春爛漫!「オホーツク三大芝桜」で春のオホーツク花巡り

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

春爛漫!「オホーツク三大芝桜」で春のオホーツク花巡り

春爛漫!「オホーツク三大芝桜」で春のオホーツク花巡り

更新日:2016/04/26 10:42

道産子 うまうまのプロフィール写真 道産子 うまうま 日本フードアナリスト、北海道フードマイスター、北見観光マスター

5〜6月にかけて北海道・オホーツク地方は、芝桜やチューリップなどが咲く、一年で最も華やかな季節を迎えます。いずれも日本最大級のスケールが楽しめる人気スポットばかり!大空町東藻琴、滝上町、遠軽町の芝桜は、そのスケールと見ごたえから「オホーツク三大芝桜」と呼ばれるほど。移動時間は車で30分〜1時間程なので、2〜3日あればゆっくりとすべて巡ることができます。「オホーツク花巡り」春イチオシのスポットです。

息をのむほどの絶景!「ひがしもこと芝桜公園」

息をのむほどの絶景!「ひがしもこと芝桜公園」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

女満別空港から車で30分程の位置にある大空町東藻琴。市街地から屈斜路湖・摩周湖方面へと進んでいく途中左手に「ひがしもこと芝桜公園」があります。10ヘクタールもある公園の丘一面が濃淡ピンクの芝桜で染まる光景は圧巻!

斜面を散策していくと、ピンクの鳥居の先に山津見神社が祀られていたり、公園を一望できる展望台があったりとお楽しみがいっぱい。園内をぐるっと周ってくれる「園内遊覧車」(有料)もあります。芝桜の中を走る「ゴーカートコース」、ニジマスが釣れる釣堀などもあるので、家族みんなさんで楽しめます。

芝桜の開花時期に合わせて、毎年「芝桜まつり」が開催されています。約1カ月間、毎週末には、お笑いや歌謡ステージなどさまざまなイベントが行われます。
また日にち限定でライトアップ&花火打ち上げも(日程等はHPでご確認ください)。昼間とはまた違った、幻想的な芝桜の風景もオススメです。
※今年でライトアップ&花火打ち上げはファイナルを迎えます。
(2016年5月20日(金)〜22日(日)19:00〜21:00)

〜イベント開催日程〜
『ひがしもこと芝桜まつり』
2016年5月3日(火祝)〜6月5日(日)8:00〜17:00
詳細はホームページにてご確認ください。

日本一を誇る大群落!「芝ざくら滝上公園」

日本一を誇る大群落!「芝ざくら滝上公園」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

札幌市から道央自動車道を経由して3時間半、旭川市から2時間の位置にある滝上町。市街地の丘一面に広がる「滝上公園」でも日本最大級の規模を誇る芝桜の大群落が楽しめます。

起伏に富んだ斜面はまるでピンクの大海原を歩いているかのような気持ちにさせてくれます。丘の上からは遠くに連なる山々や渓谷など大自然を感じることも。その見事なまでの景色は、テレビドラマ『裸の大将』のロケ地にもなりました。

ここでも芝桜の開花時期に合わせて「芝ざくらまつり」が開催され、週末を中心に音楽ライブやゲーム大会などのイベントが楽しめます。まつり期間中は売店「フロックスハウス」や軽食「レストハウス」もオープン。お土産を買ったり、休憩スポットとして利用しましょう。

〜イベント開催日程〜
『童話村たきのうえ芝ざくらまつり』
2016年5月7日(土)〜6月5日(日)
詳細はホームページにてご確認ください。

超穴場!「太陽の丘えんがる公園」

超穴場!「太陽の丘えんがる公園」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

女満別空港から車で約1時間30分、札幌とオホーツク圏を結ぶ旭川紋別自動車道・丸瀬布ICからは30分の位置にある遠軽町。ここには超穴場な芝桜観賞スポットがあります。
秋は日本最大級のコスモス畑として人気の「太陽の丘えんがる公園」。5〜10月の間、さまざまな花たちを楽しむことができます。

その半年間の花の競演、トップバッターを飾るのが芝桜です。丘一面にピンクや紫、白の色とりどりに咲く芝桜の姿は目にも鮮やか。広い園内には、観光スポットの「がんぼう岩」や「展望台」「見晴牧場」「ひょうたん池」などが点在しており、いずれも無料で楽しむことができます。ゆっくりと時間をかけて散策するのがオススメ。
タイミングが合えば、芝桜とチューリップのコラボレーションを見ることができますよ。

〜イベント開催日程〜
『シバザクラ観賞会「花・満腹ひろば」』
2016年5月22日(日)11:00〜14:00
『芝ざくらライトアップ』
2016年5月14日(土)〜29日(日)19:00〜21:00〈予定〉

120万本のチューリップ「かみゆうべつチューリップ公園」

120万本のチューリップ「かみゆうべつチューリップ公園」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

芝桜と同時期に楽しめる花スポット「かみゆうべつチューリップ公園」。こちらもオホーツクの花巡りをする上で欠かせない人気スポットです。
オランダ風車型の展望台を中心に120万本のカラフルなチューリップが咲き誇る風景は、ここが日本であることを忘れてしまうほど。その種類、なんと100種類以上!本場オランダから直輸入されたものや、普段はなかなかお目にかかれない珍しい品種などさまざまです。

多種多様なチューリップを間近で見ながらのんびり散策もいいですが、観光ガイド付きの電動バス「チューピット号」に乗って、園内をぐるりと巡るのもオススメ。オランダの木靴職人が作った巨大木靴をはいたり、オランダ民族衣装を着ての記念撮影で旅の思い出もしっかりと!
また、ここでも5月上旬〜6月上旬にかけて、チューリップフェアが開催されるので、この時だけのグルメやイベントを楽しみましょう。

〜イベント開催日程〜
『かみゆうべつチューリップフェア』
2016年5月1日(日)〜6月5日(日)
詳細はホームページにてご確認ください。

まとめ

毎年5月中旬〜6月上旬頃にかけて見頃を迎えるオホーツクの芝桜とチューリップ。北海道らしいスケールの大きさで、訪れる人の目を楽しませてくれます。
その始まりは、たったの一株やみかん箱ひと箱からのスタートでした。その後、地道な努力と苦労の末に現在の広大な花畑へと成長しました。それぞれの地にそれぞれのストーリーがある芝桜公園。そのストーリーを知った上で訪れてみると、また感動もひとしおです。

約1カ月もの間楽しめるオホーツク春の風物詩。東藻琴→遠軽→上湧別→滝上と巡ると各地の移動時間が30分〜1時間程になります。オホーツクのさわやかな風とともに楽しめる春の花巡り、この地この季節ならではの旅を心ゆくまで楽しみましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -