、奇妙な岩石

写真:古川 悠紀

地図を見る

写真のこちらがホンチョン岬の名物です。左右のいびつな岩が、丸い岩石をおさえて、絶妙なバランスを保っています。これが自然にできたものだというから驚きです。ちなみに、岬の先端へは、この岩石の下をくぐっていきます。岩の下で記念撮影もどうぞ!

釣りや海水浴も楽しめる。現地人のみ知る穴場スポット

釣りや海水浴も楽しめる。現地人のみ知る穴場スポット

写真:古川 悠紀

地図を見る

奇岩をくぐって先端まで進むと、崖になっています。崖っぷちに腰掛けて、釣り糸を垂らす現地人や、海を背景に記念撮影する旅行客など、楽しみ方は人それぞれ。また、海水浴を楽しむこともできます。

現地人が密かに知る穴場スポットとなっていて、ほぼプライベート感覚で泳げます。岩石からダイビングして、シュノーケリングに興じる人もいれば、遠浅の入江で水遊びしている子供たちの姿もみかけます。

■ホンチョン岬&カフェ
住所:Khu du lich Hon Chong.phuong Vinh Phuoc.Nha Trang
営業時間:6:00〜22:00
アクセス:中心市街地から車で4kmほど北上した場所。レンタバイクかタクシーで向かってください。

おわりに

ニャチャンへのアクセスはホーチミンからが便利。寝台列車もしくは飛行機で行けます。所要時間は列車は約9時間、飛行機は約1時間。滞在日数に余裕がある方は、列車旅もおすすめです。ニャチャンは現在世界が注目するビーチエリアです。ゆえに、ハイシーズンともなると、多くの海水浴客でごった返しています。

「静かに泳ぎたい」、「プライベートビーチが理想」という方は、ホンチョン岬及び周辺の海がおすすめです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ